コラム

 公開日: 2012-06-05  最終更新日: 2014-07-31

日本国債格下げの影響について


既にご承知の通り、2012年5月22日(火曜日)に、欧米格付け会社フィッチ・レーティングスが、日本の円建て長期国債の格付けを、「ダブルAマイナス」から、「シングルAプラス」に1段階引き下げたと発表しました。また、見通しについては「ネガティブ(弱含み)」としています。このシングルAプラスは、フィッチの格付けでは、上から5番目のランクです。

ちなみに、シングルA格は、中国(AAマイナス)より下で、韓国(AA)とは二段階下になっています。今回の格下げはフィッチとして2002年11月以来の9年半ぶりで、格下げの理由は「日本の財政健全化に向けた取り組みが切迫感に賭けると思われ、計画の遂行は政治リスクが伴う」消費税の増税についても「依然として政治的な論争の的になっている」としています。5月30日の野田首相と小沢一郎氏の面談、そして民主党内の動きを見ていると、フィッチの分析の正しさが解ります。

日本国債の格付けは、既に米国スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が昨年1月に1段階引き下げ、上から4番目の[AAマイナス]に、米国ムーディーズ・インベスターズ・サービスも昨年8月に上から4番目の「Aa3」に1段階下げています。日本の財政改革の進捗が父していれば、両社のさらなる格下げは避けられないと考えます。

現時点(2012年5月31日)では欧州の債務問題、ギリシャのユーロ脱退等の影響で、欧米の投資家は、米国債券、英国債券、ドイツ債券に資金を移動するなどの対応で、日本への関心が付すれています。そのお陰もあり、当面の破綻も予想されていないことから、日本国債に資金は流れています。ただし、6月17日のギリシャの選挙結果で一応の決着が見えた時には、日本の財政問題、政府債務の1,000兆円越えに関心が向かうと考えています。




また、国債に関わる問題として、金利ボーナスの消滅がクローズアップされています。これは、今までは以前に発行した国債の金利よりも、借り換えのために発行する国債の金利が低いことから発生する、支払利子総額の減少が先細りになってきたという問題です。




ご承知の通り、現在は史上まれにみる低金利で、長期金利の指標となる10年国債の金利は5月30日では、0.835%ですが、これは現況のユーロ危機で起こされたもので、現在は1.0%程度で推移していました。1%でも十分低いのですが、

1.今後、格付けの低下による、国債の金利上昇。
格付けが下がれば金利は上昇します。無理に抑え込むには、日銀の国債の買い入れなど副作用の大きな対策が必要になります。
2.借り換え対象の高金利時発行国債の減少による、発行額の増加。

の影響で、借り換えによる差益が減少またはマイナスなる状況に追い込まれています。
従来は借り換え対象の国債の金利>借換のために発行する国債の金利=金利差がプラスで、利払いが減少
⇒借り換え対象の国債の金利<借換のために発行する国債の金利=金利差がマイナスで、利払いが増加することになります。

何しろ、気発行分の国債の額が大きいため、平成24年の発行予定では、国債の予定発行額1,742,313億円の内、借換債券の発行額が1,123,050億円、率にして約64.45%も占めていますので、0.1%上がるだけでも、利息は単年度では1,123億円増加します。1%上がりましたら、112,305億円です。そしてそれだけのものを税収で支払う訳ではありませんから、国債を発行します。もし、全てが10年国債で賄う場合には金利だけで1%上昇で、112,305億円国債の発行額が増加することになります。
スペインやイタリア並みの6%になりましたら、673,830億円の支払い増になります。空恐ろしい金額です。

それでも、消費税を上げない、景気対策だけで増収を図ろう、社会保障も削らずに増やそうと云うのは、将来を考えていないのではと思わざるを得ません。持続不可能な状況を続ければ続けるほど、クラッシュした際の影響は大きくなります。

face book ページ オフィス マイ エフ・ピーを開設しました。
宜しければ、こちらのページでお楽しみください。
http://www.facebook.com/#!/officemyfp

☆セミナーやご相談は根拠の明示及び実証データをもとにご説明します。
お気軽にお問い合わせください。

★毎月資産運用・ライフプランのセミナーを開催しています。
宜しければご参加ください
http://www.officemyfp.com/seminerannai.htm

文責
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP(R)
宅地建物取引主任者 (東京)第188140号
ロングステイ財団登録ロングステイアドバイザー
独立系顧問料制ファイナンシャル・アドバイザー 
吉 野 充 巨
独立系顧問料制アドバイザーの紹介
http://profile.allabout.co.jp/w/c-64005/
http://mbp-tokyo.com/officemyfp/column/12298/
http://www.officemyfp.com/komonryouseiadviser.html

『このコラム又は回答は、投資判断の参考となります情報の提供を目的としたものであり、有価証券の取引その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。
投資による損益はすべてご相談者及び読者ご自身に帰属いたします。
投資にあたりましては正規の目論見書、説明書等をご覧いただいたうえで、読者ご自身での最終的なご判断をお願いいたします。
本コラムは、信頼できると判断した情報に基づき筆者が作成していますが、その情報の正確性若しくは信頼性について保証するものではありません。』

この記事を書いたプロ

オフィス マイ エフ・ピー [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 吉野充巨

東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL:03-6447-7831

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス料金
150503オフィスマイエフピー

□ 初回面談時、30分は無料です。コンサルタントとしての吉野と、ご相談者のマッチング時間です。ご相談者が面談を継続されたのち下記の相談料が発生します。料...

サービス・商品

将来のの不安や心配事で悩んでいませんか?そのようなときこそ、お気軽にご相談ください。保険・投信・不動産の販売や仲介は行っていません。貴方のためのアドバイ...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャルプランナー・投資アドバイザー  吉野充巨さん

夢と希望に満ちたライフプランを実現する資産形成。FP&中立的な投資アドバイザー。(1/3)

 江戸時代から町人街、文化の中心地として栄え、現在でも日本を代表する商業の街である日本橋。この街に10年間事務所を構え、多くの人々の生涯の夢・目標を叶えているファイナンシャルプランナー(FP)が、吉野充巨さんです。投資助言・代理業に登録し、...

吉野充巨プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

FP+堅実な投資助言で人生設計~資産形成までトータルサポート

会社名 : オフィス マイ エフ・ピー
住所 : 東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL : 03-6447-7831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6447-7831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野充巨(よしのみちお)

オフィス マイ エフ・ピー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融庁が金融機関に手数料の明示、行動原則等を求めています

11月25日の日経新聞朝刊に、投資商品の手数料明示 金融機関に行動原則 金融庁案、顧客本位へ7項目 という記事が...

[ 金融庁金融レポート ]

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く?
イメージ

 株価概況 11月第4週世界の株価指数の多くは上昇に転じています。MSCIオールカントリー指数は1.38%の上...

[ 株価・国債利回り・商品価格週間騰落率 ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家の正しい投資戦略
イメージ

金融レポートで金融庁は個人投資家に 長期 積み立て 分散投資 長期、積み立て、分散投資を薦めています...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 ファンドラップ
イメージ

 ファンドラップ 次いでファンドラップにもダメ出しをしています。こちらはシンプルに通常の投資信託とファ...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 貯蓄性保険商品
イメージ

金融レポートには、たとえば米国と日本の投資信託にかかる費用比較が出ています。 投資信託費用日米比較  ...

[ 金融庁金融レポート ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ