>   >   >   >   >   >  マーケット:為替換算株価指数騰落率

コラム一覧 :マーケット:為替換算株価指数騰落率

1件~15件(176件)

過去の15件

2014年,為替換算後の株価指数年間騰落率、どこの国の投資家が儲かったのか。

イメージ

1月11日に1月2日~1月9日の主要な株価指数の騰落率を、為替換算したものを掲載しました。日本株に投資した各国の投資家の成績。日本の投資家がどこの国に投資したら儲かったのかを表として作成しました。まずは、日本株式の投資した際の、日本の投資家と各国の投資家の成績です。ご承知の通り... 続きを読む

マーケット:為替換算株価指数騰落率

2015-01-16

2015年1月9日為替換算各国株価指数年初来騰落率

イメージ

2014年の総選挙で阿部首相の読み通り、与党が大勝しました。経済が苦手な野党が勝利しなかったことは、喜ぶべきことですが、アベノミクスの円安誘導は度が過ぎているように思えます。タブーとされている国債の日銀引き受けは続いています。このため最終的に日本国債の信任が無くなるリスクが高... 続きを読む

マーケット:為替換算株価指数騰落率

2015-01-12

2013年7月5日の主要株価指数上昇件数、円換算主要株価指数、主要国債利回り円換算主要商品価格を

130705主要株価指数上昇件数

7月5日(現地時間)の主要な市場の動きを掲載します。7月第一週はQE3の出口は落ち着きを取り戻し、米国の景気回復は雇用統計などで裏付け、明るさを取り戻しています。が、中国の経済動向の不透明さが明らかになり、また、ポルトガルの狩猟閣僚辞任などで、緊縮財政策の限界も取りざたされるなど、... 続きを読む

マーケット:為替換算株価指数騰落率

2013-07-06

2013年7月1日の主要株価指数上昇件数、円換算主要株価指数、主要国債利回り円換算主要商品価格を

130701主要株価指数

7月1日(現地時間)の主要な市場の動きを掲載します。週明けの7月1日はQE3の出口不安、中国の短期金利の落ち着きを反映し、多くの市場で上昇しております。ただ、前週末はヘッジファンド等のドレッシングなどの影響が観測されていますから、いましばらくの間株価の上昇に巻き込まれないようお勧めし... 続きを読む

マーケット:為替換算株価指数騰落率

2013-07-02

2013年6月28日の主要株価指数上昇件数、円換算主要株価指数、主要国債利回り円換算主要商品価格

130628主要株価指数上昇件数

6月28日(現地時間)の主要な市場の動きを掲載します。6月24日~6月28日の週は、前週に引き続き、QE3の出口戦略への不安、中国の景気後退懸念及び短期金利の急上昇などで、変動幅の大きな週でした。週末に東京市場は大幅な上昇、NYダウは下落しています。月間では、日本の落ち込みが小さく、日経平... 続きを読む

マーケット:為替換算株価指数騰落率

2013-06-29

2013年6月21日の主要株価指数上昇件数、円換算主要株価指数、主要国債利回り円換算主要商品価格

130621主要株価上昇件数

6月21日(現地時間)の主要な市場の動きを掲載します。6月17日~6月21日の週は、バーナンキ議長のQE3の出口見通しによる金融引き締めへの不安から、NY市場が今年最大の下げを記録するなど大荒れの週になりました。発言前日の東京市場は下げましたが、NYの下落を受けた21日の東京市場は上昇して終わ... 続きを読む

マーケット:為替換算株価指数騰落率

2013-06-22

2013年6月14日の主要株価指数上昇件数、円換算主要株価指数、主要国債利回り円換算主要商品価格

130614主要株価指数上昇件数

6月14日(現地時間)の主要な市場の動きを掲載します。6月14日は東京市場は前日のNY市場の上昇を見て反発しました。アジア市場は粗全面的な上げ相場になりましたが、欧州に入り勢いは鈍化、米州は、NY市場で米国の指標の発表が市場予測よりも低かったことから下げています。その影響で米州の各指数... 続きを読む

マーケット:為替換算株価指数騰落率

2013-06-15

2013年6月13日の主要株価指数上昇件数、円換算主要株価指数、主要国債利回り円換算主要商品価格

130613主要株価指数上昇件数

6月13日(現地時間)の主要な市場の動きを掲載します。6月13日は東京市場は今年2番目の下げになり、続くアジアの新興国も軒並み下落して始まりました。ヨーロッパが空いてもしばらくは南朝の動きでしたが、米国の4月売上が予想より良かったことから、NY市場が急騰し、その影響で欧州も挙げに転じた... 続きを読む

マーケット:為替換算株価指数騰落率

2013-06-14

2013年6月11日の主要株価指数上昇件数、円換算主要株価指数、主要国債利回り円換算主要商品価格

130611主要株価指数上昇件数

6月11日(現地時間)の主要な市場の動きを掲載します。6月11日、またもや世界同時の株安が現出しました。米国、新興国、欧州の景気先行きに投資家が懸念を抱いているようです。一方債券トレーダーもまた、独自の判断で動いている様に見えます。株安にも関わらず、国債の利回りが上昇(価格低下)が発... 続きを読む

マーケット:為替換算株価指数騰落率

2013-06-12

2013年6月10日の主要株価指数上昇件数、円換算主要株価指数、主要国債利回り円換算主要商品価格

130610主要株価指数上昇件数

6月10日(現地時間)の主要な市場の動きを掲載します。6月10日、週明けの東京市場は、今年最高の上げ幅を記録しています。前日の米国雇用統計の発表を好感し、また、QE3の出口戦略の早期化がないとの見込みから、先物に先導されてあげたものです。ただ、東京市場だけが大幅な上昇を付けただけで、ア... 続きを読む

マーケット:為替換算株価指数騰落率

2013-06-11

2013年6月7日波乱の主要株価指数上昇件数、円換算主要株価指数、主要国債利回り円換算主要商品価

130607主要株価指数上昇件数

6月7日(現地時間)の主要な市場の動きを掲載します。6月7日、東京市場は昨日までの大幅な下げが、小幅な下落に落ち着きました。NYでは、米国の雇用統計が発表され、市場予測より非農業部門の雇用者の増加が好感され、NYダウは207ドル上昇し15,000ドルを回復しています。6月に入り、世界的な株価・... 続きを読む

マーケット:為替換算株価指数騰落率

2013-06-08

2013年6月4日主要株価指数上昇件数、円換算主要株価指数、主要国債利回り円換算主要商品価格を掲

130604主要株価指数上昇件数

6月4日(現地時間)の主要な市場の動きを掲載します。6月4日、東京市場は反発いたしましたが、アジアの各指数はまちまちの方向性で、ヨーロッパは全面高、米州は全面安の展開でした。景気指標や憶測等で乱高下を繰り返す展開です。主要株価指数上昇件数2013年6月4日は、データ作成後に失ったため... 続きを読む

マーケット:為替換算株価指数騰落率

2013-06-05

2013年6月3日主要株価指数上昇件数、円換算主要株価指数、主要国債利回り円換算主要商品価格を掲

130603主要株価指数上昇件数

6月3日(現地時間)の主要な市場の動きを掲載します。6月3日、またもや東京市場は日経平均が500円を超える下落を記録しています。この影響から、アジア・オセアニア市場全体が下げに入る展開でした。引き続き欧州市場も下げる市場が多く、米州に入って漸く落ち着きを取り戻しました。投資家が米国の... 続きを読む

マーケット:為替換算株価指数騰落率

2013-06-04

2013年5月31日主要株価指数上昇件数、円換算主要株価指数、主要国債利回り円換算主要商品価格を

130531主要株価指数上昇件数

5月31日(現地時間)の主要な市場の動きを掲載します。本日から為替換算主要株価指数と為替換算主要商品先物価格及び商品指数に前月末を追加しました、前月末から上がったのか下がったのか、年初来より上がっているのか下がっているのかを確認するためです。5月31日、世界株価指数は下がっています... 続きを読む

マーケット:為替換算株価指数騰落率

2013-06-01

2013年5月30日主要株価指数上昇件数、円換算主要株価指数、主要国債利回り円換算主要商品価格を

130530主要株価指数上昇件数

5月30日(現地時間)の主要な市場の動きを掲載します。5月30日東京市場は日経平均が5.15%ダウンした暴落でした。その影響でアジア市場の各指数も下げています。一方ヨーロッパは落ち着きを取り戻し、米州も多くの指数は上昇しています。主要株価指数上昇件数2013年5月30日は、東京市場の下落を... 続きを読む

マーケット:為替換算株価指数騰落率

2013-05-31

1件~15件(176件)

過去の15件

コラムのテーマ

RSS
サービス料金
150503オフィスマイエフピー

□ 初回面談時、30分は無料です。コンサルタントとしての吉野と、ご相談者のマッチング時間です。ご相談者が面談を継続されたのち下記の相談料が発生します。料...

サービス・商品

将来のの不安や心配事で悩んでいませんか?そのようなときこそ、お気軽にご相談ください。保険・投信・不動産の販売や仲介は行っていません。貴方のためのアドバイ...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャルプランナー・投資アドバイザー  吉野充巨さん

夢と希望に満ちたライフプランを実現する資産形成。FP&中立的な投資アドバイザー。(1/3)

 江戸時代から町人街、文化の中心地として栄え、現在でも日本を代表する商業の街である日本橋。この街に10年間事務所を構え、多くの人々の生涯の夢・目標を叶えているファイナンシャルプランナー(FP)が、吉野充巨さんです。投資助言・代理業に登録し、...

吉野充巨プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

FP+堅実な投資助言で人生設計~資産形成までトータルサポート

会社名 : オフィス マイ エフ・ピー
住所 : 東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL : 03-6447-7831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6447-7831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野充巨(よしのみちお)

オフィス マイ エフ・ピー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融庁が金融機関に手数料の明示、行動原則等を求めています

11月25日の日経新聞朝刊に、投資商品の手数料明示 金融機関に行動原則 金融庁案、顧客本位へ7項目 という記事が...

[ 金融庁金融レポート ]

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く?
イメージ

 株価概況 11月第4週世界の株価指数の多くは上昇に転じています。MSCIオールカントリー指数は1.38%の上...

[ 株価・国債利回り・商品価格週間騰落率 ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家の正しい投資戦略
イメージ

金融レポートで金融庁は個人投資家に 長期 積み立て 分散投資 長期、積み立て、分散投資を薦めています...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 ファンドラップ
イメージ

 ファンドラップ 次いでファンドラップにもダメ出しをしています。こちらはシンプルに通常の投資信託とファ...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 貯蓄性保険商品
イメージ

金融レポートには、たとえば米国と日本の投資信託にかかる費用比較が出ています。 投資信託費用日米比較  ...

[ 金融庁金融レポート ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ