コラム

 公開日: 2017-08-03 

マイナンバーの利用範囲が「戸籍」にも!?

【今日のポイント】

 結婚の届け出やパスポートの申請、年金の申請手続き等に不可欠な戸籍謄本や抄本の提出ですが、法務省はマイナンバー制度の利用によって手続きの簡素化を諮ると、新聞に掲載されていました。

 具体的にはどういう改正を目指すのか? 
何が簡素化され、残る課題は何か? これらについて紹介します。



【何が変わるの?】

 現在、上記に挙げたような手続きをする場合、戸籍証明書(謄本や抄本)を本籍地のある自治体から発行してもらう必要があります。

 発行された証明書を持って、居住する自治体の当該窓口に出向いて手続きを始めるのですが、戸籍証明書は本籍地のある自治体でしか交付されません。 本籍地が居住地と同一、または近隣であれば問題ではないのですが、仕事の関係や結婚等の理由で遠隔地に居住している場合は、時間を都合して出向くか、郵送による申請と交付手続きにする、また一部地域だけですが、自治体と提携しているコンビニに設置してある端末から入手することになります。

 直接出向く場合は、その手間と費用が発生しますし、郵送の場合は時間がかかることになります。 近くに提携コンビニがなければどうにもなりませんね。

 こいうった現状を鑑み、マイナンバー制度を利用することで、まず本籍地での戸籍証明書の入手を不要とします。居住する自治体への書類提出の必要を失くし、窓口でマイナンバーを提示することで手続きを可能にするとしたものです。

 現在戸籍管理は自治体がそれぞれ独立したシステムで管理しており、おまけに自治体間でのネットワーク化はほとんどされていません。 極端な話、隣町であっても管理システムが異なり、証明書の様式もバラバラということもあり得るのです。

 このため、マイナンバーとの紐付によって統一コードを設け、一元管理を目指すというものです。


【残る課題とは?】

 現時点ではあくまでも法務省の法制審議会で審議をした後に、再来年2019年の通常国会での戸籍法改正案としての提出を目指しているとありました。

 まだ1年半から2年前後の時間的猶予がある訳ですが、その間に解決すべき課題も残されています。

 戸籍証明書を入手した方はご存知でしょうが、最近は電子化が進み、従来のような謄本とは異なるフォーマットで発行されています。 ですが電子化以前の「除籍」などは紙媒体での保管や画像データで保存している場合が大半で、これをマイナンバーに紐付するとなると膨大な「手作業」となります。

 今回の案では「電子化以降の戸籍」のみマイナンバーと紐付をするに留めるとしており、除籍が必要になる手続きの場合(代表例では、相続)はマイナンバー連携の対象外としています。

 すべての手続きが「ペーパーレス」になる訳では、ないようです。

 また、マイナンバー導入時に真っ先に問題視された「個人情報の流出、不正使用」のリスクも依然として存在します。 特に戸籍の場合は親族関係や夫婦関係等、特に個人に関する情報が満載です。 どういうセキュリティを構築していくかも制度化までに解決しなくてはいけない重要課題です。


 最後に蛇足ですが、行政書士の立場からは、手続きの簡素化は業務範囲の減少に直結しますから、本音では困惑する同業者は少なくないのではと、余計なことを考えてしまいました。

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
イメージ

週刊現代の2017年10月14・21日合併号で記事が掲載されました。 今や「負動産」ともいわれる使いみちのない土地の相続で頭を悩ます方が少なくありません。この状...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

親と話す相続

 90代の高齢の父親がなかなか相続について考えてくれません...

K・M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
いよいよ始まる基礎控除枠縮小後の相続税税務調査

 【今日のポイント】  国税庁が13日に発表した税務調査結果から見る申告漏れと追徴課税の実態とその傾向につ...

[ 終活~相続に関する問題 ]

 成年後見制度~親の後見人になる場合の注意点は?

 【今日のポイント】  認知症を始めとして、病気や事故で判断能力が著しく低下した場合、成年後見制度によっ...

[ 終活~後見制度を知ること ]

いま最も厳しい環境のサラリーマンは 40代半ば!!

 【今日のポイント】  最近の新聞や雑誌などでは50代で次の仕事を考え始めないと間に合わない等の記事が特集...

[ 起業・転職・再就職で必要な事 ]

「負動産」と化す所有者不明の「不動産」問題

 【今日のポイント】  全国にはどのくらいの所有者が分からない土地があるでしょうか?先日発表されたデ...

[ 終活~相続に関する問題 ]

個人認証カードはただ今連敗中!?

 【今日のポイント】  今を去ること2年前の10月から通知が開始され、2016年1月から交付が始まった「マイナ...

[ マイナンバー制度の基礎知識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ