コラム

 公開日: 2017-11-30 

シニア世代は今や消費の担い手に!?

【今日のポイント】

 最近はシニア世代をターゲットにした各種の案内が目立つようになってきました。
大きくはシニア向けの「分譲型マンション」からシニア向けの英会話教室やフィットネスジムなど等、これからの仕事に欠かせない視点は「シニア消費を取り込めるかどうか」となっているのです。
 この課題はこれから起業・独立を目指す場合のターゲットユーザーの選定にも大きな影響を与えます。

 その中身について簡単に紹介していきます。



【伸長著しいシニア消費】

 総務省の家計調査によりますと昨年2016年の家計最終消費額は約242兆円、この中の約117兆円、48%超が60歳以上の消費が占めているそうです(家賃を含まない消費額)

 では具体的にどういう分野でシニアは財布のひもを緩めてきたのでしょうか?

1)アンチエイジング市場
  恐らく女性需要が大半でしょうがこの手の化粧品は昨年実績で約6,700億円でした。
  更に今年は6,840億円前後にまで拡大すると見込まれています。

2)宅配市場
  調理済みであとはレンジでチン、という食事の宅配はシニア世代には欠かせなくなりました。
  2014年では約1,050億円の市場で5年前の569億円から180%の伸びを記録しています。

3)孫市場
  孫がいるという前提ですが、今やランドセルはその70%が祖父母からのプレゼントだそうです。
  それも高級品志向が強く、今では5万円以上の高額品が半数を占めているようです。
  他にもベビー服や子供服でも同様の傾向が続いているようです。

4)健康市場
  自由になる時間があるせいでしょうか?
  フィットネスジムの利用件数や会員数でもシニアが目立っています。
  60歳以上の会員数は2004年から2014年の10年間で18,6%から30,3%の構成比になっています。
  逆に、同じ時期に20~30代の会員数は47%から32%へと減少してるのです。
 
  またジムやスポーツクラブの使用料を見てみると30代世帯の約1,400円に対し、60代では約7,200円と
  5倍以上の格差となっています。


【消費の中身には特徴が】

 このようにみてくると自分自身の健康や見栄え、家族への出費に集中しているのが分かります。
 逆にこの世代は、旅行や交際費にはあまり財布のひもを緩めていないことも分かります。

 また前項では触れませんでしたが、シニアになってからパソコンやインターネットを始める方も多く、
 通信費もかなりの伸びを示しているようです。

 おカネは持ってはいるものの、使う先は意外に堅実で生活に必要な分野に限られていると思えます。 これは60歳以降でも会社勤めを続けていたり、自営業に就いているといった年金以外にも固定収入がある場合にはそれなりの支出も問題ないでしょうが、仕事はリタイアし年金と預貯金の取り崩しで暮らす場合ではここに揚げたように実生活に直結した支出に偏るのも仕方ないことと思われます。


【これから起業・独立する際の重要検討課題】

 シニア世代の消費購買力はこれから起業・独立する方にとっても無視できないものです。

 同じ世代として、自分が苦労している問題、やってみたいこと、あれば便利なサービスといった視点から新しい仕事を考えることも今後は重要な起業・独立の際の事前準備の項目となると思います。

 さらには独居シニア、おひとり様シニアを対象にしたサービス、街の高齢化からの過疎化で買物難民になっている地域を対象とした新しいサービスの提案等は的確にニーズやウオンツを捉えれば大きなビジネスチャンスになるとも言えます。
 

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 3月29日付のJIJICOに 相続に関する記事が掲載されました。知らない間に借金を相続しない為に!親が亡くなったら確認すること 今回は知らずに親の借金...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

(50代の)男はツライヨ!? その時直面する3つの問題とその解決法を共に考えましょう!(1/3)

 新橋駅前で行政書士事務所を開業している寺田淳さんは、自分と同じシニア世代が置かれた立場や環境に対し、自身の経験から導いた指導やアドバイスを通じて3つの課題に関するサポート・サービス業務を専門としています。 特に最近顕著なものに、定年後...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

親と話す相続

 90代の高齢の父親がなかなか相続について考えてくれません...

K・M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
おひとり様の遺贈寄付

 【今日のポイント】  おひとり様でかつ一人っ子といった「後を継ぐ相続人がいない」人物の遺産相続について...

[ 終活~相続に関する問題 ]

ゴールデンウイーク中の営業について

   【ゴールデンウイークの期間中の対応について】  いつもお世話になっております。 さて今週末から...

[ 新橋事務所日記 ]

年金請求書の郵送時期について

 【今日のポイント】  今日は、身近で起きた実例を紹介したいと思います。還暦世代にとっては身近な「年...

[ 新橋事務所日記 ]

不動産の相続から売却まで 最新の節税事情とは?

 【今日のポイント】  さて、今回の内容は、前回のコラムの中で最後に簡単に紹介した不動産の相続に関しての...

[ 終活~相続に関する問題 ]

相続の発生前にすべきこと

 【今日のポイント】  今日は今更の感もありますが、相続の発生を考える時が来た時に最低限、最優先で検討す...

[ 終活~相続に関する問題 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ