コラム

 公開日: 2016-03-23  最終更新日: 2016-03-28

資産運用で金を保有するメリットは小さい/5,000万円以上の資産運用

取材コラム

金はインフレに強いのか?

―――一般的に金はインフレに強い商品として、富裕層、準富裕層の方達に勧めることが多いのですが、「金」を保有するメリットを教えてください。

資産運用の目的は「増やしたい」と「維持したい」、大きくこの2つに分けられます。
富裕層の方達は「維持したい」準富裕層の方達は増やしたいと考える方が多いようです。その際にメジャーとしているのが、インフレ率なので、「インフレに強い商品」として「金」を紹介されることが多いのですが、図に有りますように、必ずしもインフレに強いとは言えません。

ロンドン金価推移
図は、1973年~2015年のロンドン金価格の推移です。1本は年間最高値、1本は年間最低値、赤い線は年平均の推移です。
2000年代に金のETFが上場され、以降急激に価格が上昇したため、一見保有した方は儲かったように言われるのですが、それまでは価格は低迷していました。また、1980年、1990年、2,000年、2010年の価格から、米国の消費者物価指数≒インフレ率で価格がいくら上昇したかを示しています。図にある様に実物価格は,2003年迄全てインフレ率に勝てませんでした。以降順次実物価格とクロスしだしていますが、1980年に購入された方がインフレに追いついたのは2007年でした。このように必ずしもインフレに強い商品とは言えないのです。ましてや、2014年のピーク以降はバブルがはじけ、2016年3月8日現在1261.1ドルですので、2009年以降に平均価格で購入されて今まで持っていると、利益はマイナスになっています。
従って、私はお客様に資産運用としての金購入はお薦めしていません。

―――現物資産の金を保有する意味は無いのでしょうか?
「日本は、政治的にも経済的にも比較的安定しています。また、国は国民から徴税することも出来ますし、保有資産を売却することも出来ますから、日本が破綻する可能性は極めて低いのですが、国家破綻ということになれば、経済の仕組みが根本から変わってしまう…とご心配され『自分の手元に置いておける資産が、最も安心できるもの』と考える方もいらっしゃいます。

太古の昔から、金は、動乱などのリスクが発生した時に持ちだしたり、埋めて後で取り出したりする資産でした。日本が国家破綻やハイパーインフレになる可能性は低いのですが、万が一に備えることはできます。そのような際に、金を売却して生活費等に充てることが予想されます。
従って、ひと月の生活費に充てるぐらいの金額に交換が可能な実物資産として、金貨や少量のバーを購入されると良いと思います。

ただし、それまでは、金は株や債券とは異なり、金そのものはお金を稼いでくれません。
一定の金額以上の金を購入すると監督期間に報告が行きますので、資産隠しも困難です。大きなインゴットで購入されると貸金庫等保管のためのコストもかかります。
コストは高くなりますが、少量で購入でき、手元に置けるものをお勧めします。

資産配分の一環ではなく、記念日に購入するなど生活の楽しみに

―――安定した経済下では、どんなメリットがありますか?
「金は、金利が得られるわけではないですし、私は資産配分の一環ではなく、生活を楽しむという側面からの金の保有をおすすめしています。
コインは美術品でもありますし、3月9日現在価格で、ウィーン金貨ハーモニー、メイプル金貨であれば、1オンス167,500円程度、2分の1オンスであれば85,300円程度で購入できます。(なお、価格は販売店及び日によって異なり、前期価格は参考値です)。
購入は、誕生日、結婚記念日、クリスマスなど、年に一回か二回がいいでしょう。資産のほんの一部(1%~3%程度)としてお考えください」

――――運用に関して大切なことがありますか?
「運用する場合、分散投資が大切であることは変わりません。
富裕層や準富裕層の場合、プライベートバンキングも分散投資の対象のひとつと考えられます。

『プライベートバンキング』とは、プライベートバンクで提供される総合的な資産管理を行うサービスです。資産の管理・運用への助言、税務や法律への助言、資産や事業の継承への助言、信託業務、遺言執行などさまざまなサービスを提供することで、それを業務としている銀行もプライベートバンクと呼びます。

また、余剰資金が十分にある人は、一般的に資産運用における『リスク許容度』が高くなる傾向があります。中には、投資自体を楽しみたい方もいるでしょう。

そうした方には、コア・サテライト戦略がおすすめです。これは、インフレに追随・若干上回る『堅実』な資産と、それを上回る収益を求める『攻め』の資産に明確に分割し、効率的に運用する手法です。コア部分には大きな市場のインデックスに連動するコストの安いETFを、サテライト部分には個別銘柄や個々の新興国の株価に連動する、コモディティ価格に連動する、スマート・ベータ―のインデックス等、に連動するETFなどを入れます。ご自身に合ったリスク許容度とリターンに沿ってコア部分を作り、それを上回るリターンを期待して資産・銘柄を選定してサテライトを配置します。

インタビュー/文・岩﨑美帆

投資助言、資産形成のご相談

投資助言、資産形成・運用のご相談についてお気軽にご連絡ください。初回面談に際し、助言者吉野とご相談者のマッチング時間として30分は無料です。また、契約前書面等契約に関する説明を行います。その後ご相談者が相談を希望されたのちに料金が発生します。

当社の行う投資助言サービスの提供を受け投資を行った際には、投資リスクが生じます。ご紹介する商品及び投資行動は、株式相場、金利水準、為替相場、商品相場等の変動に伴い、 価格や基準価格が変動し投資元本を割り込み、損失を生じる恐れがあります。

■ 投資助言に関する、リスクの所在は下記に掲載しています。
http://www.officemyfp.com/toushijogentorisk.html
■ 投資助言に関するメニューと料金及び顧問会員の料金は下記に掲載しています。
http://www.officemyfp.com/planprice-2.html

◆ 電話 : 03-6447-7831
◆ メール : メールフォーム

オフィス マイ エフ・ピーは、一般社団法人 日本証券投資顧問業協会の会員です。

オフィス マイ エフ・ピー問合せ先
ファイナンシャルプランニングと投資助言で人生設計から資産形成までサポートする保険や投資信託等金融商品を販売しないフィーオンリーのアメリカ型ファイナンシャル・プランナー≒独立系顧問料制アドバイザー。

【保有資格】
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP®
日本証券アナリスト協会認定 プライマリー プライベート・バンカー
宅地建物取引主任者 (東京) 第188140号
(公財)東京都防災・建築まちづくりセンター登録まちづくり専門家
登録ロングステイアドバイザーロングステイアドバイザー

-------------------------------------
オフィス マイ エフ・ピー
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-6-7 
日本橋関谷ビル4F
http://www.officemyfp.com/
-------------------------------------

この記事を書いたプロ

オフィス マイ エフ・ピー [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 吉野充巨

東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL:03-6447-7831

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス料金
150503オフィスマイエフピー

□ 初回面談時、30分は無料です。コンサルタントとしての吉野と、ご相談者のマッチング時間です。ご相談者が面談を継続されたのち下記の相談料が発生します。料...

サービス・商品

将来のの不安や心配事で悩んでいませんか?そのようなときこそ、お気軽にご相談ください。保険・投信・不動産の販売や仲介は行っていません。貴方のためのアドバイ...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャルプランナー・投資アドバイザー  吉野充巨さん

夢と希望に満ちたライフプランを実現する資産形成。FP&中立的な投資アドバイザー。(1/3)

 江戸時代から町人街、文化の中心地として栄え、現在でも日本を代表する商業の街である日本橋。この街に10年間事務所を構え、多くの人々の生涯の夢・目標を叶えているファイナンシャルプランナー(FP)が、吉野充巨さんです。投資助言・代理業に登録し、...

吉野充巨プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

FP+堅実な投資助言で人生設計~資産形成までトータルサポート

会社名 : オフィス マイ エフ・ピー
住所 : 東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL : 03-6447-7831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6447-7831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野充巨(よしのみちお)

オフィス マイ エフ・ピー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融庁が金融機関に手数料の明示、行動原則等を求めています

11月25日の日経新聞朝刊に、投資商品の手数料明示 金融機関に行動原則 金融庁案、顧客本位へ7項目 という記事が...

[ 金融庁金融レポート ]

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く?
イメージ

 株価概況 11月第4週世界の株価指数の多くは上昇に転じています。MSCIオールカントリー指数は1.38%の上...

[ 株価・国債利回り・商品価格週間騰落率 ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家の正しい投資戦略
イメージ

金融レポートで金融庁は個人投資家に 長期 積み立て 分散投資 長期、積み立て、分散投資を薦めています...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 ファンドラップ
イメージ

 ファンドラップ 次いでファンドラップにもダメ出しをしています。こちらはシンプルに通常の投資信託とファ...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 貯蓄性保険商品
イメージ

金融レポートには、たとえば米国と日本の投資信託にかかる費用比較が出ています。 投資信託費用日米比較  ...

[ 金融庁金融レポート ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ