コラム

 公開日: 2012-04-27  最終更新日: 2014-07-31

『冒険ダン吉』からみた太平洋の現在・過去・未来 勉強会に参加

一昨日4月25日に太平洋諸島センター(PIC)と太平洋諸島地域研究所共済の研究大会に参加しました。テーマは『冒険ダン吉』からみた太平洋の現在・過去・未来です。
私より、若い方には冒険ダン吉とは?、who)、になろうかと思います。戦前に一世を風靡した、太平洋の島で日本少年ダン吉が活躍する漫画(昭和8年より講談社から発刊)です。
私は戦後生まれですが、復刻版を読んだ覚えがあります。

かつて、日本が国際連盟から、旧ドイツ領であった南太平洋諸島を信託統治した時代がありました。その時代日本人が大勢行き植民・開発した土地です。太平洋戦争時代、連合艦隊旗艦大和と武蔵の停泊地「ラバウル」は、その南洋諸島トラック環礁にありました。

何故、今頃『冒険ダン吉』なのかと言いますと、私が海外ロングステイ先としてコラムで紹介している、太平洋諸島に関わりがあり、そのモデルと目される方『森小弁』氏の物語が昨年産経新聞紙上連載され、本年になって単行本としては発刊されたからです。
(ミクロネシア連邦の大統領は森小弁氏の曾孫です)

ミクロネシア4


研究会の案内には
※日本と太平洋島嶼国地域との交流の歴史は、既に明治時代以前まで遡ることができ、
そのパイオニア的存在と言えるのが、漫画「冒険ダン吉」のモデルになったとも言われているミクロネシア連邦チューク州にわたった森小弁氏です。
内向き志向が懸念されている現代日本にとって、いま求められているのは、「冒険ダン吉」的思考ではないでしょうか。

ミクロネシア5


今回の懇談会では、「冒険ダン吉」的思考をテーマとして取り上げ、産経新聞紙上で冒険ダン吉を主人公とした連載小説を発表されてこられた将口泰浩さんと、高校生時代に日本を飛び出してキリバスに渡り、そのままキリバス人になって国家建設に尽力している小野賢太郎さんをお招きし、日本と太平洋島嶼国の懸け橋となった人間の目からみた両地域の関係についてお話を伺えればと考えております。

私も研究会当日に 将口泰浩 著「冒険ダン吉」になった男 森小弁 産経新聞出版 1,800円+税 購入し読書中です。明治という時代の雰囲気、日本人の矜持、覇気、活動の大きさ、そして森小弁氏の人物の大きさが解る、歴史も学べる良い本です。

欧米の傲慢・狡猾な植民地経営とは全く異なる統治の実態も得ることができます。このような南方経営の中から、親日的な台湾や南太平洋諸国の人々が輩出したことも理解できます。

なお、現代の冒険ダン吉と紹介された、小野賢太郎氏は、高校生の時に留学先としてキリバスを選び、一人でその地で学んだあと、フィジーの大学に進学、途中島に帰りご結婚・国籍を取得されています。

キリバス3


今回の催しを開催した太平洋諸島センターは(Pacific Islands Centre、PIC) (正式名称:南太平洋経済交流支援センター、South Pacific Economic Exchange Support Centre、SPEESC)) は、1996年10月1日に、日本国政府と太平洋地域の国際機関である南太平洋フォーラム(現 太平洋諸島フォーラム:PIF)とにより設立された国際機関で、日本とフォーラム加盟島嶼国(Forum Island Countries, FICs)との間の貿易・投資・観光の 促進を通じて、同島嶼国の経済的発展を支援することを目的としています。

フォーラム加盟島嶼国(FICs)とは、具体的には、クック諸島(NZの自由連合自治地域)、ミクロネシア連邦、 フィジー、キリバス、マーシャル諸島、ナウル、ニウエ(NZの自由連合自治地域)、パラオ、パプアニューギニア、 サモア、ソロモン諸島、トンガ、ツバル、及びバヌアツです。

センターはお茶の水の明治大学 紫紺館 1階にあります。各国の紹介パンフレット等がありますので、御茶ノ水近くにいらした際には、一度立ち寄られては如何でしょう。
ホームページは下記
http://blog.pic.or.jp/

マリンスポーツを楽しむ、フィジーに語学留学するなどのリーフレットも置いています。日本とは別世界の地でロングステイは如何でしょう。

キリバス11

私のHP、各サイトのコラムに掲載する太平洋諸国センターの資料は、センターの許可を得て掲載しています。

「ロングステイ」はロングステイ財団の登録商標です。
http://www.longstay.or.jp/

☆セミナーやご相談は根拠の明示及び実証データをもとにご説明します。
お気軽にお問い合わせください。

★毎月資産運用・ライフプランのセミナーを開催しています。
宜しければご参加ください
http://www.officemyfp.com/seminerannai.htm

文責
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP(R)
宅地建物取引主任者
ロングステイ財団登録ロングステイ・アドバイザー
独立系顧問料制ファイナンシャル・アドバイザー 
吉 野 充 巨
独立系顧問料制アドバイザーの紹介
http://profile.allabout.co.jp/w/c-64005/
http://mbp-tokyo.com/officemyfp/column/12298/
http://www.officemyfp.com/komonryouseiadviser.html
http://www.officemyfp.com/komonryouseiadviser.html

この記事を書いたプロ

オフィス マイ エフ・ピー [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 吉野充巨

東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL:03-6447-7831

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス料金
150503オフィスマイエフピー

□ 初回面談時、30分は無料です。コンサルタントとしての吉野と、ご相談者のマッチング時間です。ご相談者が面談を継続されたのち下記の相談料が発生します。料...

サービス・商品

将来のの不安や心配事で悩んでいませんか?そのようなときこそ、お気軽にご相談ください。保険・投信・不動産の販売や仲介は行っていません。貴方のためのアドバイ...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャルプランナー・投資アドバイザー  吉野充巨さん

夢と希望に満ちたライフプランを実現する資産形成。FP&中立的な投資アドバイザー。(1/3)

 江戸時代から町人街、文化の中心地として栄え、現在でも日本を代表する商業の街である日本橋。この街に10年間事務所を構え、多くの人々の生涯の夢・目標を叶えているファイナンシャルプランナー(FP)が、吉野充巨さんです。投資助言・代理業に登録し、...

吉野充巨プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

FP+堅実な投資助言で人生設計~資産形成までトータルサポート

会社名 : オフィス マイ エフ・ピー
住所 : 東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL : 03-6447-7831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6447-7831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野充巨(よしのみちお)

オフィス マイ エフ・ピー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融庁が金融機関に手数料の明示、行動原則等を求めています

11月25日の日経新聞朝刊に、投資商品の手数料明示 金融機関に行動原則 金融庁案、顧客本位へ7項目 という記事が...

[ 金融庁金融レポート ]

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く?
イメージ

 株価概況 11月第4週世界の株価指数の多くは上昇に転じています。MSCIオールカントリー指数は1.38%の上...

[ 株価・国債利回り・商品価格週間騰落率 ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家の正しい投資戦略
イメージ

金融レポートで金融庁は個人投資家に 長期 積み立て 分散投資 長期、積み立て、分散投資を薦めています...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 ファンドラップ
イメージ

 ファンドラップ 次いでファンドラップにもダメ出しをしています。こちらはシンプルに通常の投資信託とファ...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 貯蓄性保険商品
イメージ

金融レポートには、たとえば米国と日本の投資信託にかかる費用比較が出ています。 投資信託費用日米比較  ...

[ 金融庁金融レポート ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ