コラム

 公開日: 2016-04-08  最終更新日: 2016-04-20

投資助言業の定義と役割と売り手との違い

取材コラム

投資に関するアドバイスを行う投資助言

―――取材コラムの最終回を迎えました。最後に、吉野さんが取り組む「投資助言業」について教えてください。
「金融庁のHPでは、次のように規定されています。
『投資助言業は、顧客に対して投資顧問契約に基づき、有価証券の価値等又は金融商品の価値等(デリバティブ取引を含む)の分析に基づく投資判断に関し、助言を行うものであり、代理業は投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものですから、法律等を遵守し、投資者の保護を図ることが必要です。』

投資助言とは簡単に言えば『投資に関するアドバイス』です。具体的には、株式や債券なとの有価証券の銘柄や、上場投資信託(ETF)で組むポートフォリオを提示し、売買するタイミング『この株・投信は売りましょう』『買うタイミングです』など投資判断をお伝えしたり、個別株や投信信託の評価・助言を行います。お客さまはそれに対し、投資助言契約に基づいたフィーを支払います。

これらの業務を行う場合は、金融庁に登録することになっています。無登録で営業することはできません。また、投資助言だけに登録している者は、商品の販売をいたしませんし、お客さまのお金を預り代わって投資を行うことも致しません。投資の助言に基づき、お客様ご自身の投資判断によって、売買を行っていただきます。」

金融業界は売り手が強く、お客様側に立つ投資助言の役割が大きい

―――どうして“助言”をする仕事が存在するのでしょう?
「『貯蓄から投資へ』という言葉を聞いたことがあるでしょう。

かつて金利が高い時代には、ただ銀行等に預けているだけ資産は増えていきました。しかし、バブル経済の崩壊、低金利時代の幕開けとともに、自分の将来を自分で考える時代に入りました。今、大切な資産を低金利の預貯金に眠らせるのではなく、元手として積極的に働かせる努力が必要なのです。

ただ、金融の世界においては、「売り手と買い手」の間の「情報の非対称性」が大きく、情報をより多く持つ売り手が強い立場にあります。このため売り手は自分たちが儲かるものをできるだけ多く売ろうとするので、お客さまは損をしかねません。手数料もしっかりと発生します。『売り手の利益は買い手のコスト』です。それに、売り手が説明するデータは、商品を売りやすいような見せ方になっていることも少なくありません。載っている数値は事実でも、リスクの大きさなど不都合なデータや説明には多くを費やさず、販売に必要なデータを揃えたものになっていることも多いのです。これらについて商品の仕組みやリスクの所在なども助言いたします。

正規分布と標準偏差にコストを加えるイメージ
こうした中で、手前味噌ではありますが、お客さまの側に立ち、フィー以外は求めず、顧客の資産を増やそう・減らさないという立場の投資助言業は、すばらしい仕事と考えています。」

―――心強い存在ですね。
「ありがとうございます。
私は、投資助言のみのご相談も承りますが、ファイナンシャル・プランナーの立場から、お客様のライフステージ・ライフプランの実現に向け、まずは、お客様のリスク許容度を測り、資産配分(アセット・アロケーション)戦略を作成、その期待リターンとリスク(標準偏差)に沿って、国際分散投資のポートフォリオ案を提示しています。

資産配分例
また、決して大儲けは出来ないけれども、大きな損失を避ける手段として、短期間に資金を投入するのではなく、10~12ヶ月の投資スケジュールを作成・提案し、時間分散を図っています。
ライフプランでは、40年間のプランニングをしておりますから、投資期間もそれに準じた、長期投資に耐える国際分散投資をベースとした、助言を行っています。」

ご自身の希望に沿った相談者を選び、健全な資産形成をしてください。」

インタビュー/文・岩﨑美帆

投資助言、資産形成のご相談

投資助言、資産形成・運用のご相談についてお気軽にご連絡ください。初回面談に際し、助言者吉野とご相談者のマッチング時間として30分は無料です。また、契約前書面等契約に関する説明を行います。その後ご相談者が相談を希望されたのちに料金が発生します。

当社の行う投資助言サービスの提供を受け投資を行った際には、投資リスクが生じます。ご紹介する商品及び投資行動は、株式相場、金利水準、為替相場、商品相場等の変動に伴い、 価格や基準価格が変動し投資元本を割り込み、損失を生じる恐れがあります。

■ 投資助言に関する、リスクの所在は下記に掲載しています。
http://www.officemyfp.com/toushijogentorisk.html
■ 投資助言に関するメニューと料金及び顧問会員の料金は下記に掲載しています。
http://www.officemyfp.com/planprice-2.html

◆ 電話 : 03-6447-7831
◆ メール : メールフォーム

オフィス マイ エフ・ピーは、一般社団法人 日本証券投資顧問業協会の会員です。

オフィス マイ エフ・ピー問合せ先
ファイナンシャルプランニングと投資助言で人生設計から資産形成までサポートする保険や投資信託等金融商品を販売しないフィーオンリーのアメリカ型ファイナンシャル・プランナー≒独立系顧問料制アドバイザー。

【保有資格】
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP®
日本証券アナリスト協会認定 プライマリー プライベート・バンカー
宅地建物取引主任者 (東京) 第188140号
(公財)東京都防災・建築まちづくりセンター登録まちづくり専門家
登録ロングステイアドバイザーロングステイアドバイザー

-------------------------------------
オフィス マイ エフ・ピー
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-6-7 
日本橋関谷ビル4F
http://www.officemyfp.com/
-------------------------------

この記事を書いたプロ

オフィス マイ エフ・ピー [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 吉野充巨

東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL:03-6447-7831

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス料金
150503オフィスマイエフピー

□ 初回面談時、30分は無料です。コンサルタントとしての吉野と、ご相談者のマッチング時間です。ご相談者が面談を継続されたのち下記の相談料が発生します。料...

サービス・商品

将来のの不安や心配事で悩んでいませんか?そのようなときこそ、お気軽にご相談ください。保険・投信・不動産の販売や仲介は行っていません。貴方のためのアドバイ...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャルプランナー・投資アドバイザー  吉野充巨さん

夢と希望に満ちたライフプランを実現する資産形成。FP&中立的な投資アドバイザー。(1/3)

 江戸時代から町人街、文化の中心地として栄え、現在でも日本を代表する商業の街である日本橋。この街に10年間事務所を構え、多くの人々の生涯の夢・目標を叶えているファイナンシャルプランナー(FP)が、吉野充巨さんです。投資助言・代理業に登録し、...

吉野充巨プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

FP+堅実な投資助言で人生設計~資産形成までトータルサポート

会社名 : オフィス マイ エフ・ピー
住所 : 東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL : 03-6447-7831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6447-7831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野充巨(よしのみちお)

オフィス マイ エフ・ピー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融庁が金融機関に手数料の明示、行動原則等を求めています

11月25日の日経新聞朝刊に、投資商品の手数料明示 金融機関に行動原則 金融庁案、顧客本位へ7項目 という記事が...

[ 金融庁金融レポート ]

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く?
イメージ

 株価概況 11月第4週世界の株価指数の多くは上昇に転じています。MSCIオールカントリー指数は1.38%の上...

[ 株価・国債利回り・商品価格週間騰落率 ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家の正しい投資戦略
イメージ

金融レポートで金融庁は個人投資家に 長期 積み立て 分散投資 長期、積み立て、分散投資を薦めています...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 ファンドラップ
イメージ

 ファンドラップ 次いでファンドラップにもダメ出しをしています。こちらはシンプルに通常の投資信託とファ...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 貯蓄性保険商品
イメージ

金融レポートには、たとえば米国と日本の投資信託にかかる費用比較が出ています。 投資信託費用日米比較  ...

[ 金融庁金融レポート ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ