>   >   >   >   >   >  終活~相続に関する問題

コラム一覧 :終活~相続に関する問題

1件~15件(138件)

過去の15件

いよいよ始まる基礎控除枠縮小後の相続税税務調査

 【今日のポイント】  国税庁が13日に発表した税務調査結果から見る申告漏れと追徴課税の実態とその傾向について紹介していきます。 【増加する申告漏れ実態】  税務署の年度は特別で今年の6月までの1年を事務年度としています。 今回は2016事務年度からの報告となります。 対... 続きを読む

終活~相続に関する問題

2017-11-15

「負動産」と化す所有者不明の「不動産」問題

 【今日のポイント】  全国にはどのくらいの所有者が分からない土地があるでしょうか?先日発表されたデータから見えてくる今の日本における「不動産=土地の意味合い」を考えてみました。 【所有者不明土地問題研究会の報告】  昨年2016年時点で、全国で所有者が不明、特定... 続きを読む

終活~相続に関する問題

2017-11-06

相続と生命保険

 【今日のポイント】  生命保険で相続対策を!最近雑誌やTV等でよく採り上げられる話題ですが、十分理解出来ている方は決して多くはないようです。 今日は相続と生命保険に関する知っておいて損はない話題を紹介していきます。 なぜ生命保険なのか? こうなってきた世間の背景... 続きを読む

終活~相続に関する問題

2017-10-20

持ち主不明の不動産のツケは誰が払う?

 【今日のポイント】  所有者は判明している空き家問題以上に厄介なのが、所有者すら不明になった空き家や、土地の問題です。 なぜ、そのような状態になってしまうのか? そのままにしておくと発生するリスクとは? 相続時の不動産登記の重要性について紹介します。 【なぜ所有者... 続きを読む

終活~相続に関する問題

2017-09-08

「名義預金と名義保険」と相続について

 【今日のポイント】  昭和のドラマなどでは主人公が進学や起業の為の資金不足で夢を断念しようとしたときに、親や祖父母がこっそり蓄えておいた子供名義の預金通帳と印鑑を手渡し、子供の人生の後押しをするといったシーンがよく出てきました。 子供の為に良かれと思って、子供には内緒... 続きを読む

終活~相続に関する問題

2017-08-28

意外な盲点です! 相続と貸金庫の関係

  【今日のポイント】  お盆の時期に郷里の親や、離れて暮らす兄弟姉妹と一堂に会するケースは少なくないでしょう。50代ともなれば、親世代は80代前後でしょうか? そろそろ遺言や相続に関する話も出てくる頃ですね。今回と次回の2回に分けて、親や兄弟と話す「相続」で意外な盲点になる... 続きを読む

終活~相続に関する問題

2017-08-25

平成30年1月1日から変わる「法定調書」の影響とは?

 【今日のポイント】  一般にはあまり馴染みのない「法定調書」ですが、実は案外身近な存在なのです。その中で、来年1月1日から大きく変わる法定調書とその影響について簡単に紹介していきます。 誰もが契約している「生命保険」と「法定調書」の関係とは? 【法定調書とは... 続きを読む

終活~相続に関する問題

2017-08-21

遺産分割から住居を除く? 法制審議会試案より

 【今日のポイント】  遺産分割の結果、泣く泣く亡き配偶者との思い出が詰まった実家を売却して遺産相続の為の財産を捻出する。 長年連れ添ってきた配偶者に配慮するということから、今回規定の見直しを図る試案がまとめられました。 今日は、簡単にその要点だけを紹介します。... 続きを読む

終活~相続に関する問題

2017-07-27

これからの相続手続きはこれで一気に簡単に!? 法定相続情報一覧表について

イメージ

 【今日のポイント】  既に始まった相続に関連する新しい制度、「法定相続情報証明制度」で求められる「法定相続情報一覧表」について、簡単に紹介していきます。 【法定相続情報証明制度とは?】  今年の5月29日よりスタートした相続に関する手続きの簡素化を図った新しい制度... 続きを読む

終活~相続に関する問題

2017-07-04

「法定相続人でない家族の介護」は相続に反映されない!?

  【今日のポイント】  両親に対する長年の献身的な介護も、相続発生の時には多くの場合「特別寄与分」と認定されることはありません。  ましてや、それが義理の両親の場合であれば…   お元気ですか!「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、気軽に活用出来る社... 続きを読む

終活~相続に関する問題

2017-03-06

これも相続税節税法? ~離婚

 【今日のポイント】  相続税の節税方法としては「番外編」になりますが、離婚することで財産を「非課税で」相続させることは、可能です。 お元気ですか!「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、気軽に活用出来る社会の実現を目指す」新橋駅前の寺田淳行政書士事... 続きを読む

終活~相続に関する問題

2017-02-27

相続税節税 ~孫を養子にするもう一つのメリットとは?

 【今日のポイント】  相続税の節税の為、孫を養子にして法定相続人の数を増やし、非課税枠を拡げることで、相続税の節税を図る。 所謂「孫養子による節税」は最近広く知られるようになりましたが、それ以外にも「相続税節税」に貢献することはご存知でしたか?お元気ですか!「す... 続きを読む

終活~相続に関する問題

2017-02-21

新制度:法定相続情報証明制度とは?

 【今日のポイント】  法務省の予定ではこの5月から相続の手続きに関して新しい制度が導入されます。これまで相続発生時には、相続人が相続手続きの為に登記所や銀行等の金融機関毎に相続手続きに必要とされる書類一式を揃える手間がかかりましたが、この制度の導入で大幅に手間が削減される... 続きを読む

終活~相続に関する問題

2017-01-27

最近の相続トラブルについて

 【今日のポイント】 相続にまつわるトラブル、いろいろあります。法定相続分、遺留分、特別受益、寄与分など等・・・ 今日はその中から、つい後回しにしたために発生する「不動産の相続登記」について紹介します。 お元気ですか!「すべての人が生活の安定と向上の為に法律... 続きを読む

終活~相続に関する問題

2016-11-08

甘くなかった! 相続税節税対策

 【今日のポイント】  相続で思いがけず手にした不動産、でもそこで暮らす予定はなく、かといってそのまま放置すればただただ固定資産税を課せられるだけの「お荷物財産」に悩んでいる方は多いことと思います。 最近はそのような使途の無い土地に賃貸物件を建てて、税金対策と安定収入の一挙... 続きを読む

終活~相続に関する問題

2016-10-07

1件~15件(138件)

過去の15件

RSS
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
イメージ

週刊現代の2017年10月14・21日合併号で記事が掲載されました。 今や「負動産」ともいわれる使いみちのない土地の相続で頭を悩ます方が少なくありません。この状...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

遺言の効力

 夫婦で店をやってます。 自宅兼店舗で他にこれと言った財産...

T・W
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
高齢おひとり様の住宅事情 ~賃貸住宅を借りるには?

 【今日のポイント】  おひとり様にとって「死後に周囲に迷惑をかけないこと」は必ず考えるべき「終活」のひ...

[ おひとり様の終活 ]

いよいよ始まる基礎控除枠縮小後の相続税税務調査

 【今日のポイント】  国税庁が13日に発表した税務調査結果から見る申告漏れと追徴課税の実態とその傾向につ...

[ 終活~相続に関する問題 ]

 成年後見制度~親の後見人になる場合の注意点は?

 【今日のポイント】  認知症を始めとして、病気や事故で判断能力が著しく低下した場合、成年後見制度によっ...

[ 終活~後見制度を知ること ]

いま最も厳しい環境のサラリーマンは 40代半ば!!

 【今日のポイント】  最近の新聞や雑誌などでは50代で次の仕事を考え始めないと間に合わない等の記事が特集...

[ 起業・転職・再就職で必要な事 ]

「負動産」と化す所有者不明の「不動産」問題

 【今日のポイント】  全国にはどのくらいの所有者が分からない土地があるでしょうか?先日発表されたデ...

[ 終活~相続に関する問題 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ