コラム

 公開日: 2012-04-19  最終更新日: 2014-07-31

国内ロングステイの候補地として佐久市を紹介します

私は、ファイナンシャル・プランナーとして、お客様の「夢や希望」の実現をライフプランの作成と資産運用でサポートしています。その一環として、人生をより豊かに過ごすために、ロングステイ・アドバイザーの資格を得て、ライフ・プランの作成に生かしています。

従来、ライフプラン相談・作成の過程では「国内ロングステイ」をお勧めしていますが、具体的な地名と内容を添えたロングステイ先を紹介しておりませんでした。
今月、ロングステイ・アドバイザーを受験した、住宅ローン・アドバイザーでハウジングライフプランナーでもある福田英二氏とお会いし、総務省自立圏構想のあることを知り、その構想に取り組んでいる、長野県佐久市をロングステイ先の候補の一つとして、紹介してまいります。

下記は総務省ホームページ『自立圏構想』とは、に拠ります(2012.04.18抽出)

 我が国は、今後、総人口の減少及び少子化・高齢化の進行が見込まれています。今後は、三大都市圏でも人口減少が見込まれますが、特に地方においては、大幅な人口減少と急速な少子化・高齢化が見込まれています。
 このような状況を踏まえ、地方圏において安心して暮らせる地域を各地に形成し、地方圏から三大都市圏への人口流出を食い止めるとともに、三大都市圏の住民にもそれぞれのライフステージやライフスタイルに応じた居住の選択肢を提供し、地方圏への人の流れを創出することが求められています。
 市町村の主体的取組として、「中心市」の都市機能と「周辺市町村」の農林水産業、自然環境、歴史、文化など、それぞれの魅力を活用して、NPOや企業といった民間の担い手を含め、相互に役割分担し、連携・協力することにより、地域住民のいのちと暮らしを守るため圏域全体で必要な生活機能を確保し、地方圏への人口定住を促進する政策です。
 平成21年4月から全国展開し、現在、各地で取組が進んでいます。

総務省自立圏構想

平成24年2月10日現在、中心市宣言済みの市は73団体で、
内「定住自立圏共生ビジョン」策定済みの市は58団体です。
関東では、千葉県旭市、埼玉県本庄市・秩父市、栃木県伊勢崎市、国内ロングステイ先人気ベスト3県では、沖縄県は宮古市、北海道は稚内市、網走市、旭川市、小樽市、帯広市、釧路市、室蘭市、長野県は佐久市、上田市、飯田市です。

福田氏から資料の提供を得て、ロングステイ先の人気県でもあり比較的東京に近い長野県佐久市をロングステイ候補地として紹介させていただきます。

信州佐久市パンフレット表紙

なお、福田氏は、長野県佐久市の当該活動に関わっています。
私のHP、各サイトのコラムに掲載する資料については、福田氏を通じて佐久市の担当部署のご了解を得ています。【個人が特定できる情報は筆者の判断により掲載いたしません。】

ロングステイ財団の「ロングステイ」の定義は下記の5項目です。
・比較的長期にわたる滞在である。(海外2週間以上、国内1週間以上)
・「居住施設」を保有または賃借する。
・『余暇』を目的とする。
・「旅」よりも「生活」を目指す。
・生活資金の源泉は日本にある。

私は、海外ロングステイよりも、言語、生活習慣、コスト、医療等様々なリスクが相対的に低い、国内ロングステイを(二拠点居住)をお勧めしています。
・言葉のハードルが無い、
・生活基盤である社会的な諸制度が変わらない、
・治安が世界一良い、
・もしもの時にも親族などが近くにいる、
・不動産の保有・賃借の法律が変わらない、
・そして、亜寒帯から熱帯まで選べる。

ところで、
ロングステイ調査2009から、住みたい施設は下記のようになります。
60歳以上では、家具つきの賃貸がトップで、2位は公共の施設、3位はペンションなどになります。やはり「手間なしで住み替え」が可能、食事もご自分達では作らない形態に人気があるようです。
ご紹介するにあたって、ロングステイ財団の調査から「ロングステイ先を選んだ理由」の内10項目に照らして、どの様に良いのかを紹介します。
1.好きな地域
2.気候
3.環境が良い
4.風光明媚
5.温泉がある
6.名所・旧跡がある
7.利便性に優れている
8.本人または配偶者の出身地(この項目は除きます)
9.親戚・友人・知人がいる(この項目ものぞきます)
10.自分や家族の健康に良い
11.農業が出来る
12.漁業が出来る

明日から、上記の各条件・希望コク目に沿い「佐久市」紹介します。

佐久バルーンフェスティバル

総務省定住自立圏構想のページ
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/teizyu/index.html

「ロングステイ」はロングステイ財団の登録商標です。
ロングステイ財団のHP
http://www.longstay.or.jp/

☆セミナーやご相談は根拠の明示及び実証データをもとにご説明します。
お気軽にお問い合わせください。

★毎月資産運用・ライフプランのセミナーを開催しています。
宜しければご参加ください
http://www.officemyfp.com/seminerannai.htm

文責
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP(R)
宅地建物取引主任者
ロングステイ財団登録ロングステイ・アドバイザー
独立系顧問料制ファイナンシャル・アドバイザー 
吉 野 充 巨
独立系顧問料制アドバイザーの紹介
http://profile.allabout.co.jp/w/c-64005/
http://mbp-tokyo.com/officemyfp/column/12298/
http://www.officemyfp.com/komonryouseiadviser.html

この記事を書いたプロ

オフィス マイ エフ・ピー [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 吉野充巨

東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL:03-6447-7831

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス料金
150503オフィスマイエフピー

□ 初回面談時、30分は無料です。コンサルタントとしての吉野と、ご相談者のマッチング時間です。ご相談者が面談を継続されたのち下記の相談料が発生します。料...

サービス・商品

将来のの不安や心配事で悩んでいませんか?そのようなときこそ、お気軽にご相談ください。保険・投信・不動産の販売や仲介は行っていません。貴方のためのアドバイ...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャルプランナー・投資アドバイザー  吉野充巨さん

夢と希望に満ちたライフプランを実現する資産形成。FP&中立的な投資アドバイザー。(1/3)

 江戸時代から町人街、文化の中心地として栄え、現在でも日本を代表する商業の街である日本橋。この街に10年間事務所を構え、多くの人々の生涯の夢・目標を叶えているファイナンシャルプランナー(FP)が、吉野充巨さんです。投資助言・代理業に登録し、...

吉野充巨プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

FP+堅実な投資助言で人生設計~資産形成までトータルサポート

会社名 : オフィス マイ エフ・ピー
住所 : 東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL : 03-6447-7831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6447-7831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野充巨(よしのみちお)

オフィス マイ エフ・ピー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融庁が金融機関に手数料の明示、行動原則等を求めています

11月25日の日経新聞朝刊に、投資商品の手数料明示 金融機関に行動原則 金融庁案、顧客本位へ7項目 という記事が...

[ 金融庁金融レポート ]

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く?
イメージ

 株価概況 11月第4週世界の株価指数の多くは上昇に転じています。MSCIオールカントリー指数は1.38%の上...

[ 株価・国債利回り・商品価格週間騰落率 ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家の正しい投資戦略
イメージ

金融レポートで金融庁は個人投資家に 長期 積み立て 分散投資 長期、積み立て、分散投資を薦めています...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 ファンドラップ
イメージ

 ファンドラップ 次いでファンドラップにもダメ出しをしています。こちらはシンプルに通常の投資信託とファ...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 貯蓄性保険商品
イメージ

金融レポートには、たとえば米国と日本の投資信託にかかる費用比較が出ています。 投資信託費用日米比較  ...

[ 金融庁金融レポート ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ