コラム

 公開日: 2018-03-05 

東京都の高齢者・低所得者向けの住宅政策について

【今日のポイント】

 東京在住の方以外には関係ない話題ですが、先日は品川区のおひとり様高齢者向けサービスを採り上げましたが、今回は東京都による同様のサービス(計画)について紹介したいと思います。


 

【高齢者、低所得者向け住宅政策】

 東京都の推計によりますと、2年後の2020年には65歳以上のおひとり様は都内で約80万世帯超となり、2035年には103万世帯に達する見込みだそうです。

 近い将来に発生する問題に備えるために東京都は、2025年度までに高齢者や低所得者層向けに3万戸の入居が可能になる住宅を確保するとしています。

 簡単にその趣旨をまとめますと、現在空き家状態になっている賃貸アパートの部屋等を高齢者や低所得者専用の住宅として都に登録すれば、その物件の所有者(=大家)に対して家賃補助や改修費の補助制度を創設するとありました。

 この制度自体は今年、2018年度中の創設を予定しているとありました。


【賃貸物件が抱えるリスク対策】

 賃貸物件のオーナーの立場からすれば、契約における最大のリスクは「家賃の滞納」と「事故物件化」の二つでしょう。

おひとり様の高齢者、
低所得な若年層

 残念ながら、上記に該当する場合、共に収入の不安定さから入居を敬遠される傾向があることは否定出来ませんし、特におひとり様高齢者の方の場合は、それに加えて孤独死から事故物件化するというリスクも加わると考えられます。

 ただでさえ、人口減少や賃貸物件の乱立で競合激化の中、無用なリスクを抱え込みたくはない・・・  オーナー側の偽らざる心境でしょう。

 このうような心配に対するものとして、記事によれば上記に該当するような人が入居される場合は、市区町村を通じて大家に対し最大で月1万円の補助を、国や市区町村と併せて約月4万円の補助が支給されます。

 また大家だけでなく家賃保証会社に対しても同様に、市区町村を通じて最大1万5千円を補助するとあり、これによって入居者が負担する家賃を引き下げることで「家賃滞納・未払いリスク」の最小化を図るとしています。

 他にもアパートの改修費については、最大で100万円を上限として耐震化工事等の改修費の1/3を補助するとあり、これによってオーナー側(大家)の負担額は、場合によって国と市区町村からの補助が出ることで通常の1/6になるそうです。


【居住支援法人(仮称?)】

 これらに加えて、さらに「入居者の見守りや家賃債務を保証する法人」を新たに指定することで、オーナー側(大家)の二大不安要因である家賃保証と孤独死からの事故物件化リスクへの対応をを図るものとしています。

 詳細については把握出来ませんでしたが、この法人には、国から年間最大で1,000万円の支援が受けられるとありました。

 一般的に家賃面で考慮される賃貸物件としては公営住宅があるのですが、公営住宅の場合は細かな入居要件が設定されており、現状はこれによっておひとり様高齢者の入居がかなり制限されています。

 一方、民間の賃貸物件については空き部屋の増加傾向が止まらないのが現状で、新設される居住支援法人制度の活用によって「準公営住宅」の様な位置づけの住宅を確保したいというのが都の構想だそうです。

 これも一種の社会的弱者の「セーフティネット」の一環ということになるのでしょう。

 まだ試案段階ですのでこれ以上のコメントは差し控えますが、詳細が判明次第、またこの場で採り上げていきたいと思います。

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 3月29日付のJIJICOに 相続に関する記事が掲載されました。知らない間に借金を相続しない為に!親が亡くなったら確認すること 今回は知らずに親の借金...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

(50代の)男はツライヨ!? その時直面する3つの問題とその解決法を共に考えましょう!(1/3)

 新橋駅前で行政書士事務所を開業している寺田淳さんは、自分と同じシニア世代が置かれた立場や環境に対し、自身の経験から導いた指導やアドバイスを通じて3つの課題に関するサポート・サービス業務を専門としています。 特に最近顕著なものに、定年後...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

後見と相続について

  入院中の90才になる父に最近認知症の兆候が出始めたよ...

K・T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
お墓に関する実態リポート2018
イメージ

 【今日のポイント】  この時期になりますと自然と増えてくるお墓に関連する相談事例の中から、印象に残っ...

[ 終活~葬儀とお墓に関する基礎知識 ]

ご存知ですか? 7月は相続税の税務調査開始月です!
イメージ

  【今日のポイント】  通常7月と言いますと、夏のレジャーシーズンの始まり、なんとなく浮かれ気分に...

[ 最近の話題から ]

改正相続法~配偶者の居住権への懸念
イメージ

  【今日のポイント】  いよいよこれまでこのコラムでも紹介してきた相続法改正が決定しました。 その中...

[ 終活~相続に関する問題 ]

覚えておきたい! 今回の相続法改正のポイントは?
イメージ

 【今日のポイント】   ここにきて再び相続に関する問い合わせが増えてきました。 特にようやく今回の...

[ 終活~相続に関する問題 ]

深刻化する大都市圏の空き家問題
イメージ

 【今日のポイント】  最新の路線価が発表されたのはご存知でしたか? 不動産を所有されている方は、ま...

[ 空き家・空き地問題 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ