コラム

 公開日: 2011-10-13  最終更新日: 2014-07-31

ロングステイ エストニア バルト海の奥にある国

2011年9月30日~10月2日にJATA(日本旅行業協会)主催 JATA国際フォーラム・旅博が開催されました。ロングステイアドバイザーである私も数年ぶりに訪れました。旅博を訪れて感じたのは、アジアの国々の観光客・投資家への意気込みと熱気です。一方ひっそりと展示している国々もあり、それらの国を応援したいとの気持ちから、数回に分けて余り知られていない国々をご紹介したいと思います。

まず、最初にご紹介したい国は、エストニアです。
エストニアはバルト海の奥、バルト3国の一番北方の国です。お隣はロシアです。




その歴史は
エストニアは、東方から到来した東スラブ人と混血し、ヴァイキングの週来によるノルマン人との混血等により、10世紀にはエストニア民族が成立しています。13世紀に入り、ドイツ騎士団がバルト海に進出して、デンマーク王国の協力を得て、エストニアを占領、キリスト強化しました。デンマークの支配のもとタリン(現在の首都)はハンザ同盟に加盟し海上交易で栄えました。タリンとは、でーン人の年という意味です。
その後はバルト海の要衝としてポーランド王国、スウェーデン王国、の支配を受け、1560年代~1711年はバルト帝国時代で1561年にエストリア公国が建国されました。172年の菜スタット条約でバルト三国は解体、最終大北方戦争の結果1712年にロシア帝国がエストニアを獲得しました。 ここまでは、高校で世界史を取った方には、わくわくするような時代と固有名詞と思います。
1917年のロシア革命に際し独立を宣言国際社会も第一次世界大戦後に独立を承認しましたが、第二次世界大戦中1940年6月、エストニア共和国はソ連によって占領されました。その後、スターリン体制のもと国の指導層が、弾圧抑留等恐怖による支配が続き、漸く1991年に独立を果たしました。ソ連占領時代の悲しく悲惨な歴史はウィキペディアで確認ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2
現在のエストニアは1991年の独立ですから、独立から20年という若い国ですが、ハンザ同盟時代の遺跡が残る古い時代が感じられる、静かな国です。

人口は134万人、首都のタリンに40万人が暮らしています。
エストニアの首都タリンは、バルト海のフィンランド湾に臨む港町であり、中世ハンザ都市の雰囲気をそのまま残し、多くの観光客を魅了している。写真で見ると高台から港に向かい赤い屋根が続き、中世の都市に迷い込んだような雰囲気に浸れます。なにしろ市役所は、2004年に600周年を祝ったほどですから、見所が沢山あります。




現在のエストニアは、国際的な活動をしている国です。
皆様もご存じの「スカイプ」はエストニアの平凡な男性の発明です。これて解るようにエストニアは革新的なインターネットをベースとしたインフラ開発が進んでいる世界有数の電子国家でもあります。国家プロジェクト「タイ―・リーブ」が切っ掛けとなり爆発的に増加した電子メディアの開発と普及により、コンピューター依存型の楽園となっています。旅行者はエストニアでの滞在生活を簡単にするための電子筋肉が、インターネットです。旅行者はWeb上の正確な情報を基に旅行が実行できます。




大使からのHPで、美しい都市、郊外の景色を見る事が出来ます。
エストニア大使館ホームページ
http://www.estemb.or.jp/jp

面積は45,227平方キロメーターで日本の約8分の1の大きさです。
公用語はエストニア語
2004年に、北大西洋条約機構(NATO)と欧州連合(EUに加盟していますので、通貨はユーロ(EUR)です。
ただ、現地での支払いは、主にデビッドカードやクレジットカードが主に使用されていて、現金を使用する期間は限られています。通常クレジットカードの暗証番号が求められます。

時差は日本時間より-7時間(サマータイムが有り、実施時は-6時間)です。
電圧は220ボルトで、プラグ:Cタイプ(二つの丸いピンが付いたヨーロッパタイプ) 訪問時はご用意をお願いします。

旅券は、1999年12月1日から、エストニアと日本の間は、一般旅券に対する査証免除措置が実施されています。エストニア訪問の目的にかかわらず、日本国発行のパスポートをお持ちの方は、エストニアに入国し、6ヶ月の期間の間で90日間以内滞在する場合には、査証の取得は不要です。90日間を超えて滞在する方は、レジデンスパーミットあるいはD-type Schengenビザが必要です。
注. エストニアはSchengen協定加盟国です。複数のSchengen加盟国を訪問する場合、無査証滞在の期間規定(6ヶ月の期間の間に90日以内)は、最初の加盟国への入国日から関係してきますのでお気をつけください。旅券の残存期間:無査証滞在の終了時から3ヶ月。
旅券の未使用査証欄:連続3ページ以上

日本との関わり
エストニアのサク市と長野県佐久市は、平成10年より相互に交流を続けており、平成19年には友好都市協定を結んでいます。詳しくはこちら(長野県佐久市関連ページ)をご覧ください。

これからの訪問には、冬の厳しさを味わうことに成りますが、今年のイベントとして、

NYYDフェスティバル:交響楽に特化したイベント2011年10月21-28日
2011年に開催される新しい国際的な音楽イベント、NYYDフェスティバルでは、ジェームス・マクミラン率いるBBC交響楽団による演奏がおこなわれる。有望な作曲家や指揮者たちも自らの作品の演奏を聴くことにより今後の創作活動によい影響を与えられるであろう

クリスマスマーケット 11月末から1月初旬まで
タリンのクリスマスマーケットは旧市庁舎広場で毎年開催され、ヨーロッパで人気の高い。クリスマスマーケットのひとつです。

エストニア大使館ホームページ

http://www.estemb.or.jp/jp

エストニア政府 観光局ホームページ
英語のページですが、写真がきれいです。

http://www.visitestonia.com/en/about-estonia


在エストニア日本大使館
http://www.ee.emb-japan.go.jp/jp/index.html

参考とした資料は
エストニア大使館HP、ウィキペデア、在エストニア日本大使館HP、旅博で入手した「タリン」『Tallinn デザインマップ』「エストニア人を表す特徴」です。

文責
登録ロングステイアドバイザー&登録講師
ファイナンシャル・プランナー
日本FP協会認定 CFP® 吉野充巨

この記事を書いたプロ

オフィス マイ エフ・ピー [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 吉野充巨

東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL:03-6447-7831

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス料金
150503オフィスマイエフピー

□ 初回面談時、30分は無料です。コンサルタントとしての吉野と、ご相談者のマッチング時間です。ご相談者が面談を継続されたのち下記の相談料が発生します。料...

サービス・商品

将来のの不安や心配事で悩んでいませんか?そのようなときこそ、お気軽にご相談ください。保険・投信・不動産の販売や仲介は行っていません。貴方のためのアドバイ...

 
このプロの紹介記事
ファイナンシャルプランナー・投資アドバイザー  吉野充巨さん

夢と希望に満ちたライフプランを実現する資産形成。FP&中立的な投資アドバイザー。(1/3)

 江戸時代から町人街、文化の中心地として栄え、現在でも日本を代表する商業の街である日本橋。この街に10年間事務所を構え、多くの人々の生涯の夢・目標を叶えているファイナンシャルプランナー(FP)が、吉野充巨さんです。投資助言・代理業に登録し、...

吉野充巨プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

FP+堅実な投資助言で人生設計~資産形成までトータルサポート

会社名 : オフィス マイ エフ・ピー
住所 : 東京都中央区日本橋1-6-7 日本橋関谷ビル4F [地図]
TEL : 03-6447-7831

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6447-7831

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野充巨(よしのみちお)

オフィス マイ エフ・ピー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融庁が金融機関に手数料の明示、行動原則等を求めています

11月25日の日経新聞朝刊に、投資商品の手数料明示 金融機関に行動原則 金融庁案、顧客本位へ7項目 という記事が...

[ 金融庁金融レポート ]

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く?
イメージ

 株価概況 11月第4週世界の株価指数の多くは上昇に転じています。MSCIオールカントリー指数は1.38%の上...

[ 株価・国債利回り・商品価格週間騰落率 ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家の正しい投資戦略
イメージ

金融レポートで金融庁は個人投資家に 長期 積み立て 分散投資 長期、積み立て、分散投資を薦めています...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 ファンドラップ
イメージ

 ファンドラップ 次いでファンドラップにもダメ出しをしています。こちらはシンプルに通常の投資信託とファ...

[ 金融庁金融レポート ]

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品 貯蓄性保険商品
イメージ

金融レポートには、たとえば米国と日本の投資信託にかかる費用比較が出ています。 投資信託費用日米比較  ...

[ 金融庁金融レポート ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ