コラム

 公開日: 2012-10-07  最終更新日: 2014-07-31

ラトビア(Latvia)各地の観光、色鮮やかな町と緑濃い自然

首都リガを離れて、ラトビアの歴史と文化が味わえる素晴らしい地方を紹介します。

リエパーヤ(LIEPAJA)は日本とも関係が深いバルト海に面した「ラトビアの音楽の都」です。日露戦争のとき、あのロジェストヴィンスキー提督が率いるバルチック艦隊がここから出撃した港町です。不凍港の利点を生かし海上輸送の中継地として発展しました。

18世紀に建造された聖三位一体協会はロココ様式の豪華なインテリアで知られていますが、中でも7,000本のパイプを備えたオルガンは世界最大級です。

リエパーヤ

「ゴールドマーケット」と云う古名を持つ水辺が美しい古都がクルディーガ(KULDIGA)です。
かつてはバルト系民族が城を築いていましたが、13世紀以降はドイツ騎士団支配の下で繁栄し、14世紀にはハンザ同盟に加盟。18~19世紀に建造された赤い瓦屋根の木造建築とペンタ川に架かる煉瓦造りの橋が町の顔となっています。

クルディーガ

ツェーシス(CEЁSIS)はラトビア人が「もっともラトビアらしい町」と評する古都です。リガから北東約75キロに位置するリガに次ぐラトビアの古都です。期限前に居住が始まり、9世紀にはリーヴ人達の交易の中心地として栄えました。リヴォニア騎士団による占領後、ハンザ同盟に加盟し全盛期を謳歌しています。町の西側には旧市街が広がり、多くの建造物が国の文化財に、リガからの日帰り観光も可能で、ツェーシス条、聖ヨハネ教会、歴史博物館などが尋ねてみたいポイントです。

ツェーシス
 
アグロナ(AGLONA)は17世紀から続くラトビアの「ローマカトリックの聖地」
ラトビアのローマカトリックの中心地と言えるのが、宗教芸術が多数あるアグロナです。ローマ法王ヨハネ・パウヨ2世も訪れたことがあるバジリカ教会堂は緑の丘に建ち、高さ56メートルの塔は青空高く聳え威厳を誇っています。1699年木造で建造され、1768年、現在の石造りの基礎が築かれました。毎年8月15日には、ラトビア、リトアニア、ポーランド、フランス等から何千という巡礼者がこの聖地を訪れています。

アグロナ

「ラトビアのスイス」と称される豊かな緑と渓谷が美しい町がスィグルダ(SIGULDA)です。
リガの北東約50㎞、森と丘に囲まれたガウヤ国立公園の中にある風光明媚な町で、ガウヤ川渓谷の壮大な景観はまさに絶景の一言です。
13世紀にドイツ十字騎士団に占領された後、リヴォニア騎士団が川の東岸にスィグルダ城を、リガ司教が西側にトゥライダ城を築き、町がつくられていきました。

スィグルダ

このように今も歴史が息づく町々を訪れることができる、魅力あふれる国がラトビアです。
バルト3国を訪れるだけで、東欧から北欧にかけた歴史を体感できるロングステイの日々が送れます。

駐日ラトビア大使館FBページ
http://www.am.gov.lv/jp/japan/

ラトビア政府観光局
http://www.latvia.travel/ja

外務省 ラトビア共和国
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/latvia/data.html

ラトビア 在外公館医務官情報
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/europe/latvia.html

咋年のコラム「バルトの真珠 ラトビア」
http://mbp-tokyo.com/officemyfp/column/10283/

資料は2012年9月21日から9月23日に開催されたJATA旅博のラトビアブースで頂いた観光局の冊子を、私が夫々登録しているサイトで載せることのご了解を頂いています。

オフィス マイ エフピー face book ページ
http://www.facebook.com/#!/officemyfp

★毎月資産運用・ライフプランのセミナーを開催しています。
宜しければご参加ください
http://www.officemyfp.com/seminerannai.htm

文責
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP(R)
宅地建物取引主任者 (東京)第188140号
ロングステイ財団登録ロングステイアドバイザー
独立系顧問料制ファイナンシャル・アドバイザー 
吉 野 充 巨
独立系顧問料制アドバイザーの紹介
http://profile.allabout.co.jp/w/c-64005/
http://mbp-tokyo.com/officemyfp/column/12298/
http://www.officemyfp.com/komonryouseiadviser.html

この記事を書いたプロ

オフィス マイ エフ・ピー [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 吉野充巨

東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL:03-6447-7831

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス料金
150503オフィスマイエフピー

□ 初回面談時、30分は無料です。コンサルタントとしての吉野と、ご相談者のマッチング時間です。ご相談者が面談を継続されたのち下記の相談料が発生します。料...

サービス・商品

将来のの不安や心配事で悩んでいませんか?そのようなときこそ、お気軽にご相談ください。保険・投信・不動産の販売や仲介は行っていません。貴方のためのアドバイ...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャルプランナー・投資アドバイザー  吉野充巨さん

夢と希望に満ちたライフプランを実現する資産形成。FP&中立的な投資アドバイザー。(1/3)

 江戸時代から町人街、文化の中心地として栄え、現在でも日本を代表する商業の街である日本橋。この街に10年間事務所を構え、多くの人々の生涯の夢・目標を叶えているファイナンシャルプランナー(FP)が、吉野充巨さんです。投資助言・代理業に登録し、...

吉野充巨プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

FP+堅実な投資助言で人生設計~資産形成までトータルサポート

会社名 : オフィス マイ エフ・ピー
住所 : 東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL : 03-6447-7831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6447-7831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野充巨(よしのみちお)

オフィス マイ エフ・ピー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融庁が金融機関に手数料の明示、行動原則等を求めています

11月25日の日経新聞朝刊に、投資商品の手数料明示 金融機関に行動原則 金融庁案、顧客本位へ7項目 という記事が...

[ 金融庁金融レポート ]

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く?
イメージ

 株価概況 11月第4週世界の株価指数の多くは上昇に転じています。MSCIオールカントリー指数は1.38%の上...

[ 株価・国債利回り・商品価格週間騰落率 ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家の正しい投資戦略
イメージ

金融レポートで金融庁は個人投資家に 長期 積み立て 分散投資 長期、積み立て、分散投資を薦めています...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 ファンドラップ
イメージ

 ファンドラップ 次いでファンドラップにもダメ出しをしています。こちらはシンプルに通常の投資信託とファ...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 貯蓄性保険商品
イメージ

金融レポートには、たとえば米国と日本の投資信託にかかる費用比較が出ています。 投資信託費用日米比較  ...

[ 金融庁金融レポート ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ