コラム

 公開日: 2015-04-04 

2015年3月31日(金) 株価指数・長期金利・商品先物価格月間騰落率

日本では平成26年度から平成27年度へと年度が替わりました。
今回は、日経225平均(黄色)と世界全体の株価指標を示すオールカントリーワールドインデックス(ブルー)、そして世界の投資家のベンチマークとされるS&P500(紫色)の年間登録推移をグラフ化しました。期間は2014年4月4日~2015年4月3日(S&Pは4月2日)です。

150403日経225オールカントリーインデックスSP500年間騰落推移

世界全体の株価は3.13%の上昇でした。2014年10月はマイナスに陥りましたが、本年2月からプラス圏に入りました。
世界の投資家のベンチマークとされるS&P500は去年10月に一時的にマイナスをつけましたが、その後急騰し12月以降は横這いでしたが、年間では10.87%上昇しています。
日本を代表する日経225平均は年度初めは大きくマイナスとなり、10月までは一進一退を続けていました。10月の急落・急騰を演じた後順調の値を伸ばして、年度では26.91%上昇という結果を残しています。日本株に集中的に投資している方にとって、26年度も大きな利益が出ています。国際分散投資の投資家にとっても、アセットとしての株式は収益に貢献した年度となりました。

先進国全体の株価を示すMSCIワールドインデックスは年度で3.85%の上昇、新興国のエマージングインデックスは-2.74%でした。新興国に注力した方にとっては、良い年度にはなりませんでした。

今回のコラムは3日遅れになりますが、3月の月間騰落をお伝えします。

好調であった米国株が当月は下げ、カントリーリスクの高まり、イエメン内戦の混迷とアラブ・スンニ派諸国連合の空爆開始等エマージング諸国の下げにより、3月のオールカントリー指数は-1.78%の下落です。また、米国株の下げの影響が大きく、先進国のワールドインデックスも-1.81%でした。エマージング指数も-1.59%で株価は調整の月となっています。地域では、欧州株式が上昇しSTOXX600指数は1.30%の上昇でした。アジア・太平洋地域は横這いの0.05%です。中東・アフリカのブルンバーグ200指数は-6.33%と大きく下げています。

米国株は下げていますが、SP500の動きは小さくシカゴのVIX指数は2月末13.34が3月末15.29の小幅な上昇に留まっています。

日本株は当月上昇しています。日経225平均は2.18%上昇、TOPIXも1.26%、ジャスダック指数も2.57%上昇しました。が、マザース指数は小幅ですが-0.13%下落しています。
一方、東証リート指数は-2.16%でした。

★主要株価指数月間騰落率
先進国の株価指数、欧州地域の上昇と北米の下げが対照的です。

150331先進国株価指数月間騰落率

上昇1位はデンマークのコペンハーゲン指数で5.48%の上昇、2位は僅差でイスラエルのテルアビブ100指数が5.47%の上昇、3位はドイツのフランクフルトDAXで4.95%の上昇です。

下落した1位は英国のFTSE100で-2.50%、2位はカナダのS&Pトロント総合指数で-2.18%の下落、3位は米国のニューヨーク工業株30種平均(NYダウ)で-1.97%でした。

上昇1位、下落1位の差は7.66㌽です。

新興国及びフロンティア国の多くの指数は下落しました。

150331新興国およびフロンティア国月間騰落率

上昇1位は 中国の上海総合指数で13.22%と急騰です。2位も二桁の上昇でアルゼンチンのメルバル指数が12.87%上昇しています。3位はハンガリーのブタペスト証券取引指数で8.12%の上昇です。

一方下落1位は€各国と条件闘争中のギリシャのアテネ総合指数で-11.93%と急落しています。2位はパキスタンのカラチ全株指数で-10.03%の2桁下落です。3位はアラブ首長国連邦のドバイ金融市場総合指数の-9.06%でした。

トップ同士の差は25.15㌽という大きな差になりました。

★10年国債利回り(長期金利)
株価の下落を受けて欧米主要国の利回りは大きく低下(価格は上昇)しました。日本の10年国債利回りは4倍になっています。一方ドイツ国債の利回りは-46.64%と大きく下がっています。

150331主要長期国債利回り月間変化

★商品先物価格及び商品指数
NYの金とプラチナは再び下がり、NY原油は47.60㌦と50ドルを割り、北海ブレントは-12.19%も下がりました。
非鉄金属は銅と円が上がり、アルミニュウムは値下がりしています。
3月のCRB指数は-3.57%の下落でした。

150331主要商品先物価格および商品指数月間騰落率

文責
保険や投資信託を販売しないファイナンシャル・プランニングの専門家。あなたのセカンドライフ・プランに適した期待リターンとリスク許容度で、資産配分とボートフォリオの構築を口座開設から銘柄選定までサポートします。
独立系顧問料制アドバイザー(商品を販売しないアドバイスの専門家)
吉 野 充 巨

FP学会 会員
プライマリー・プライベート・バンカー日本証券アナリスト協会認定
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP(R)
一級ファイナンシャル・プランニング技能士
宅地建物取引主任者
ロングステイ財団登録ロングステイアドバイザー
独立系顧問料制アドバイザーの紹介
http://profile.allabout.co.jp/w/c-64005/
http://mbp-tokyo.com/officemyfp/column/12298/
http://www.officemyfp.com/komonryouseiadviser.htm

『このコラム又は回答は、投資判断の参考となります情報の提供を目的としたものであり、有価証券の取引その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。
投資による損益はすべてご相談者及び読者ご自身に帰属いたします。
投資にあたりましては正規の目論見書、説明書等をご覧いただいたうえで、読者ご自身での最終的なご判断をお願いいたします。
本コラムは、信頼できると判断した情報に基づき筆者が作成していますが、その情報の正確性若しくは信頼性について保証するものではありません。』

この記事を書いたプロ

オフィス マイ エフ・ピー [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 吉野充巨

東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL:03-6447-7831

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス料金
150503オフィスマイエフピー

□ 初回面談時、30分は無料です。コンサルタントとしての吉野と、ご相談者のマッチング時間です。ご相談者が面談を継続されたのち下記の相談料が発生します。料...

サービス・商品

将来のの不安や心配事で悩んでいませんか?そのようなときこそ、お気軽にご相談ください。保険・投信・不動産の販売や仲介は行っていません。貴方のためのアドバイ...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャルプランナー・投資アドバイザー  吉野充巨さん

夢と希望に満ちたライフプランを実現する資産形成。FP&中立的な投資アドバイザー。(1/3)

 江戸時代から町人街、文化の中心地として栄え、現在でも日本を代表する商業の街である日本橋。この街に10年間事務所を構え、多くの人々の生涯の夢・目標を叶えているファイナンシャルプランナー(FP)が、吉野充巨さんです。投資助言・代理業に登録し、...

吉野充巨プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

FP+堅実な投資助言で人生設計~資産形成までトータルサポート

会社名 : オフィス マイ エフ・ピー
住所 : 東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL : 03-6447-7831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6447-7831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野充巨(よしのみちお)

オフィス マイ エフ・ピー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融庁が金融機関に手数料の明示、行動原則等を求めています

11月25日の日経新聞朝刊に、投資商品の手数料明示 金融機関に行動原則 金融庁案、顧客本位へ7項目 という記事が...

[ 金融庁金融レポート ]

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く?
イメージ

 株価概況 11月第4週世界の株価指数の多くは上昇に転じています。MSCIオールカントリー指数は1.38%の上...

[ 株価・国債利回り・商品価格週間騰落率 ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家の正しい投資戦略
イメージ

金融レポートで金融庁は個人投資家に 長期 積み立て 分散投資 長期、積み立て、分散投資を薦めています...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 ファンドラップ
イメージ

 ファンドラップ 次いでファンドラップにもダメ出しをしています。こちらはシンプルに通常の投資信託とファ...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 貯蓄性保険商品
イメージ

金融レポートには、たとえば米国と日本の投資信託にかかる費用比較が出ています。 投資信託費用日米比較  ...

[ 金融庁金融レポート ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ