コラム

 公開日: 2011-11-12  最終更新日: 2014-07-31

ツバル もっともポリネシアさが残る神様の国

今回は、地球温暖化で国土が脅かされている国ツバルをご紹介します。

TVなどの報道でご存じの方も多いと思いますが、ツバルは地球温暖化の影響で、海面が上がりますと、国土が海没するリスクにさらされています。




正式国名ツバル(Tuvalu)は、9つの環礁島からなるポリネシアの国で、首都のあるフナフティ環礁島は赤道の南1,000km、フィジーの北1,100kmに位置しています。ツバルはツバル後手8つの集団という意味で、昔から居住者のいなかった最南端のニウラキタ島を除いて国名が決められました。9つの集団であったならツイバ(Tuiva)になったかもしれません。

ツバルは世界で最も小さな国の一つで陸地面積は25.9k㎡(新島とほぼ同じ広さ)で、2006年太平洋共同体事務局によれは9,652人でした。平和で経済に追い回されない素朴な国です。観光客も年間1,000人程度ですので、訪れると煩わしい現実から逃れることができる場所です。
その人々と美しい自然は、南太平洋観光局の下記ページで確認できます。
http://www.south-pacific.travel/spto/cms/japanese/destinations/tuvalu/gallery.shtml

首都はフナフティで国の人口の約半数が暮らしています。民族はポリネシア系96%、その他若干のミクロネシア系の人が住みます。主要言語はツバル語と英語で、宗教はキリスト教(プロテスタント)です。
政体は立憲君主制で、元首は英国王エリザベスⅡ世で、通貨はオーストラリア・ドル
です。



気温は年間を通じて28℃~31℃ほどの暖かさです。雨季は11月から4月。5月から10月は東南からの貿易風がなびきます 降水量は多、フナフティでは年間約3,000mmで、短期間に激しく降る雨季と乾季の差はさほど極端ではありません。

入国と滞在
パスポートは、入国時から滞在日数に3か月を加えた有効期間が必要です。ビザは、げんそくとして到着時に30日間の滞在許可が与えられます。日本からの旅行者は、在日ツバル名誉領事館でビザを取得していく必要があります、入国時に、出国の航空券の提示が求められます。現地には観光客のための観光案内所がありません。観光のための情報は
Ministry of Finance , Economic Planning & Industries
Head Office:
Address: Private Mail Bag, Vaiaku, Funafuti, Tuvalu
Tel: (688) 20 184 or 20 408
Fax: (688) 20 829
E-mail: lleneuoti@yahoo.com
にお問い合わせください。

ツバルは日本に大使館を置いていませんが、ツバル国名誉総領事館があります。ホームページは
http://www.embassy-avenue.jp/tuvalu/index-j.html
住所は下記です
〒105-0004
東京都港区新橋5-13-5
Tel (03) 5425-1933
Fax (03) 5425-1935

アクセスは
フィジーのスバ経由で行くのが一般的です。フィジー航空がスバとフナフティの間を週2便運航しています(要事前確認)。

アクティビティーは
旅行者各個人の好みに合った観光やアクティビティーを計画することが出来ます。宿泊するホテルやゲストハウスにボート等の手配を依頼することが可能です

Funafuty Conservation Areaはフナフティ環礁の西側にある海洋資源保護エリアで広さは33k㎡で6つのコジマが含まれます、シュノーケル等により、サンゴ礁やカラフルな熱帯魚が楽しめます。




ホテルとゲストハウスがあります。ホテルは政府が経営するバイアク・ランギ・ホテル(Vaiaku Lagi Hotel) だけで、その他にゲストハウスが数件あるだけです。エアコン、シャワー・ルーム、冷蔵庫等一応の設備がそろっているのはホテルだけです。

日本の在ツバル日本大使館は無く、在フィジー日本大使館がツバルを兼轄しています。
http://www.fj.emb-japan.go.jp/JapaneseVersion/index_j.html

外務省 海外安全情報のページ 
海外に出る前には事前にこのページで情報を得るようお願いします。
http://www.anzen.mofa.go.jp/

外務省 在外公館医務官情報 世界各国の医療に関する情報のページです
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/

ツバルの政府観光局は南太平洋ホームページは
http://www.south-pacific.travel/spto/cms/japanese/destinations/tuvalu/index.html

太平洋諸島センターPICのホームページは下記
http://www.pic.or.jp/

記事や使用した写真は 太平洋諸国センターの冊子からスキャンしています、掲載はセンターの許可を得ています。

文責
登録ロングステイアドバイザー&登録講師
LONGSTAY(ロングステイ)はロングステイ財団の登録商標です
ファイナンシャル・プランナー
日本FP協会認定 CFP® 吉野充巨

この記事を書いたプロ

オフィス マイ エフ・ピー [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 吉野充巨

東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL:03-6447-7831

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス料金
150503オフィスマイエフピー

□ 初回面談時、30分は無料です。コンサルタントとしての吉野と、ご相談者のマッチング時間です。ご相談者が面談を継続されたのち下記の相談料が発生します。料...

サービス・商品

将来のの不安や心配事で悩んでいませんか?そのようなときこそ、お気軽にご相談ください。保険・投信・不動産の販売や仲介は行っていません。貴方のためのアドバイ...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャルプランナー・投資アドバイザー  吉野充巨さん

夢と希望に満ちたライフプランを実現する資産形成。FP&中立的な投資アドバイザー。(1/3)

 江戸時代から町人街、文化の中心地として栄え、現在でも日本を代表する商業の街である日本橋。この街に10年間事務所を構え、多くの人々の生涯の夢・目標を叶えているファイナンシャルプランナー(FP)が、吉野充巨さんです。投資助言・代理業に登録し、...

吉野充巨プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

FP+堅実な投資助言で人生設計~資産形成までトータルサポート

会社名 : オフィス マイ エフ・ピー
住所 : 東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL : 03-6447-7831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6447-7831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野充巨(よしのみちお)

オフィス マイ エフ・ピー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融庁が金融機関に手数料の明示、行動原則等を求めています

11月25日の日経新聞朝刊に、投資商品の手数料明示 金融機関に行動原則 金融庁案、顧客本位へ7項目 という記事が...

[ 金融庁金融レポート ]

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く?
イメージ

 株価概況 11月第4週世界の株価指数の多くは上昇に転じています。MSCIオールカントリー指数は1.38%の上...

[ 株価・国債利回り・商品価格週間騰落率 ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家の正しい投資戦略
イメージ

金融レポートで金融庁は個人投資家に 長期 積み立て 分散投資 長期、積み立て、分散投資を薦めています...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 ファンドラップ
イメージ

 ファンドラップ 次いでファンドラップにもダメ出しをしています。こちらはシンプルに通常の投資信託とファ...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 貯蓄性保険商品
イメージ

金融レポートには、たとえば米国と日本の投資信託にかかる費用比較が出ています。 投資信託費用日米比較  ...

[ 金融庁金融レポート ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ