コラム

 公開日: 2011-11-14  最終更新日: 2014-07-31

バヌアツ共和国 火山と美しい海 多様なアクティビティー

太平洋の国々を紹介する最後は、バヌアツ共和国です、日本では名前が知られていない国の一つかと思います。

緑濃い島、エメラルドブルーの海、優しい人々は南太平洋観光局の下記ページで確認出来ます。
http://www.south-pacific.travel/spto/cms/japanese/destinations/vanuatu/gallery.shtml

正式国名は バヌアツ共和国 ( Republic of Vanuatu ) で、陸地面積は新潟県とほぼ同じ、12,190平方㎞、人口は239,788人(2009年 世界銀行)で首都はポート・ヴィラ( Port Villa )です。

民族は メラネシア系(93%)、その他中国系、ベトナム系及び英仏人が居住しています。言語は公用語としてビシュラマ語(ピジン英語)、英語、仏語があります。宗教はおもにキリスト教で(プレスビタリアン、ローマ・カトリック、アングリカン、セブンス・デイ・アドベンティスト等)です。

政体は、大統領を元首とする共和制で、現在の元首はイオル・アビル(Iolu Abil)大統領(2009年9月就任)です。行政の実権は首相に在ります。

通貨はバツ(Vatu)で、バツはバヌアツの古語で石の意味です。

バヌアツ共和国は、オーストラリアのケアンズの東約1,800kmに位置し、80余りの島が南北約1,200kmに渡って、比較的大きな13の島と70余りの小さな島がY字の形に連なっています。80おまりの内人が住んでいるのは12島で、最大の島はサント島、次いでマレクラ島、首都ポート・ビラのあるエファテ島、エロマンゴ島の順です。

バヌアツは、日本と同じく環太平洋火山帯に属し、現在も9つの火山が活動中で、そのうち2つは海底火山です。



バヌアツの気候は、何部が亜熱帯、北部が熱帯気候に属し、11月から4月迄の夏季(雨季)は高温多湿で、6月から9月の冬季(乾季)は乾燥した比較的涼しい晴天が続き、熱帯に属する島では年間降雨量が4,000mmを超えます。

首都ポート・ビラは1月から4月に雨が多く、特に3月は300mmを超えます。最も少ないのは8月で平均80mmほどです。

バヌアツへのアクセスは
日本からバヌアツへの直行便は在りません。ニュー・カレドニアのヌメア、オーストラリアのシドニー、ブリスベン、フィジーのナンディ、ニュージーランドのオークランド経由で首都ポート・ビラに入ります。

入国と滞在は
日本人は30日以内の滞在なら商用、慣行を問わずビザは不要です。ポート・ヴィラまたはルーガンヴィルの出入国管理事務所に申請すれば最大4ヶ月まで延長が認められます。ただし、パスポートはバヌアツ到着時に6ヶ月の有効期間が必要で、帰りの航空券の所持も必要です。
両替は空港や市内の銀行、主要ホテルも両替所で可能で、日本円からも両替出来ます。

衛生状況と健康管理、
まだマラリアは根絶されていません。天狗熱も時に流行が報告されています。下記のホームページで注意事項を確認して、必要な携行品をご準備ください。
外務省 在外公館医務官情報 世界各国の医療に関する情報のページです
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/

アクティビティーは
バヌアツ観光の中心は、伝統的な文化や生活様式、ダンス等を見聞・体験し、現地の人々と交流することとコバルトブルーの海を舞台に各種レジャーやマリン・スポーツを満喫することにあります。
数多くのバラエティーに富んだツアーが企画され、老若男女を問わず無理なく楽しめます。




バヌアツの海の世界は、その抜群の透明度、暖かい海水、ダイブサイトへの近さと同時にその考えられないほどの多様性に在ります。
また、クルーズ、ヨットのチャーター出セイリングを楽しむこともでき、複数のクルーズでは、観光、スイミング、シュノーケリング、ダイビング、ピクニックと洞窟探検などが楽しめます。エビ島ではジュゴンに会えるツアーも在ります。




首都ポート・ヴィラ(美しい港町)とその周辺には、4つの高級リゾートホテルを始めとして上級ホテルからバックパッカー用宿泊所までバラエティーに富んでいます。主要なリゾート・ホテルでは、若返りとリラックスのためのディ・スパが体験できます。フェイシアル、マニュキア、ペディキュア、ボディー・スクラップ、ワクシング用のアロマセラーとエッセンシャル・オイルの数多いセレクションとマッサージの高度なテクニックを駆使したナチュラル・パッケージは男性、女性もたのしめます。

今回、14回わたり、様々な国をご紹介しましたが、アクティビティーのバラエティーと、ツアーなどの催行では図抜けた国の一つかと考えます。ぜひ、様々な機会に情報を手に入れて頂ければと思います。今回PICから入手したガイドブックの内容を紹介するだけでも、それらを書き出すと、何ページに為るか解らぬほど、行きたいところだらけです。

駐日バヌアツ大使館は置いていませんが、名誉総領事館があります。
Honorary Consulate of the Republic of Vanuatu in Tokyo
住所:〒181-0002 東京都三鷹市牟礼4-22-36
電話:0422-70-5855

バヌアツ共和国の基本情報を知るには外務省の下記ページを参照ください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/vanuatu/

外務省 海外安全情報のページ 
海外に出る前には事前にこのページで情報を得るようお願いします。
http://www.anzen.mofa.go.jp/

外務省 在外公館医務官情報 世界各国の医療に関する情報のページです
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/

日本語の南太平洋観光局ホームページは
http://www.south-pacific.travel/spto/cms/japanese/destinations/kiribati/

太平洋諸島センターPICのホームページは下記
http://www.pic.or.jp/

記事や使用した写真は 太平洋諸国センターの冊子からスキャンしています、掲載はセンターの許可を得ています。

文責
登録ロングステイアドバイザー&登録講師
LONGSTAY(ロングステイ)はロングステイ財団の登録商標です
ファイナンシャル・プランナー
日本FP協会認定 CFP® 吉野充巨

この記事を書いたプロ

オフィス マイ エフ・ピー [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 吉野充巨

東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL:03-6447-7831

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス料金
150503オフィスマイエフピー

□ 初回面談時、30分は無料です。コンサルタントとしての吉野と、ご相談者のマッチング時間です。ご相談者が面談を継続されたのち下記の相談料が発生します。料...

サービス・商品

将来のの不安や心配事で悩んでいませんか?そのようなときこそ、お気軽にご相談ください。保険・投信・不動産の販売や仲介は行っていません。貴方のためのアドバイ...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャルプランナー・投資アドバイザー  吉野充巨さん

夢と希望に満ちたライフプランを実現する資産形成。FP&中立的な投資アドバイザー。(1/3)

 江戸時代から町人街、文化の中心地として栄え、現在でも日本を代表する商業の街である日本橋。この街に10年間事務所を構え、多くの人々の生涯の夢・目標を叶えているファイナンシャルプランナー(FP)が、吉野充巨さんです。投資助言・代理業に登録し、...

吉野充巨プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

FP+堅実な投資助言で人生設計~資産形成までトータルサポート

会社名 : オフィス マイ エフ・ピー
住所 : 東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL : 03-6447-7831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6447-7831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野充巨(よしのみちお)

オフィス マイ エフ・ピー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融庁が金融機関に手数料の明示、行動原則等を求めています

11月25日の日経新聞朝刊に、投資商品の手数料明示 金融機関に行動原則 金融庁案、顧客本位へ7項目 という記事が...

[ 金融庁金融レポート ]

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く?
イメージ

 株価概況 11月第4週世界の株価指数の多くは上昇に転じています。MSCIオールカントリー指数は1.38%の上...

[ 株価・国債利回り・商品価格週間騰落率 ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家の正しい投資戦略
イメージ

金融レポートで金融庁は個人投資家に 長期 積み立て 分散投資 長期、積み立て、分散投資を薦めています...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 ファンドラップ
イメージ

 ファンドラップ 次いでファンドラップにもダメ出しをしています。こちらはシンプルに通常の投資信託とファ...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 貯蓄性保険商品
イメージ

金融レポートには、たとえば米国と日本の投資信託にかかる費用比較が出ています。 投資信託費用日米比較  ...

[ 金融庁金融レポート ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ