>   >   >   >   >   >  ロングステイ:南太平洋の国々

コラム一覧 :ロングステイ:南太平洋の国々

1件~15件(25件)

過去の15件

クック諸島のラグーンで釣りを楽しもう

釣り人

今回のシリーズ、クック諸島最後の写真は、ラグーンで楽しむ釣りと超過です。美しいラグーンの景色の中に溶け込む釣り人の姿です。釣果は大物です。食い意地の張っている私の感想は「おいしそう」ですねされていました。その帰りはヴァカクルーズで美しさを堪能してください4日間紹... 続きを読む

ロングステイ:南太平洋の国々

2012-11-02

クック諸島の主島ラロトンガ等に住む笑顔の人々です。

土曜日のマーケット

昨日に引き続き、クック諸島の主島ラロトンガの人々を紹介します。ラロトンガでの買い物をするなら土曜マーケットでは如何でしょう。ロングステイやーとして、地元の食材を探したり、ポリネシアの産物を観ながらの、糸リートビューも南国の情緒がいっぱいです。クック諸島の子供たちの笑顔に... 続きを読む

ロングステイ:南太平洋の国々

2012-10-31

クック諸島から嬉しい便りが届きました。素晴らしい現地からの写真をお楽しみください

ラロトンガ島

クック諸島から、嬉しい便りが届きました。クック諸島に住むたった3人の日本人である、平田奈々様からクック諸島の最新の画像を頂きました。彼女は北海道のご出身で、現在はクック諸島ラロトンガに住み、Turama Pacificにお勤めに旅行会社でコーディネーターと通訳をされています。先日の旅博の... 続きを読む

ロングステイ:南太平洋の国々

2012-10-30

ニューカレドニアのSports&Ahtivity

sport&activity

昨日は、原始の森等のトレイル・アクティビティーを紹介しました。今日はニューカレドニアの梅とそのアクティビティーを紹介します。ニューカレドニアは一年中初夏の気候という恵まれた環境です。そのなかで青く透き通るマリンスポーツは滞在中に是非体験下さい。ビーチアクティビティーのステー... 続きを読む

ロングステイ:南太平洋の国々

2012-10-14

 ニューカレドニアの首都ヌメアから行くトレイルの数々

モン・コギ2人

ニューカレドニアと日本の繋がりは、1863年、この島で発見されたニッケルは世界最大の金出量を誇り、島の発展に大きく貢献しました。当時、国内だけでは労働力が足りなかったため、フランス本土や中国、ベトナムそして日本からも多くの移民が移住しました。現在でも、松田、中村など日本人の名字を... 続きを読む

ロングステイ:南太平洋の国々

2012-10-13

天国に一番近い島、フランスの香り一杯のニューカレドニア

ニューカレドニア地図

今回は、太平洋諸島センターの関連先ではありませんが、クック諸島の西隣、フランス領ニューカレドニアを紹介します。日本から南に約7,000キロ、そこにもう一つのフランスがあるのをご存じでしようか。それが南太平洋に浮かぶフランス領ニューカレドニアの島々です。地図の様に細長いこフランス... 続きを読む

ロングステイ:南太平洋の国々

2012-10-11

美しい海と海外、笑顔と踊り、サーフィン・マリンスポーツが楽しいクック諸島をネットで楽しもう

空路網

本日から、咋年に続き、太平洋島嶼国を紹介します。最初はクック諸島です。太平洋諸島センターが関与している国々で、日本から一番遠い国がクック諸島です。空路でクック諸島に向かうには、ニュージーランド・オークランド経由で首都アバルアのあるラロトンガ島に入るコースをお薦めします(クッ... 続きを読む

ロングステイ:南太平洋の国々

2012-10-09

ネットとリアルで太平洋の様々な島を訪れませんか

太平洋島しょ諸国地図

今年も来月11月17日土曜日に、東京ビッグサイト 会議棟1fレセプションホールで第7回 地球に暮らす「ロングステイフェア2012」が開催されます。私も、登録ロングステイ・アドバイザーとしてお手伝いに行く予定です。ロングステイ先としては、このフェアに出展する海外の国々国や、国内ロングステ... 続きを読む

ロングステイ:南太平洋の国々

2012-10-08

『冒険ダン吉』からみた太平洋の現在・過去・未来 勉強会に参加

ミクロネシア4

一昨日4月25日に太平洋諸島センター(PIC)と太平洋諸島地域研究所共済の研究大会に参加しました。テーマは『冒険ダン吉』からみた太平洋の現在・過去・未来です。私より、若い方には冒険ダン吉とは?、who)、になろうかと思います。戦前に一世を風靡した、太平洋の島で日本少年ダン吉が活躍する漫画... 続きを読む

ロングステイ:南太平洋の国々

2012-04-27

バヌアツ共和国 火山と美しい海 多様なアクティビティー

イメージ

太平洋の国々を紹介する最後は、バヌアツ共和国です、日本では名前が知られていない国の一つかと思います。緑濃い島、エメラルドブルーの海、優しい人々は南太平洋観光局の下記ページで確認出来ます。http://www.south-pacific.travel/spto/cms/japanese/destinations/vanuatu/gallery.shtml正... 続きを読む

ロングステイ:南太平洋の国々

2011-11-14

キリバス 世界第3位の排他的経済水域を持つ国

イメージ

キリバスは、国際機関太平洋諸島センターのガイド・ブックによれば世界第三位の排他的経済水域(EEZ)を持つ国として紹介されています。ただし、ウィキペディアやその他のランキング(領海+EEZ)には出ていません。陸地面積が小さいため領海面積が狭いためと思われます。地図で確認すると広大な排他的... 続きを読む

ロングステイ:南太平洋の国々

2011-11-13

ツバル もっともポリネシアさが残る神様の国

イメージ

今回は、地球温暖化で国土が脅かされている国ツバルをご紹介します。TVなどの報道でご存じの方も多いと思いますが、ツバルは地球温暖化の影響で、海面が上がりますと、国土が海没するリスクにさらされています。正式国名ツバル(Tuvalu)は、9つの環礁島からなるポリネシアの国で、首都のある... 続きを読む

ロングステイ:南太平洋の国々

2011-11-12

クック諸島 自然が美しい、悠久の時を過ごしたくなる諸島

イメージ

ロングステイのコラムにようこそ、本日は、悠久の時を過ごしたくなる、クック諸島をご紹介します。ところで、私も見学に参ります、ロングステイ財団主催の元日本で最大規模のロングステイ情報発信イベント、ロングステイフェア!明日11月12日に開催されます。入場は無料で入場者参加の抽選会が... 続きを読む

ロングステイ:南太平洋の国々

2011-11-11

トンガの北隣の国、サモア(独立国)をご紹介します。

イメージ

ロングステイのコラムにようこそ、ところで、私も見学に参ります、ロングステイ財団主催の元日本で最大規模のロングステイ情報発信イベント、ロングステイフェア!明後日11月12日に開催されます。入場は無料で入場者参加の抽選会があります。ロングステイに興味のある方には必見の催しです。... 続きを読む

ロングステイ:南太平洋の国々

2011-11-10

ニウエ ポリネシアの岩と呼ばれる、南太平洋の孤島の国

イメージ

正式国名ニウエは南太平洋の日付変更線の西の端に位置する、徳之島とほぼ同じ面積の259k㎡のとても小さな国(孤島)です。日本はニウエを国家として承認していませんので外交関係は在りません。人口は、1,591人(2006年、太平洋共同体事務局)でニュージーランドとの自由連合を結んでいます。首... 続きを読む

ロングステイ:南太平洋の国々

2011-11-09

1件~15件(25件)

過去の15件

コラムのテーマ

RSS
サービス料金
150503オフィスマイエフピー

□ 初回面談時、30分は無料です。コンサルタントとしての吉野と、ご相談者のマッチング時間です。ご相談者が面談を継続されたのち下記の相談料が発生します。料...

サービス・商品

将来のの不安や心配事で悩んでいませんか?そのようなときこそ、お気軽にご相談ください。保険・投信・不動産の販売や仲介は行っていません。貴方のためのアドバイ...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャルプランナー・投資アドバイザー  吉野充巨さん

夢と希望に満ちたライフプランを実現する資産形成。FP&中立的な投資アドバイザー。(1/3)

 江戸時代から町人街、文化の中心地として栄え、現在でも日本を代表する商業の街である日本橋。この街に10年間事務所を構え、多くの人々の生涯の夢・目標を叶えているファイナンシャルプランナー(FP)が、吉野充巨さんです。投資助言・代理業に登録し、...

吉野充巨プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

FP+堅実な投資助言で人生設計~資産形成までトータルサポート

会社名 : オフィス マイ エフ・ピー
住所 : 東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL : 03-6447-7831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6447-7831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野充巨(よしのみちお)

オフィス マイ エフ・ピー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融庁が金融機関に手数料の明示、行動原則等を求めています

11月25日の日経新聞朝刊に、投資商品の手数料明示 金融機関に行動原則 金融庁案、顧客本位へ7項目 という記事が...

[ 金融庁金融レポート ]

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く?
イメージ

 株価概況 11月第4週世界の株価指数の多くは上昇に転じています。MSCIオールカントリー指数は1.38%の上...

[ 株価・国債利回り・商品価格週間騰落率 ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家の正しい投資戦略
イメージ

金融レポートで金融庁は個人投資家に 長期 積み立て 分散投資 長期、積み立て、分散投資を薦めています...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 ファンドラップ
イメージ

 ファンドラップ 次いでファンドラップにもダメ出しをしています。こちらはシンプルに通常の投資信託とファ...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 貯蓄性保険商品
イメージ

金融レポートには、たとえば米国と日本の投資信託にかかる費用比較が出ています。 投資信託費用日米比較  ...

[ 金融庁金融レポート ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ