コラム

 公開日: 2013-01-26  最終更新日: 2014-07-31

あなたの一手間で毎月分配型からコストが低い引出型に変わります。

皆様に、投資信託の中で、毎月分配型の投資信託はコストが高いために、非効率な金融商品と説明しております。
また、毎月分配型投信の分配金の中には、購入者ご自身の元本が返ってくる様な、たこ足配当の商品もあることを紹介してまいりました。

分配金のイメージ

しかしながら、年金世代の方の中には、生活費が年金だけでは不足するため、毎月一定額の収入が欲しいというニーズがあります。

今回はその様な方にお薦めする投信の使い方です。

投資信託のコストが高くなっているという事をご理解頂くために、若干の調差をしました。
毎月分配型の原型は、国債投資顧問が最初に組成した、グローバルソブリンで、これが中りに当たったため、他の投信運用会社が追随したものです。
その、グローバル・ソブリンの毎月分配型のコストは、
1億口未満の購入時手数料は、上限が1.575%(税込)で、運用管理費用(信託報酬)が1.3125%、解約時に必要になる、信託財産留保額は0.5%です。
ベンチマークは、シティーグループ国債(円ベース日本含む)です。

当該ファンドは、1997年末設定された投資信託で、一時は5兆円と言う資産残高を誇っていましたので、現在のファンドから見れば、びっくりするほど低いコストだと思われるほどです。

現在募集しているアクティブ型の投信の募集状況を3大証券のHPで確認しました。
各HPの1ページ、又は投信ページを開いて、ページの一番上にある、または、左にある商品を調べますと、
野村証券は ワールド・バリュー・アロケーションで、購入時手数料は3.15%(税込)、信託報酬は1.819%(税込)、換金時コスト無。
大和証券は、ダイワ米国株ストラテジー通貨選択型で、購入時手数料は3.15%、信託報酬は実質1.96625%、解約時は信託財産留保額が0.5%。
SMBC日興証券は、イーストスプリングインドネシア債券オープンで、購入時手数料は3.15%(税込)、信託報酬等は実質1.6365%(税込)、信託財産留保額は0.4%です。

これら3商品は、最初のスタートで1,000万円を投入した場合には、なんと315,000円が引かれてしまいます。投資額は1,000万円ではなく、9,685,000円に為ります。

信託報酬の差

ところで、グローバル・ソブリンがベンチマークとするシティーグループ国債に連動する投資信託があるのをご存じでしょうか。ベンチマークを超える運用はありませんが、確実にベンチマークとするインデックスに連動することを目指すファンドです。
また、アクティブファンドはインデックスを超えるものが少ないとされています。

プロマネジャーの成績

では、インデックスファンドのコストを紹介します。ベンチマークは(シティグループ世界国債インデックス(除く日本、円ベース))です。

三井住友トラストアセットが運用する、SMTグローバル債券インデックス・オープンは
購入時手数料が上限2.1%(税込)で、信託報酬は0.525%(税込)、信託留保額は0.05%です

また、三菱UFJ投信が運用するeMAXIS 先進国債券インデックスは、ネット証券専用ですが
購入時手数料はありませんし、信託財産留保額もありません。そして、信託報酬は税込みで0.63%です。

両ファンドは公募型の投信ですので、購入も解約も通常の証券会社で購入するのは同じです、購入時に、再投資型として申し込めば分配金は自動的に再投資されます。

そして、毎月日時を決めて、電話を一方掛けるか、ネットで解約すれば数日中に指定口座に該当金額が振り込まれます。例えば1000万円でeMAXIS先進国債券を購入し、毎月20日に5万円すれば、25日までに指定口座に5万円が入ります。
1本の電話、一回ネットで申込の手間と、前述したファンドのコストは比較になりません。
そのための費用として、315,000円を掛けたり、毎月高い信託報酬を払ったり、信託留保額を取られたりするコストは価値がありますでしょうか。

ところで、上場投資信託を利用するとさらに安いコストで、シティーグループ国債インデックス(円ベース日本除く)をベンチマークとするものがあります。この場合には、当該ファンドに入る利息分がファンド内に遺せないため、毎月分配型の投信です。

それは、東京証券取引所に上場している、日興アセットマネジメントの
上場インデックスファンド海外債券(Citigroup WGBI)毎月分配型です。
購入時は、お取り引きがある証券会社の売買手数料がかかります。信託報酬は、税抜きで0.25%程度です。売却の場合には、売買手数料が掛ります。
ただ、元本から取り崩すことの無い、インカムから支払われる毎月分配型ですので、たこ足の心配はしないで済みます。

あなたの、月に1回、電話する・入力するという、ひと手間が、高いコストを払わずに引出が他の管理ができます。チャレンジされては如何でしょう。

私を含めて、”専門家の予測はサルにも劣る”とされています。それだからこそ、様々な予想シナリオに対応できる分散投資が必要です、
そのためにも、様々なセミナーに出て、多くの方の意見・見解を聞くことが重要と思います。私が所属する日本FP協会と東京証券取引所共催のセミナーを紹介します。

“くらしとおかねの講演会&パネルデスカッシヨン”~FPと考える 
“ライフプランと資産運用”を東京証券取引所内の東証ホールにて3月10日13時より開催致します、無料です。詳細は下記
http://www.jafp.or.jp/tbb/pamphlet/public/913OGIPYP.pdf
をご参照ください。
face book ページ オフィス マイ エフ・ピーを開設しています。
http://www.facebook.com/#!/officemyfp

☆セミナーやご相談は根拠の明示及び実証データをもとにご説明します。
お気軽にお問い合わせください。

★毎月資産運用・ライフプランのセミナーを開催しています。
ご参加をお待ちしています。
http://www.officemyfp.com/seminerannai.htm

文責
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP(R)
宅地建物取引主任者 (東京)第188140号
ロングステイ財団登録ロングステイアドバイザー
独立系顧問料制ファイナンシャル・アドバイザー 
吉 野 充 巨
独立系顧問料制アドバイザーの紹介
http://profile.allabout.co.jp/w/c-64005/
http://mbp-tokyo.com/officemyfp/column/12298/
http://www.officemyfp.com/komonryouseiadviser.html

『このコラム又は回答は、投資判断の参考となります情報の提供を目的としたものであり、有価証券の取引その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。
投資による損益はすべてご相談者及び読者ご自身に帰属いたします。
投資にあたりましては正規の目論見書、説明書等をご覧いただいたうえで、読者ご自身での最終的なご判断をお願いいたします。
本コラムは、信頼できると判断した情報に基づき筆者が作成していますが、その情報の正確性若しくは信頼性について保証するものではありません。』

この記事を書いたプロ

オフィス マイ エフ・ピー [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 吉野充巨

東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL:03-6447-7831

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス料金
150503オフィスマイエフピー

□ 初回面談時、30分は無料です。コンサルタントとしての吉野と、ご相談者のマッチング時間です。ご相談者が面談を継続されたのち下記の相談料が発生します。料...

サービス・商品

将来のの不安や心配事で悩んでいませんか?そのようなときこそ、お気軽にご相談ください。保険・投信・不動産の販売や仲介は行っていません。貴方のためのアドバイ...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャルプランナー・投資アドバイザー  吉野充巨さん

夢と希望に満ちたライフプランを実現する資産形成。FP&中立的な投資アドバイザー。(1/3)

 江戸時代から町人街、文化の中心地として栄え、現在でも日本を代表する商業の街である日本橋。この街に10年間事務所を構え、多くの人々の生涯の夢・目標を叶えているファイナンシャルプランナー(FP)が、吉野充巨さんです。投資助言・代理業に登録し、...

吉野充巨プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

FP+堅実な投資助言で人生設計~資産形成までトータルサポート

会社名 : オフィス マイ エフ・ピー
住所 : 東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL : 03-6447-7831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6447-7831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野充巨(よしのみちお)

オフィス マイ エフ・ピー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融庁が金融機関に手数料の明示、行動原則等を求めています

11月25日の日経新聞朝刊に、投資商品の手数料明示 金融機関に行動原則 金融庁案、顧客本位へ7項目 という記事が...

[ 金融庁金融レポート ]

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く?
イメージ

 株価概況 11月第4週世界の株価指数の多くは上昇に転じています。MSCIオールカントリー指数は1.38%の上...

[ 株価・国債利回り・商品価格週間騰落率 ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家の正しい投資戦略
イメージ

金融レポートで金融庁は個人投資家に 長期 積み立て 分散投資 長期、積み立て、分散投資を薦めています...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 ファンドラップ
イメージ

 ファンドラップ 次いでファンドラップにもダメ出しをしています。こちらはシンプルに通常の投資信託とファ...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 貯蓄性保険商品
イメージ

金融レポートには、たとえば米国と日本の投資信託にかかる費用比較が出ています。 投資信託費用日米比較  ...

[ 金融庁金融レポート ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ