コラム

 公開日: 2017-08-28 

「名義預金と名義保険」と相続について

【今日のポイント】

 昭和のドラマなどでは主人公が進学や起業の為の資金不足で夢を断念しようとしたときに、親や祖父母がこっそり蓄えておいた子供名義の預金通帳と印鑑を手渡し、子供の人生の後押しをするといったシーンがよく出てきました。

 子供の為に良かれと思って、子供には内緒でコツコツと預金したり、保険に加入したり。 時代を問わず親心には本当に頭が下がりますね。 今でも同じような想いから密かに子供名義で預貯金などを続けている方は少なくないはずです。

 ですが、税務署から見れば違う見方をされる場合があることをご存知でしょうか?

 お盆の時期に合わせた今日のテーマは 名義預金と、名義保険 のリスクについてです。


【名義預金とは】

 一言で表現すれば「形式上は配偶者や子や孫の名前で開設された口座だが、実際の管理は被相続人が行っている預金」となります。

 たとえば、極端な話ですが、待望の男児誕生で親が子供の名前で口座を開設、自分の預金をそこに移しいれて口座の管理を始めるといった場合がこれに該当します。 多くの場合「子供の将来に備えて」「子供に苦労させたくないから」といった善意の親心からの行動でしょうが、中には「相続財産減らし」を意図しての口座開設も、残念ながらあります。

 どちらの場合でも多くは子供に内緒で口座を開設し、それなりの金額を移し入れています。 当然ながら通帳や開設時に使用した届出印等も子供の知らないうちに用意され、親が管理することになります。

 冒頭で書いたように、子供は(自分も知らぬ間に)名義だけの存在であり、預金の中身も、口座の管理も、印鑑の保有もすべて親(被相続人)といった形状の預金を「名義預金」と呼称します。

 預金と同じ意味合いでは「名義株式」というものもあります。 預金の代わりに株券を子供の名義で保有するというものです。

 

【名義保険とは】

 名義預金については最近相続税の申告漏れの話題などで多く採り上げられるようになってきたので、ある程度認知さえていると思いますが、名義保険というものも最近注目を集めています。

 構成は預金と同様で、契約者は子供名義で、保険料は親が負担していたケースです。 

保険の契約形態は多岐にわたりますが、ここでは「名義保険」と判断されるケースに絞って解説します。

□ 契約者(子供) 保険料負担者(親) 被保険者(子供) 受取人(孫)
 この場合は、保険料を親が出している点が問題です、受け取る保険金ではなく、それまでの保険料を誰が出していたかがポイントとなり、親が長年にわたって負担している為これは「親から子へ引き継がれる財産」と見做されるからです。
当然、相続税の課税対象となります。

□ 契約者(子供) 保険料負担者(親) 被保険者(親)  受取人(子供)
 この場合は、契約上親の死亡時に子供に保険金が下りるケースですが、一時所得と判断し、所得税と住民税での申告・納付を行うのですが、実際は保険料負担者が親であるため、これも相続税での課税と判断されます。 納税の意思はありますが、穿った見方をすれば「課税逃れ~悪意ある節税」ととられかねません。 ~多くの場合、相続税の方が一時所得での課税金額より高くなるためです。

 では、悪意と見做されないためにはどういう点に注意したらいいでしょうか?
どのような場合であれ、親が子供名義の保険の保険料を負担しているならば、「贈与」であるということです。
これを受けて、以下の点が「名義保険回避法」となります。

1)子供との間に毎年贈与契約書を取り交わす。
2)銀行間で保険料のやり取りをする。
3)贈与される側(子供)が、生命保険料控除の申告をする。
4)贈与される側は「自分の印鑑、通帳」で口座管理を行う。

 要は「記録に残る証拠」 「贈与を認識した手続き」を第三者(=税務署)にもわかるようにすることです。



【相続発生時の税務調査】

 相続税の申告と納付を受けて、「税務調査」が入ります。 その際、名義預金や保険についても目を光らせます。

 税務署による 「名義預金、保険」の判定の基準は以下のようになります。

1)通帳や証書の保管・管理を誰が行っているか?
 管理の意味には所有の意識の有無が含まれます。 子供が存在を知らされないままに相続発生となったような場合は、当然その真の所有者は親=被相続人と見做され、相続財産と判断されます。

2)印鑑
 口座開設時の届け出印を肝心の子供本人が持っていなかった、親が用いていた届け出印と印影が一致した。等をチェックし、親の用いていた印鑑と同じと判断されれば確実に名義預金と判断されます。

3)贈与税の申告の有無
 被相続人である親の行為ですから、生前贈与とも見做されます、毎年の申告の中で贈与税の申告がなければ、「名義借り」と判断されます。

4)実際の管理運営者は?
 日常の入出金手続き、定期預金などの場合、満期に伴う書き換え手続きを誰がやってきたか? 子供に内緒の預金であれば、当然手続きは親=被相続人が行ったと見られます。 手続きには 印鑑・証書・通帳などは必須ですから管理も運営も、日常的に「名義人以外」の真の所有者が行っていたと見做されます。

5)おカネの出どころは?
 もっとも単純なチェックです、年齢不相応な金額の口座を持っていれば、そのおカネはどっから出てきたかを疑います。
名義人の所得状況を税務調査すれば、一目瞭然です。 また故人の預金口座にかかわるおカネの流れを調査することで例えば故人(親)の口座から契約者(子供)の口座に資金が移動し、その次に保険会社へ振り込まれた形跡が認められれば、名義保険の確証と判断されるのです。
 

【まとめ】

 お盆に合わせて郷里の父母と話す機会を持った時に「実は、お前名義で」「孫にはこれからお金がかかるから」などと不意に通帳や保険証書を披露された、なんてことはありませんでしたか? 多くの場合、ここに揚げた「名義預金・名義保険」の恐れがあることを十分認識し、特に保険の場合であれば上記したように明快な管理方法を徹底して下さい。 

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
イメージ

週刊現代の2017年10月14・21日合併号で記事が掲載されました。 今や「負動産」ともいわれる使いみちのない土地の相続で頭を悩ます方が少なくありません。この状...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

 相続手続きのイロハ

 全く突然に父が急逝しました。 一人暮らしでしたが、元気...

I・W
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
相続と生命保険

 【今日のポイント】  生命保険で相続対策を!最近雑誌やTV等でよく採り上げられる話題ですが、十分理解...

[ 終活~相続に関する問題 ]

有楽町から飯田橋へ ~人材銀行は中核人材確保支援センターに変わっています

 【今日のポイント】   主に管理職や専門職の方向けの再就職、転職支援に大きな役割を持っていた「東京人材...

[ 新橋事務所日記 ]

今日は、現在のお墓と葬儀の事情について、紹介したいと思います。

  【今日のポイント】  3連休も終わりましたが、里帰りがてらお墓参りをされた方も多かったのではないでしょ...

[ 終活~葬儀とお墓に関する基礎知識 ]

改葬の手続きをするときに、これだけは押さえておきたいこととは?!

  【今日のポイント】  お墓関連の相談に、地方にある墓を自分たちの生活圏のお墓に移す「改葬」相談があり...

[ 終活~葬儀とお墓に関する基礎知識 ]

ご存知ですか? 貸金庫に預けられるもの、貸金庫の利用時間は金融機関ごとに違います!

 【今日のポイント】  最近は個人での貸金庫の利用も珍しくなくなってきました。とはいえ、意外に貸金庫に...

[ 業務上の実例紹介 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ