コラム

 公開日: 2011-01-24  最終更新日: 2014-07-23

日本国債と金利動向を考える-2


前実のコラム金利動向を考える-1の状況から、私が考える今後の日本国債の可能性高いストーリーは、

○ デフォルトの可能性は当面低い
 国債は期日が来れば償還が必要です。また、毎回の利払いも行われます。デフォルトとは利払いが出来なくなる、期日が来ても償還が出来ないこと指します。

政府がこれを避けるには、新たな国債を発行する(利率は上昇します)、増税で利払いや償還の原資を用意することが出来ます。また国有財産の売却(埋蔵金を施策に回すことはこれと同様です)という手段もあり、これらの施策により、10年単位の先延ばしが可能と考えています。

ただ、日本人自身が政府を信頼できない状態(既に現政権の施策でその萌芽が現れています)になれば、先延ばしできる期間が短縮されます。

その前に、大増税という可能性は極めて高く、重税には苦しみますがデフォルトにはならないと考えます。
⇒増税分は国債等償還に使用され、施策にまわす余裕は無くなることも有ります。現にアイルランドは全国民に理解を得て、この施策を実行中です。

○ 日本国債の利率が上昇する可能性は極めて高い。
(2010年4月30日現在の10年国債の利率は1.280%)

・利率が上がる要因の一つは、国債等の債権残高が1000兆円を超え、海外の投資家に購入してもらわないと消化できなくなった状況で金利が上昇。現在世界で最も安全な債券とされる米国債の10年国債の金利は、3.659%ですので、目処として3.0~4.0%程度に上昇することが考えられます。

 ・一方、日本国債の格付けが下がった際に金利の上昇が予想されます。既にS&Pも引き下げの可能性を表明しています。そのS&Pの現在の格付けはアイルランドと同じAAです。一段階下のA+はイタリア、中国と同等、Aは韓国になります。

それらの国々に比べ日本の債務超過は突出していますからと格下げは当然と思われます。

この場合には、投資家に販売するには、当初1.0%程度の利上げが必要と思われます。ただ、国内での消化が難しくなれば、海外に販売しますから、当然利率は上昇します。

※ 国債の金利が上昇すれば、現在の国債の市中価格は低下します。金利と価額の関係は金利の上昇=国債の価格低下、金利の低下=国債価格の上昇の関係に有ります。例えば、現在額面100万円、利率が1.280%の10年国債の例で、大まかな試算をしますと、
現時点で購入すると、10年間の利子が12.8万円償還時には100万円が返って来ます。

もし、此処で2%金利が上昇した場合に、この国債を購入したいと考えると、あと20万円分のリターンを必要とします、雑駁には当該国債を80万円で購入すれば、複利運用での損得がなくなります。現実には、将来もっと金利が上昇するのではないかと考えて、80万円未満で購入する投資家が増えるものと考えます。

時価会計での評価損を考えると、現在の資産から20%ダウンした額面80万円で評価し、20万円の評価損が出ます。実際の時価評価は市中での売買価格で評価いたします。(本来の運用は複利で考えますから82万円程度になります)

※国内で一番安全とされる国債の利率が上昇しますと、他の金融資産の利率も金利を反映し価格が上下します。株価は低下、預金金利は上昇します。最も我々に影響のあるものはローンの金利です。

現在3,000万円を元利均等払い35年返済、変動金利を5年間2%で借り入れていて、5年後に4%に上昇すると、毎月の返済額は99,378円から128,361円に増加、差は28,983円=年間347,796円も増加し家計を直撃します。そして2%上昇ではなく3%上昇すれば返済額は144,334円になり、差額は44,956円=年間539,472円の増加です。

★我々一般投資家の資産運用として、考えられることは

1.借入は固定金利をお勧めします。
 金利は変動する可能性が高いものと思われます。金利変動リスクに備えが必要ではないでしょうか。

2.国債などの債券購入は、固定であれば短期のもの、又は変動金利の国債をお勧めします。 

前述しました通り、長期間固定金利の金融商品は、金利変動による価格変動を抱えています。これを避けるため、定期預金であれば、1年定期、利付国債及び事業債も短期間のものをお勧めします。金利が高くなったときに長期固定金利の商品を購入することが、有利な投資です。

3.金利変動で短期的には損失が出ますが、その後に高金利債券の購入を継続すると運用成績は上昇を始めます。長期的な資産運用として、インデックスファンドの毎月積立は有効と考えています。ファンド内で債券の償還・購入が継続されることで、長期的な金利上昇の利益が得られます。

4.資産配分の見直しをお勧めします。
 国内債券の比率を下げ、定期預金に振替えては如何でしょう(現状は利率は差が有りません)。また、株と債券の相関から、株式の保有を増やすことも視野に入れた見直しも有効と思われます。


文責 CFP(R) 吉野充巨

CFPR、CERTIFIED FINANCIAL PLANNERR、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナーRは、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

『本コラムは、投資判断の参考となります情報の提供を目的としたものであり、有価証券の取引その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。投資による損益はすべて読者ご自身に帰属いたします。

投資にあたりましては正規の目論見書、説明書等をご覧いただいたうえで、読者ご自身での最終的なご判断をお願いいたします。本資料は、信頼できると判断した情報に基づき万全を期して作成されていますが、その情報の正確性若しくは信頼性について保証するものではありません。

また、情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。本資料に記載されている内容は将来予告なしに内容が変更される可能性があります。過去の情報は実績であり、将来の成果を予測するものではありません。』

この記事を書いたプロ

オフィス マイ エフ・ピー [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 吉野充巨

東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL:03-6447-7831

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス料金
150503オフィスマイエフピー

□ 初回面談時、30分は無料です。コンサルタントとしての吉野と、ご相談者のマッチング時間です。ご相談者が面談を継続されたのち下記の相談料が発生します。料...

サービス・商品

将来のの不安や心配事で悩んでいませんか?そのようなときこそ、お気軽にご相談ください。保険・投信・不動産の販売や仲介は行っていません。貴方のためのアドバイ...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャルプランナー・投資アドバイザー  吉野充巨さん

夢と希望に満ちたライフプランを実現する資産形成。FP&中立的な投資アドバイザー。(1/3)

 江戸時代から町人街、文化の中心地として栄え、現在でも日本を代表する商業の街である日本橋。この街に10年間事務所を構え、多くの人々の生涯の夢・目標を叶えているファイナンシャルプランナー(FP)が、吉野充巨さんです。投資助言・代理業に登録し、...

吉野充巨プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

FP+堅実な投資助言で人生設計~資産形成までトータルサポート

会社名 : オフィス マイ エフ・ピー
住所 : 東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL : 03-6447-7831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6447-7831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野充巨(よしのみちお)

オフィス マイ エフ・ピー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融庁が金融機関に手数料の明示、行動原則等を求めています

11月25日の日経新聞朝刊に、投資商品の手数料明示 金融機関に行動原則 金融庁案、顧客本位へ7項目 という記事が...

[ 金融庁金融レポート ]

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く?
イメージ

 株価概況 11月第4週世界の株価指数の多くは上昇に転じています。MSCIオールカントリー指数は1.38%の上...

[ 株価・国債利回り・商品価格週間騰落率 ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家の正しい投資戦略
イメージ

金融レポートで金融庁は個人投資家に 長期 積み立て 分散投資 長期、積み立て、分散投資を薦めています...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 ファンドラップ
イメージ

 ファンドラップ 次いでファンドラップにもダメ出しをしています。こちらはシンプルに通常の投資信託とファ...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 貯蓄性保険商品
イメージ

金融レポートには、たとえば米国と日本の投資信託にかかる費用比較が出ています。 投資信託費用日米比較  ...

[ 金融庁金融レポート ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ