コラム

 公開日: 2017-04-28  最終更新日: 2017-09-12

部下を持ったら考えましょう!  人を動かす、人を育てる とは?

【今日のポイント】

 会社勤めの方から「部下を動かすにコツは何でしょうか?」
「部下に育って欲しいのですが、笛吹けど踊らずばかりで」といった悩みを打ち明けられます。

 動かすことと、育てる事(育つこと)にはアプローチに大きな違いがあることに気付いていない方が、案外多いようです。



【人を動かす】

 ① やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ。

 このコラムを読んでいる方に、この言葉を知らない方はいないと思っていますが、部下に仕事に前向きに取り組んでもらう為のひとつのコツであることは間違いありません。

 仕事の進め方について
「自分が見本、手本を示してあげる。」 
「その中で注意すべき点、やってはいけない事などを伝えてあげる。」 

 この後に、
「見本の通りの行動を促す。」
「うまく出来たら、とりあえず認めて評価してあげる。」
 
 この様なステップを踏むことで、人(部下)は前向きに行動を起こす。 といった意味合いになるでしょうか?


 

【人を育てる】

  ② 話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たじ

 さて、前項の冒頭で採り上げたフレーズ①はあれで終わりではありません。 ここに書いたフレーズ②が後に続いています。意外にもこのフレーズ②は未だ多くの方が知らないままのようです。 貴方はご存知でしたか?

 この意味合いとしては
「なぜ君に、今この仕事を、してもらうのかを理解してもらい」
「部下の不安や疑問をすべてクリアにする」
「目標達成に向けた部下の取り組みを確認し」
「両者の協議で決めたことは全て部下に委ねる。」

 ここまでして、部下は指示待ち、指示に従えば良しといった受け身の行動から、自分の考えで行動をすることの重要さを認識した能動的な行動が出来るようになる=一歩進んだ人材に育つ。 ことになるのです。


【受動から能動へ】

 フレーズ①には、部下の動きが見えてきませんね。 上司からの懇切丁寧なアプローチの手順の指南ともいえます。 しかしながら、毎回毎回、上司がここまで手取り足取りで指導出来るでしょうか? 大部分の管理職はそんな暇はないはずですね。

 フレーズ②は、既に部下が行動を起こす前提で、その中で「やらされ感」で動く、「言われただけを忠実に」遂行するのではなく、目標達成の為に何が必要か、何が問題かといったそれぞれのテーマを見出して、いかにそれをクリアにするかを上司と協議の上、方向性を定め、一度決めた行動をぶれることなく遂行する。 上司も一度方針を決めたらむやみに口出しはしない。 この流れで部下は信頼されている、任されているというモチベーションを持つことが出来る。

 これこそ部下の成長の証であり、この経験の反復によって、さらに高次の判断力や企画力、提案力を求められる課題にも適応が可能になっていくのではないでしょうか?


 一方管理側からすれば、「承認」と「任せる」ことがポイントで、これは自身のスキルを問われることでもあります。

    育たない部下、 それは育てられない管理職だからでは?

 この結論を口にすると、多くの方は黙りこくってしまいます。 何か思い当たる節があったのでしょうか(笑)

 さて、明日から世間は大型連休の始まりです。 

 時間はありますから、このような悩みを持たれている管理職の方は、一度よく今までの部下との接し方について、総点検してみては如何でしょうか?

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
イメージ

 12月3日(日)に前回のセミナーと同じ朝日新聞社本社内の読者ホールで50代からの起業をテーマにしたセミナーで講師として再登壇しました! 今回は二部構成とな...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

後見と相続について

  入院中の90才になる父に最近認知症の兆候が出始めたよ...

K・T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
生前整理のリアル

  【今日のポイント】   終活の第一歩として、生前整理という方は多いですね、 まだ若い世代でも「断捨離...

[ 終活~生前整理に関して ]

相続税申告の要否、相続情報と税務署の関係について

  【今日のポイント】  相続に関する話題、中でも相続税の申告や納付に関する話題については尽きることがあ...

[ 終活~相続に関する問題 ]

知っておいて損は無い 相続税に関する最新情報あれこれ

 【今日のポイント】  今年も残り1ヶ月を切りましたね、毎年この時期になりますと「喪中連絡」が届きます。 ...

[ 終活~相続に関する問題 ]

シニア世代は今や消費の担い手に!?

 【今日のポイント】  最近はシニア世代をターゲットにした各種の案内が目立つようになってきました。大き...

[ 最近の話題から ]

親の実家を相続する50代世代は「土地は負動産化する」ことを知りましょう!

 【今日のポイント】  前回は賃貸暮らしに生じるリスクいついて紹介しましたが、今回は持ち家、それも親が持...

[ 終活~相続に関する問題 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ