コラム

 公開日: 2011-11-09  最終更新日: 2014-07-31

ニウエ ポリネシアの岩と呼ばれる、南太平洋の孤島の国


正式国名ニウエは南太平洋の日付変更線の西の端に位置する、徳之島とほぼ同じ面積の259k㎡のとても小さな国(孤島)です。
日本はニウエを国家として承認していませんので外交関係は在りません。

人口は、1,591人(2006年、太平洋共同体事務局)でニュージーランドとの自由連合を結んでいます。

首都はアロフィ、民族はポリネシア系のニウエ人が90%、主要言語はニウエ語、英語、宗教はキリスト教75%、モルモン教10%とその他。
政体は立憲君主国で英連邦エリザベス女王が元首で、通貨はニュージーランドドルです。

その海に浮かぶきれいな国の姿は、南太平洋観光局の写真でしばしお楽しみください。
http://www.south-pacific.travel/spto/cms/japanese/destinations/niue/gallery.shtml

エメラルドブルーの海、緑濃い森が美しい島です。

ロングステイ先としてよりも、ニュージーランドのロングステイをしている間に、一度訪ねてみるのが宜しいかと思います。

アクセスはオークランドからは3時間半のフライトでハナン国際空港にて入国します。日付変更線を越えます。便は少ないので、事前に調べておきましょう。ガイドブックには週1便が記載されていますので、一泊旅行は一週間の滞在に成ります。

入国はハナン国際空港のターミナルで入国審査と税関検査を受けます。
出国用航空券と滞在費を所持していれば30日以内の慣行にはビザが不要です。空港では両替が出来ませんので、現金はオークランドでNZドルに交換して飛行機に搭乗ください。ニウエからの出国時には30NZ$の出国税が必要です。

空港からは、ホテルの送迎車がタクシーを利用します。殆どのホテルは飛行機の発着に合わせてシャトルを出しています。

太古のサンゴ礁が隆起してできたニウエ島は世界最大の珊瑚礁の島で全体が2層に成っていて、下の層は平均20mほどの高さで、その上の層は一番高い処で65mほどあります。島には多くの洞窟や小さな渓谷は在りますが、山や湖、川と呼ばれるものは在りません。雨が降るとそのまま島の内部に吸い込まれ、石灰岩がフィルターとなって海にしみ出ますから、海は透明度が高く70m先まで見通すことが出来ます。




島は一周67kmの小さな島で、極めて少ないタクシー以外に交通機関は在りません。
自動車又はオートバイをレンタルすることをお勧めします。運転するにはニウエ警察署にNZ$10を支払許可証の発給を受ければ、レンタカーが借りられます。ホテルにてご相談くだ






アクティビティーは
ダイビングとシュノーケリング
前述の理由で透明度の高い海で、特に4月から11月の乾季には視界が40m以下に為る事は無く、時には50~70mに及ぶことがあると紹介されています。

フィッシングはマカジキ、バショウカジキ、ジャイアント・トレバリ(Giant Trevalli)、イソマグロ、シイラ、ハガツオ、カツオ、アジ類などが、岸から数メートル離れたところからでも、生餌、ルアーなどで釣ることが出来ます。また船をチャーターすることもできます。詳細はニウエ観光局で入手できます。
サイクリング
車の少ないニウエはサイクリングには最適の環境です、舗装路と凹凸の姉未舗装路が入り混じってていますが、洞窟ツアーを楽しみながら島めぐりもスローライフスタイルでお勧めです(一週間単位の滞在です)

ドルフィン&クジラのウォッチング
世界中でにうえほどクジラとイルカのウォッチングに適している処は無いと言われています。特にアバテレ(Avatele)やタマカウトガ(Tamakautoga)の周辺の湾では、推進が深いため6月から10月にかけ、岸から50メートルほどの処で見られます。また、一緒に泳ぐことも可能です。





日本外務省 ニウエのページ)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/palau/data.html

ニウエの観光局は南太平洋観光局が担っています。
http://www.south-pacific.travel/japanese/


外務省 海外安全情報のページ 
海外に出る前には事前にこのページで情報を得るようお願いします。
http://www.anzen.mofa.go.jp/

外務省 在外公館医務官情報 世界各国の医療に関する情報のページです
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/

太平洋諸島センターPICのホームページは下記
http://www.pic.or.jp/

使用した写真は 太平洋諸国センターの冊子からスキャンしています、掲載はセンターの許可を得ています。

文責
登録ロングステイアドバイザー&登録講師
ファイナンシャル・プランナー
日本FP協会認定 CFP® 吉野充巨

この記事を書いたプロ

オフィス マイ エフ・ピー [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 吉野充巨

東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL:03-6447-7831

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス料金
150503オフィスマイエフピー

□ 初回面談時、30分は無料です。コンサルタントとしての吉野と、ご相談者のマッチング時間です。ご相談者が面談を継続されたのち下記の相談料が発生します。料...

サービス・商品

将来のの不安や心配事で悩んでいませんか?そのようなときこそ、お気軽にご相談ください。保険・投信・不動産の販売や仲介は行っていません。貴方のためのアドバイ...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャルプランナー・投資アドバイザー  吉野充巨さん

夢と希望に満ちたライフプランを実現する資産形成。FP&中立的な投資アドバイザー。(1/3)

 江戸時代から町人街、文化の中心地として栄え、現在でも日本を代表する商業の街である日本橋。この街に10年間事務所を構え、多くの人々の生涯の夢・目標を叶えているファイナンシャルプランナー(FP)が、吉野充巨さんです。投資助言・代理業に登録し、...

吉野充巨プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

FP+堅実な投資助言で人生設計~資産形成までトータルサポート

会社名 : オフィス マイ エフ・ピー
住所 : 東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL : 03-6447-7831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6447-7831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野充巨(よしのみちお)

オフィス マイ エフ・ピー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融庁が金融機関に手数料の明示、行動原則等を求めています

11月25日の日経新聞朝刊に、投資商品の手数料明示 金融機関に行動原則 金融庁案、顧客本位へ7項目 という記事が...

[ 金融庁金融レポート ]

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く?
イメージ

 株価概況 11月第4週世界の株価指数の多くは上昇に転じています。MSCIオールカントリー指数は1.38%の上...

[ 株価・国債利回り・商品価格週間騰落率 ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家の正しい投資戦略
イメージ

金融レポートで金融庁は個人投資家に 長期 積み立て 分散投資 長期、積み立て、分散投資を薦めています...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 ファンドラップ
イメージ

 ファンドラップ 次いでファンドラップにもダメ出しをしています。こちらはシンプルに通常の投資信託とファ...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 貯蓄性保険商品
イメージ

金融レポートには、たとえば米国と日本の投資信託にかかる費用比較が出ています。 投資信託費用日米比較  ...

[ 金融庁金融レポート ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ