コラム

 公開日: 2018-04-21 

年金請求書の郵送時期について

【今日のポイント】


 今日は、身近で起きた実例を紹介したいと思います。
還暦世代にとっては身近な「年金関連」の問題です。
きっかけは4月6日に更新した年金受給開始に関するコラムを読んだ元同僚からの電話でした。



【年金請求書の未着?】

 元同僚からは、要約しますと以下のような内容の問い合わせでした。

・昔の上司から、年金請求書は届いたか?と尋ねられた。
・この請求書は60才の誕生日の概ね3か月前には郵送で直接本人宛に届けられるもの。
・あのコラムを読んで受給時期を検討し始めたのだが、肝心の請求書がないと話が始まらないのでは?
・それ以前に受給資格云々と言った問題にまで発展してしまわないか?

 同僚はこの2月に定年退職しており、そのような連絡は間違いなく届いていないのだが、何か不手際があるのだろうかというものでした。 加えて万が一届いていた通知を間違って捨てていたらどうすればいいのかを相談したいとも。


【年金請求書の郵送時期の目安】

 結論から言いますと、先輩のいうことは一か所を除いて間違っていません、誕生日の概ね3か月前にこの通知が本人宛の郵便で届けられます。 但し、我々世代昭和32~33年生まれの場合は、年金の支給開始時期がその先輩の時とは違っているのです。

 先輩の時代は年金の支給開始は60才でした、我々世代は63才から支給開始となります。 
ですから我々の年代では「63才の誕生日の3か月前」に郵送されるということだったのです。 60才=年金開始という時代が長く続いてきたためにその先輩も60才が基準年と思い込んでしまったのでしょう。

 但し、受給年齢の繰り上げで60~62才からの受給を望むのであれば、年金請求書は必要になります。 この場合は直接年金事務所等の窓口で入手する必要があります。 


【その他】

 因みに、年金機構のHPにはこの年金請求書のひな型と記入例が掲示されているサイトがあります。 確認したところ、ここからダウンロードしたものをプリントアウトして使用することも可能ということでしたので、わざわざ窓口まで足を運ばなくても資料として参考にするだけであれば、こちらで事足りることとなります。

 さて、蛇足ですが実際にその時が来た場合、この通知は普通郵便でポストに投函されます。 年金定期便等のその他の書類とは別個に単独で郵送されてきますのでうっかり迷惑チラシと共にポイ捨てしないようにして下さい。

 仮にうっかり捨てていた場合でも冒頭に書いたように別途入手することは容易ですから慌てることもないのですが・・・


 最後に当該のサイトにリンクを貼りましたので、詳細を知りたい場合はコチラから参考にして下さい。
年金請求書について

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 3月29日付のJIJICOに 相続に関する記事が掲載されました。知らない間に借金を相続しない為に!親が亡くなったら確認すること 今回は知らずに親の借金...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

(50代の)男はツライヨ!? その時直面する3つの問題とその解決法を共に考えましょう!(1/3)

 新橋駅前で行政書士事務所を開業している寺田淳さんは、自分と同じシニア世代が置かれた立場や環境に対し、自身の経験から導いた指導やアドバイスを通じて3つの課題に関するサポート・サービス業務を専門としています。 特に最近顕著なものに、定年後...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

後見と相続について

  入院中の90才になる父に最近認知症の兆候が出始めたよ...

K・T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
固定資産税の基礎知識

 【今日のポイント】  前回のコラムで固定資産の評価替えを採り上げたので、今回はそもそもの固定資産と固定...

[ 最近の話題から ]

今年は固定資産の評価替えの年です!

  【今日のポイント】  今日の内容は、たまたま知り合いとの雑談の中から気付いたものでした。 ~田舎の...

[ 最近の話題から ]

家なき子の規定の見直しとは?

 【今日のポイント】  今日のコラムは前回簡単に触れた「家なき子の特例」と、その見直しについて改めて紹介...

[ 終活~相続に関する問題 ]

相続税改正で遺言書にも影響が!?

 【今日のポイント】  4月からの税制改正に伴う相続税の節税対策の修正について相談されるケースが最近目立っ...

[ 終活~相続に関する問題 ]

最近の葬儀と墓について考える。

  【今日のポイント】  最近の葬儀や墓に関する考え方、その意味するところに関しては従来から比べると大き...

[ 終活~葬儀とお墓に関する基礎知識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ