コラム

 公開日: 2011-12-23  最終更新日: 2014-07-31

欧州債券急落で分る、リターン・リスクの重要性 金融商品の買い方

欧州債券のこのところの、欧米の債券を対象とする投資信託から資金が逃げています。例えば、外債ファンドの雄として有名なグローバル・ソブリン・オープン(グロソブ 毎月決算型)は、2008年8月のピーク時は純資産残高が約5兆7,000億円あったものが12月19日現在で1兆8,742億円迄減少しています。かつては運用資産の内ユーロ債券が約40%ありましたから、その影響もあり、基準価格の低下と投信の解約が続いた事によります。

また、毎月分配型はファンドの一定額の分配は、運用益があればそれが原資に為りますが、運用益が無ければ、元本から分配金が出ます。このことが漸くにして知られるようになり、解約された方もいらっしゃると思います。

この間、外債ファンドで大きな損失を出した方も大勢いらっしゃると思います。

過去のこのタイプの投信の個人投資家の購入時シーンを考えますと、窓口では、毎月分配金が入りますから、年金代わりに為ります、欧米の高い格付けの国債等を組み入れていますから安心です、等と薦められたのではないでしょうか。また、今この商品が売れています。という進め文句もありました。

これらは、販売トークですから、耳に良い情報に為っています。しかし、投資家として本来確認すべきことをしていない事に為ります。

1番重要なポイントは、
売れているもの=人気がある商品は、その時点では価格が高い投信です。投資では価格が高くなっていることは、メリットではなくデメリットです。購入した後にどれだけ価格上昇が見込めるのかが、購入すべきポイントです。概ね人気が出る前に買った方が儲けて、人気が出た時に購入した方は損を抱える事が多いのです。

営業・販売窓口で、売れているからといわれたら、手を出さないようにしましょう。高値で購入しないための原則です。

先進国の国際といえども、デフォルトリスクはゼロではありませんが、その事を心配するよりも、為替リスクが重要なポイントに為ります。
ここで、必要な知識は、金利平価説です。これは、金利の差は長期的には為替で調整されるという設です。日本より高い金利が着いている≠日本より儲かるという原則です。長期的には、日本と同じ金利分が儲かるというのが、金利平価説です。
日本の実質金利=外国の実質金利±為替調整
に為ります。短期的な売買で儲かることはありますが、長期的では概ね上記式が当て嵌まります。(為替を管理している国の通貨は除外して下さい)




なお、為替は両国のインフレ率に差でも決まります。これは購買力平価説と言います。
簡単にいえば、同じ商品は何処で購入しても同じ価格のはず、というものです。
A国通貨の価格=ある商品=B国通貨の価格です。
このある商品を、マクドナルドのビッグマックとした際に、算出されるのが、ビックマック指数です。



ビッグマック指数でみる現在の円ドルレート
http://mbp-tokyo.com/officemyfp/column/9027/

分配金は利益ではありません。本来の分配金は利益から出るのですが、余程低額でなければ、毎月一定額を分配金として支払うことは、長期的には困難です。運用には利益が出る時もあれば損失が出る時期もあります。常に利益を出し続けることはありません。
このため、分配金を一定額保障しますと、損失が出た場合には過去の利益から支払うか、それができなければ元金から分配金を出すことに為ります。
従って、そのファンドの成績は、あくまで、購入時の基準価格-評価時の基準価格+分配金受け取り額-手数料等のコスト≒評価損失です。

販売サイドは情報を沢山持っています。その知識を惜しみなくお客様に与える事が必要です。先進国の債券を購入する際に、為替リスクがあります、信用リスクがありますとだけ説明するのではなく、この商品を購入すると、期待リターン(単年度の期待する平均的な収益率)はa%で、リスク(ぶれる幅は、標準偏差)b%ですので、
例えば、期待リーンが2.6%でリスクは11.1%の場合
単年度の運用成績の95%は、コスト抜きで-19.6%~+24.8%の範囲に入ると予想されます。
と教えれば、悪くすると20%損することがあると解りますし、運が良ければ約23%程度儲かる時もあると解ります。
この最悪の成績が2年続くと36%の損失が出てしまうことに為ります。

上記のリターン・リスクは先進国債券で十分に分散された外貨建て外債投資信託のリターン。リスクの一例です。新興国の債券を対象とするファンドのブレ幅は、これ以上で有ることが解ります。

資産運用セミナーや相談は根拠や実証するデータを使って行います。宜しければお気軽に、お問い合わせください。

毎月資産運用セミナーを開催しています。
http://www.officemyfp.com/seminerannai.htm

2012年 1月 14日 土曜 9:30~12:30のセミナーは
「投資の基礎知識 & 指数とETFによるポートフォリオ作り」
を予定しています。

文責
ファイナンシャル・プランナー
独立系顧問料制アドバイザー 吉 野 充 巨

『このコラム又は回答は、投資判断の参考となります情報の提供を目的としたものであり、有価証券の取引その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。
投資による損益はすべてご相談者及び読者ご自身に帰属いたします。
投資にあたりましては正規の目論見書、説明書等をご覧いただいたうえで、読者ご自身での最終的なご判断をお願いいたします。
本コラムは、信頼できると判断した情報に基づき筆者が作成していますが、その情報の正確性若しくは信頼性について保証するものではありません。』

急落に観るリターン・リスク管理の重要性

この記事を書いたプロ

オフィス マイ エフ・ピー [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 吉野充巨

東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL:03-6447-7831

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス料金
150503オフィスマイエフピー

□ 初回面談時、30分は無料です。コンサルタントとしての吉野と、ご相談者のマッチング時間です。ご相談者が面談を継続されたのち下記の相談料が発生します。料...

サービス・商品

将来のの不安や心配事で悩んでいませんか?そのようなときこそ、お気軽にご相談ください。保険・投信・不動産の販売や仲介は行っていません。貴方のためのアドバイ...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャルプランナー・投資アドバイザー  吉野充巨さん

夢と希望に満ちたライフプランを実現する資産形成。FP&中立的な投資アドバイザー。(1/3)

 江戸時代から町人街、文化の中心地として栄え、現在でも日本を代表する商業の街である日本橋。この街に10年間事務所を構え、多くの人々の生涯の夢・目標を叶えているファイナンシャルプランナー(FP)が、吉野充巨さんです。投資助言・代理業に登録し、...

吉野充巨プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

FP+堅実な投資助言で人生設計~資産形成までトータルサポート

会社名 : オフィス マイ エフ・ピー
住所 : 東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL : 03-6447-7831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6447-7831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野充巨(よしのみちお)

オフィス マイ エフ・ピー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融庁が金融機関に手数料の明示、行動原則等を求めています

11月25日の日経新聞朝刊に、投資商品の手数料明示 金融機関に行動原則 金融庁案、顧客本位へ7項目 という記事が...

[ 金融庁金融レポート ]

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く?
イメージ

 株価概況 11月第4週世界の株価指数の多くは上昇に転じています。MSCIオールカントリー指数は1.38%の上...

[ 株価・国債利回り・商品価格週間騰落率 ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家の正しい投資戦略
イメージ

金融レポートで金融庁は個人投資家に 長期 積み立て 分散投資 長期、積み立て、分散投資を薦めています...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 ファンドラップ
イメージ

 ファンドラップ 次いでファンドラップにもダメ出しをしています。こちらはシンプルに通常の投資信託とファ...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 貯蓄性保険商品
イメージ

金融レポートには、たとえば米国と日本の投資信託にかかる費用比較が出ています。 投資信託費用日米比較  ...

[ 金融庁金融レポート ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ