コラム

 公開日: 2012-10-15  最終更新日: 2014-07-31

ロングステイ希望国としたい国、ロングステイしたい地域はここ

今年も、財団法人ロングステイ財団からロングステイ調査統計2012が発刊されました。
ロングステイ・LONGSTAYと聞いても、なかなかイメージがわかないし、長期間海外での生活をする、又は移住の事と思われる方もいらっしゃると思います。
そこで、ロングステイ財団が公表する「ロングステイの基本的な考え方」を紹介します。

ロングステイとは、海外においては
「生活の主たる源泉を日本に置きながら海外の一か所に比較的長く滞在し、その国の文化や生活に触れ、現地社会での貢献を通じて国際親善に寄与する海外滞在型余暇」
を総称したものです。

また、国内においては「主たる生活の拠点のほかに、日本国内の他の地域にて比較的長くあるいは繰り返し滞在し、その滞在地域のルールを遵守しつつ地域文化とのふれあいや住民との交流を深めながら滞在するライフスタイル」を云います。

最低滞在期間は海外の場合は2週間、国内の場合は1週間としています。観光旅行よりは長いのですが、無理のないロングステイをされている方達も大勢います。

※LONGSTA・「ロングステイ」は造語であり、ロングステイ財団により商標登録されています。
ロングステイ財団のホームページは
http://www.longstay.or.jp/
です。ロングステイだけでなく海外に関心ある方は、ご一読をお薦めします。

今回届いた調査から、何回かに分けて、著者として興味ある内容を紹介します。

セミナーやイベントに参加した人のアンケートに基づくロングステイ希望ベスト10の7年間の推移は

ロングステイ希望国推移

で、1位は、日本でのセミナーも多く、イベントも開催されるマレーシアです。親日国として知られ、マレーシア・マイセカンドホームプログラム(MM2H)もあり、6年間連続の1位です。2位はタイで、2009年、2010年と順位を上げています。昨年はハワイを抜いて2位に浮上しています。3位のハワイは順位が下がりました。10位内に台湾とシンガポールが上がり、ベスト10の中でアジアの占有が6割になりました。

人気国ベスト10を年代別に層別しますと、希望国は大きく異なります。

年代別人気国推移

30歳未満の希望国順位はオーストラリア、ハワイ、カナダイギリスアメリカ本土などで、欧米オセアニアを上げています。30代から順々にベストテン内でアジアの国が増加して行きます。ただ、60歳以上ではシルバー・コロンビア計画の影響が残っている様子で、スペインが10位に入っています。
シルバーコロンビア計画は
https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4TSJH_jaJP385JP385&q=%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%93%E3%82%A2%E8%A8%88%E7%94%BB
をクリックください。

上記の内容は、ロングステイ財団や、我々ロングステイアドバイザー、そして海外サロンが催すイベントやセミナーに参加された方のアンケートです。

一方、ロングステイ財団は、不特定多数にインターネット調査を実施しています。回答者は男性856人、女性792人の計1,648件の調査内容です。
こちらのデータは、前出のものとは大きな違いがあります。
2年間のデータを示します。

ロングステイしたい国10

見てわかるように、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、台湾などの国々は出てまいりません。ベスト4は昨年と同様ですが、10位にシンガポールが上がりドイツが下がりました。6~9位は欧州の国々です。

このベスト10の2011年の調査で年代別の分布が下記の通りです。
60代以上の方のシンガポールが10位への押し上げ要因になっています。実は著者も、東南アジアでロングステイするならばシンガポールを押しています。主な要因は、アセアンの中で唯一の先進国、経済的にも豊かで町がクリーンです。ただし、生活費は高く既にい重要のビザは得られません。ただ、ここを足場にチャンギから各国へフライトができますし、生活環境は快適です。

年代別したい国

不特定多数の方が、ロングステイ地域を分類すると、アジアよりも欧州がおおく33ぇを占めています。

ロングステイしたい地域

★お知らせ
今年も来月11月17日土曜日に、東京ビッグサイト 会議棟1Fレセプションホールで第7回 地球に暮らす「ロングステイフェア2012」が開催されます。
私も、登録ロングステイ・アドバイザーとして、午後からお手伝いに行く予定です。
ロングステイ先として海外の国々国や、国内ロングステイとして各県や市町村が出展します。
face book ページ オフィス マイ エフ・ピーを開設しました。
http://www.facebook.com/#!/officemyfp

☆セミナーやご相談は根拠の明示及び実証データをもとにご説明します。
お気軽にお問い合わせください。

★毎月資産運用・ライフプランのセミナーを開催しています。
宜しければご参加ください
http://www.officemyfp.com/seminerannai.htm

文責
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP(R)
宅地建物取引主任者 (東京)第188140号
ロングステイ財団登録ロングステイアドバイザー
独立系顧問料制ファイナンシャル・アドバイザー 
吉 野 充 巨
独立系顧問料制アドバイザーの紹介
http://profile.allabout.co.jp/w/c-64005/
http://mbp-tokyo.com/officemyfp/column/12298/
http://www.officemyfp.com/komonryouseiadviser.html

この記事を書いたプロ

オフィス マイ エフ・ピー [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 吉野充巨

東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL:03-6447-7831

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス料金
150503オフィスマイエフピー

□ 初回面談時、30分は無料です。コンサルタントとしての吉野と、ご相談者のマッチング時間です。ご相談者が面談を継続されたのち下記の相談料が発生します。料...

サービス・商品

将来のの不安や心配事で悩んでいませんか?そのようなときこそ、お気軽にご相談ください。保険・投信・不動産の販売や仲介は行っていません。貴方のためのアドバイ...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャルプランナー・投資アドバイザー  吉野充巨さん

夢と希望に満ちたライフプランを実現する資産形成。FP&中立的な投資アドバイザー。(1/3)

 江戸時代から町人街、文化の中心地として栄え、現在でも日本を代表する商業の街である日本橋。この街に10年間事務所を構え、多くの人々の生涯の夢・目標を叶えているファイナンシャルプランナー(FP)が、吉野充巨さんです。投資助言・代理業に登録し、...

吉野充巨プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

FP+堅実な投資助言で人生設計~資産形成までトータルサポート

会社名 : オフィス マイ エフ・ピー
住所 : 東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL : 03-6447-7831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6447-7831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野充巨(よしのみちお)

オフィス マイ エフ・ピー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融庁が金融機関に手数料の明示、行動原則等を求めています

11月25日の日経新聞朝刊に、投資商品の手数料明示 金融機関に行動原則 金融庁案、顧客本位へ7項目 という記事が...

[ 金融庁金融レポート ]

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く?
イメージ

 株価概況 11月第4週世界の株価指数の多くは上昇に転じています。MSCIオールカントリー指数は1.38%の上...

[ 株価・国債利回り・商品価格週間騰落率 ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家の正しい投資戦略
イメージ

金融レポートで金融庁は個人投資家に 長期 積み立て 分散投資 長期、積み立て、分散投資を薦めています...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 ファンドラップ
イメージ

 ファンドラップ 次いでファンドラップにもダメ出しをしています。こちらはシンプルに通常の投資信託とファ...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 貯蓄性保険商品
イメージ

金融レポートには、たとえば米国と日本の投資信託にかかる費用比較が出ています。 投資信託費用日米比較  ...

[ 金融庁金融レポート ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ