コラム

 公開日: 2013-09-24  最終更新日: 2014-07-31

ロングステイの定義とロングステイ希望国と行きたい国ベスト10

前回は、日本人のロングステイヤーがどのように推移してきたのか、在留邦人はどのくらいいるのかを紹介しました。

今回は「ロングステイとは」と不特定多数に聞いた「行きたい国」とロングステイセミナーやイベントに参加した人たちのアンケートに現れる「人気の国の推移」を紹介します。

不特定多数に聞いたアンケートで、初めて聞いたという方もいらしやいますので「ロングステイとは」、を説明いたします。

「ロングステイ」の基本的考え方
「生活の源泉を日本に置きながら、海外の1か所に比較的長く滞在し、その国の文化や生活に触れ、現地社会への貢献を通じて国際親善に寄与する海外滞在型余暇」を総称したものであり、国内に於いては「主たる生活の拠点の他に、日本国内の他の地域にて比較的長くあるいは繰り返し滞在し、その滞在地域のルールを順守しつつ地域文化との触れ合いや住民との交流を深めながら滞在するライフスタイル」を言います。

最低滞在期間は海外の場合は2週間、国内の場合は1週間としています。
※LONGSTAY「ロングステイ」は造語であり、ロングステイ財団により商標登録をしています。(引用:一般財団法人ロングステイ財団「ロングステイの基本的考え方」より)

如何でしょうか、海外ロングステイであっても、ハードルは低く、皆様の手の届くところに「ロングステイ」はあります。
とはいえ「暮らしを体験する」のですから、旅行とは異なる準備や知識が必要とされ、それらをサポートするのが我々ロングステイアドバイザーのミッションの一つです。

ロングステイ財団が示すロングステイの定義する5つの特徴は下記の5項目です。
1.比較的長期にわたる滞在であり。
2.「居住施設」を保有または賃借する。
3.「余暇」を目的とする。
4.「旅」よりも「生活」を目指す。
5.生活資金の源泉は日本にある。
(引用:一般財団法人ロングステイ財団「ロングステイの定義」より)

従って、ロングステイヤーは現地で働きながら暮らす方ではなく、長期休暇を利用する方達、語学留学などの知識を得るための滞在、そして趣味を楽しむ、家族との絆を強くする、詩文や仲間のリフレッシュのために訪れる方達、そして第二の人生を楽しむ方達を対象としています。

さて、ロングステイ滞在希望国・地域は下表のようになっています。
2006年から7年連続でマレーシアがロングステイ希望国として1位です。2位は2年連続でタイ、3位はハワイです。そして、4位オーストラリア、5位ニュージーランドと続いています。
今年の特徴は、前年10位のシンガポールが8位に上がりました。シンガポールは富裕層が集まる国となっています。
第一回の調査1992年のものと比べると、アメリカ西海岸、アメリカ東海岸、スイス。イギリス、フランス、スペインが落ち、アジアのマレーシア、タイ、フィリピン、インドネシア、台湾が入っています。

130924ロングステイベスト希望国10

年代別の希望国ベスト20を挙げています。
30代未満の回答で1位はオーストラリア、次いでカナダですが、それ以外の年代の1位はすべてマレーシアで、2位はタイでした。
30代未満の特徴は、6位のイギリスをはじめ欧米の国口が多いことが分かります。
40代でベトナムがベスト17位に入り、年代が上がるに上昇し60代では9位に上昇致します。

10923年代別ロングステイ希望国

マレーシアが各年代で1位になる高い評価を得るのは、観光立国を目指すマレーシアが、ロングステイビザとして打ち出した「マレーシア・マイ・セカンドホーム・プログラム(MM2H)
の影響が大きい。この滞在ビザを取得すれば10年間自由な滞在が認められ、また、延長もできる。2012年末現在総取得者数は2,445人になっている。

上記は、財団のイベントや各地で行われるセミナーに参加した方たちのアンケートによる希望国なのですが、一方、財団が不特定多数の方たちにネットでアンケートした、「ロングステイしたい国」の順位は別な様相が現れます。

全体の得票数をグラフにしたのが下図で、年代別に10位までを表にしました。

130924不特定多数ロングステイ行きたい国

1位から13位までは7位のタイを除きすべて先進国です。14位にイベントやセミナー参加者にのアンケートでは1位のマレーシアが漸く出て参ります。仮定ですが、イベントやセミナーに出ている方はバイアスがかかるのではないかと考えています。

130924不特定多数年代別ロングステイ行きたい国

2012年の順位で「ロングステイ希望国」と「ロングステイしたい国」の10位までに入った国は、タイ、ハワイ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、シンガポールの6ヶ国です。

イメージ的に良い国が多いのですが、最初にロングステイしたい国を考えるとき、短期ロングステイをしたのちに日本に帰ることを想定するとこのような国が対象になるのではと筆者は考えています。
読者の皆様は、どのような国でロングステイを楽しみたいとお考えでしょうか。

★ことしも人気の「ロングステイ・フェア」が国際展示場で開催されます。
日時: 11月2日 土曜日 10:00~17:00
会場 東京ビッグサイト1F 会議棟 レセプションホール
私のミニセミナーは16:15~16:45 「富裕層を惹きつける国 シンガポール」
なお、10時から会場で非居住者のネット投資などライフプランと資産運用のご相談をお受けしております。お気軽にお立ち寄りください。
http://www.dokodekurasu.jp/

文責
FP学会会員
独立系顧問料制ファイナンシャル・アドバイザー
オフィス マイ エフ・ピー 代表 吉野 充巨

【保有資格】
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP®
宅地建物取引主任者 (東京)第188140号
ロングステイ財団登録ロングステイアドバイザー&登録講師

独立系顧問料制アドバイザーとは
http://profile.allabout.co.jp/w/c-64005/
http://mbp-tokyo.com/officemyfp/column/12298/
http://www.officemyfp.com/komonryouseiadviser.html

この記事を書いたプロ

オフィス マイ エフ・ピー [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 吉野充巨

東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL:03-6447-7831

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス料金
150503オフィスマイエフピー

□ 初回面談時、30分は無料です。コンサルタントとしての吉野と、ご相談者のマッチング時間です。ご相談者が面談を継続されたのち下記の相談料が発生します。料...

サービス・商品

将来のの不安や心配事で悩んでいませんか?そのようなときこそ、お気軽にご相談ください。保険・投信・不動産の販売や仲介は行っていません。貴方のためのアドバイ...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャルプランナー・投資アドバイザー  吉野充巨さん

夢と希望に満ちたライフプランを実現する資産形成。FP&中立的な投資アドバイザー。(1/3)

 江戸時代から町人街、文化の中心地として栄え、現在でも日本を代表する商業の街である日本橋。この街に10年間事務所を構え、多くの人々の生涯の夢・目標を叶えているファイナンシャルプランナー(FP)が、吉野充巨さんです。投資助言・代理業に登録し、...

吉野充巨プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

FP+堅実な投資助言で人生設計~資産形成までトータルサポート

会社名 : オフィス マイ エフ・ピー
住所 : 東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL : 03-6447-7831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6447-7831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野充巨(よしのみちお)

オフィス マイ エフ・ピー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融庁が金融機関に手数料の明示、行動原則等を求めています

11月25日の日経新聞朝刊に、投資商品の手数料明示 金融機関に行動原則 金融庁案、顧客本位へ7項目 という記事が...

[ 金融庁金融レポート ]

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く?
イメージ

 株価概況 11月第4週世界の株価指数の多くは上昇に転じています。MSCIオールカントリー指数は1.38%の上...

[ 株価・国債利回り・商品価格週間騰落率 ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家の正しい投資戦略
イメージ

金融レポートで金融庁は個人投資家に 長期 積み立て 分散投資 長期、積み立て、分散投資を薦めています...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 ファンドラップ
イメージ

 ファンドラップ 次いでファンドラップにもダメ出しをしています。こちらはシンプルに通常の投資信託とファ...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 貯蓄性保険商品
イメージ

金融レポートには、たとえば米国と日本の投資信託にかかる費用比較が出ています。 投資信託費用日米比較  ...

[ 金融庁金融レポート ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ