コラム

 公開日: 2015-01-01 

2014年12月31日波乱の株価指数・長期金利・商品先物価格年間騰落率

「明けましておめでとうございます」
平成26年(2014年)が去り、「辛抱の年・ひつじ年」の平成27年(2015年)が始まりました。
世界の株価、長期金利、商品価格の1年間の騰落推移など振り返りをいたしました。
残念なことに今年の各地の市場終了日は異なり、日本は30日、米国は31日等々でしたので、末日として表記しております。
また、フロンティア諸国などは昨年末に数値を残していませんでしたので、毎週の紹介とは国と指数が異なります。

騰落率の対象は原則2014年12月31日÷13年12月日×100-100=パーセントで表しています。(休場などの理由で当日の数値が無い場合は前日・前々日等遡っています)
昨年は、NYダウが史上最高値の18,000ドルを超え、日経平均が7年ぶりに18,000円を超えるなど明るい年でしたが、一方でロシアのウクライナ侵攻、エボラ出血熱等リスクも高まり、そしてヨーロッパ経済の停滞、中国経済の鈍化、シェール革命とウクライナ侵攻への制裁からか原油価格は一気に半値近くを付けるなど、リスクも高まっています。

下図はTOPIX(黄色)とNYダウ(ブルー)、及び先進国株価の指数であるMSCIワールドインデックス(紫色)の2014年の騰落推移です。期間は1月1日~12月31日です。

141231TOPIXNYDOWワールドインデックス

年初から日本株は低迷を続け、2月には-10%を超える低迷で5月まで続きましたが、消費税の駆け込み需要後が回復するにつけ徐々に値を上げ、10月末の日銀黒田総裁のハロウィーンショックから一気に上昇し10%上昇近くで終了いたしました。
NYダウは、5月以降徐々に値を上げ10月の失速も短期間で回復、愈々QE3の解除に向かい、世界を引っ張ってきました。先進国株価指数も、欧州の停滞はあるものの、年初から順調に値を上げてきましたが、年末にかけてロシア・南欧の懸念により、上げきれずに終了いたしました。

年末最終週に株式各市場で値を下げるなど、本年の不安・懸念が予想される展開でした。
前週末14.50であったシカゴのVIX指数は31日に19.20まで上昇しています。年明けの市場動向に暗い影が差していると思われます。

主要株価指数の年間騰落は、
MSCI ACWI Indexが2.10%の上昇、MSCIワールドインデックスは2.93%の上昇で、エマージングマーケット・インデックスが-4.63%と大きく下落し、先進国が世界をリードしていることが解ります。
一昨年成長が著しかった、アジア太平洋地域のMSCI ACアジア太平洋インデックスは-2.46%でした。一方悪そうに感じているヨーロッパのSTOXX600では4.35%上昇しています。

★主要株価指数年間騰落率
先進国株価指数で、日本株fはTOPIXが8.08%の上昇、日経平均は7.12%上昇していますが、ジャスダックは1.87%上昇に留まり、マザーズ指数は逆行して-5.18%の下落です。東証リート指数は年間で25.27%上昇しています。

本年の先進国の株価指数で、最も上昇したのは、デンマークのコペンハーゲン指数で17.56%、2位は僅差でニュージーランドのNZX50が続きで17.55%の上昇でした。3位は復調著しいアイルランドのISEQ全株指数で15.09%上昇しています。2桁上昇は、ベルギーのBEL20が12.47%、スウェーデンのOMXストックフォルム指数11.86%上昇しています。

141231先進国株価指数年間騰落率

世界の経済を牽引する米国の指数は、NYダウ工業株30種平均は7.52%の上昇でしたが、NASDAQ総合指数は13.40%の上昇、上位500社のS&P500は11.39%上昇しています。

米国、日本、北欧に投資された方は報われた1年になったことと思います。

一方下落したのは4指数と少なく、1位がポルトガルのPSI全株指数で-21.12%、2位はオーストリアのATXで-15.18%、3位は日本のマザーズで-5.18%です。

トップ同士の差は、38.68ポイントになっています。この差が分散投資をお勧めする理由です。上昇する指数を予想することは困難です。例えば同じ北欧でもノルウェーに掛けた場合には2.81%の上昇にすぎません。また、同じ南欧でもスペインであれば3.66%上昇しています。このように多くの株価に分散することで、MSCIワールドインデックスに使い成果2.93%が得られるかもしれません。

新興国の株価指数の過半は下落したのですが、大きく上昇した指数もあります。
上昇トップは、中国の上海総合指数が52.87%の上昇です。2位はインドのムンバイSENSEX指数で28.89%の上昇、3位はトルコのイスタンブール100指数で26.43%上昇しています。
上昇率からいうと、3年前と同様アルゼンチンのメルバル指数が59.14%のトップなのですが、アルゼンチンはその後、経済の混乱、国際デフォルト問題などで一昨年は急落、昨年はMSCIの新興国からも外れました。このため新興国1位にはカウントできません。

141231新興国株価指数年間騰落率

一方下落したのは、1位がロシアのRTSIで、-45.19%(半値近くになっています)、次いで2位はギリシャのアテネ総合指数の-29.19%、3位はハンガリーのブタペスト証取指数で-10.40%でした。
トップ同士の差は、98.06ポイントという大きなものになっています。
此処でも分散投資の重要さが認識できると思います。

★10年国債利回り(長期金利)
先進国株価指数は上昇したのですが、長期国債の利回りは上昇(価格は低下)していません。日本をはじめとする中央銀行が低金利政策をより強固に進めたからです。日本とドイツの2年国債はマイナス金利になっています。スイスもスイスフランの上昇を避けるためマイナス金利を採用しています。いずれこの国債バブルが弾ける時が来ます。その時に備えておくことが必要かと思われます。

141231主要長期国債利回り年間変化率

★商品先物価格及び商品指数
注目は原油価格です。NYのWTIを始めとする3原油は年末に1バレル50ドル台をつけ、半値近くになっています。このため、ロシア、イラン等々資源国の景気は鈍化し、通貨もドルに対して安くなっています。
貴金属も大きく下げています。東京の金価格の上昇は為替の円安の影響です。
このため世界の指標であるCRB指数は年間で-17.92%下がっています。それでも、日本は円安で資源価格の低下の恩恵から外れています。

141231主要商品先物価格および指数年間騰落率

文責
保険や投資信託を販売しないファイナンシャル・プランニングの専門家。あなたのセカンドライフ・プランに適した期待リターンとリスク許容度で、資産配分とボートフォリオの構築を口座開設から銘柄選定までサポートします。
独立系顧問料制アドバイザー(商品を販売しないアドバイスの専門家)
吉 野 充 巨

FP学会 会員
プライマリー・プライベート・バンカー日本証券アナリスト協会認定
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP(R)
一級ファイナンシャル・プランニング技能士
宅地建物取引主任者
ロングステイ財団登録ロングステイアドバイザー
独立系顧問料制アドバイザーの紹介
http://profile.allabout.co.jp/w/c-64005/
http://mbp-tokyo.com/officemyfp/column/12298/
http://www.officemyfp.com/komonryouseiadviser.htm

『このコラム又は回答は、投資判断の参考となります情報の提供を目的としたものであり、有価証券の取引その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。
投資による損益はすべてご相談者及び読者ご自身に帰属いたします。
投資にあたりましては正規の目論見書、説明書等をご覧いただいたうえで、読者ご自身での最終的なご判断をお願いいたします。
本コラムは、信頼できると判断した情報に基づき筆者が作成していますが、その情報の正確性若しくは信頼性について保証するものではありません。』

この記事を書いたプロ

オフィス マイ エフ・ピー [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 吉野充巨

東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL:03-6447-7831

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス料金
150503オフィスマイエフピー

□ 初回面談時、30分は無料です。コンサルタントとしての吉野と、ご相談者のマッチング時間です。ご相談者が面談を継続されたのち下記の相談料が発生します。料...

サービス・商品

将来のの不安や心配事で悩んでいませんか?そのようなときこそ、お気軽にご相談ください。保険・投信・不動産の販売や仲介は行っていません。貴方のためのアドバイ...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャルプランナー・投資アドバイザー  吉野充巨さん

夢と希望に満ちたライフプランを実現する資産形成。FP&中立的な投資アドバイザー。(1/3)

 江戸時代から町人街、文化の中心地として栄え、現在でも日本を代表する商業の街である日本橋。この街に10年間事務所を構え、多くの人々の生涯の夢・目標を叶えているファイナンシャルプランナー(FP)が、吉野充巨さんです。投資助言・代理業に登録し、...

吉野充巨プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

FP+堅実な投資助言で人生設計~資産形成までトータルサポート

会社名 : オフィス マイ エフ・ピー
住所 : 東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL : 03-6447-7831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6447-7831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野充巨(よしのみちお)

オフィス マイ エフ・ピー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融庁が金融機関に手数料の明示、行動原則等を求めています

11月25日の日経新聞朝刊に、投資商品の手数料明示 金融機関に行動原則 金融庁案、顧客本位へ7項目 という記事が...

[ 金融庁金融レポート ]

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く?
イメージ

 株価概況 11月第4週世界の株価指数の多くは上昇に転じています。MSCIオールカントリー指数は1.38%の上...

[ 株価・国債利回り・商品価格週間騰落率 ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家の正しい投資戦略
イメージ

金融レポートで金融庁は個人投資家に 長期 積み立て 分散投資 長期、積み立て、分散投資を薦めています...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 ファンドラップ
イメージ

 ファンドラップ 次いでファンドラップにもダメ出しをしています。こちらはシンプルに通常の投資信託とファ...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 貯蓄性保険商品
イメージ

金融レポートには、たとえば米国と日本の投資信託にかかる費用比較が出ています。 投資信託費用日米比較  ...

[ 金融庁金融レポート ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ