コラム

 公開日: 2017-01-30 

確定申告とマイナンバー

【今日のポイント】

 2月を目前に、確定申告の準備に四苦八苦している方も多いかと思いますが、いよいよ今回から確定申告の各種申告用紙にはマイナンバー記載欄が設けられています。

 今日は今回の確定申告とマイナンバー記載についての知っておいて損はない話を紹介していきます。


 お元気ですか!
「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、
気軽に活用出来る社会の実現を目指す」
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。

 

 【個人番号記載欄】


ここでは代表的な用紙のみ紹介します。

最初は私が関係する個人事業者向けの用紙です。



次は、給与所得者に関係の深いもの、2種です。


扶養控除等申告書には自分だけでなく家族の番号記載欄もありますね。



【マイナンバー記載は必須?】

次の画像は確定申告の告知ポスターです。


大きく「マイナンバーの記載が必要」と書かれていますね。 実際税務署を訪れてみたところ、各所にマイナンバー記載が必要の案内が掲示されていました。

 では、以下のような理由で、番号記載に問題があった場合は、どういった取扱いになるかご存知でしょうか?

・何枚も申告用紙を作成し、提出するような場合に、うっかり何か所か記載欄を見落として「空白」で提出した。
・子供のマイナンバーを記載する際に兄弟のナンバーを取り違えて記載してしまった。
・完全に記憶違いのまま間違って覚えた自分(または家族)のマイナンバーを記載して申告してしまった。

 
~窓口に提出した場合、後日税務署から呼び出しを受け、「やり直し!」を命じられる?
~E-Taxで申告の場合、「エラー表示」で送信が出来ない。
~E-Taxの場合、後日「修正のお願い」メールが届く、

 修正した申告書を改めて期日内に所定の手続きで再度申告する?


        上記に書いたようなことは「一切 ありません!」

 直接税務署に確認を取ったところ、以下のコメントが返ってきました。

1)今回の確定申告から「マイナンバー記載」は必要です。
2)但し、未記入の場合(全ての書類)でも、申告内容に不備がなければ、受け付けます。
3)誤記入の場合も同様です。
4)後日税務署から誤記入・未記入があった旨の連絡はしません。
5)再提出の必要もありません、ご自身で過ちに気付かれても再申告も、その旨の連絡も不要です。

  但し、あくまでも「今回の確定申告の場合」 という条件付きですので、今後記載が必須となった場合にはこの通りという保証はありません。 この点はご注意下さい!!


 【余談】

 税務署発行の「確定申告書等作成コーナーを利用した確定申告書の作成手順」という資料があります。 この裏面にはE-Taxの勧めが案内されているのですが、ここの「マイナンバー総合フリーダイヤル」が案内されています。 

 マイナンバーカード利用に関する問合せ先という触れ込みでしたので、私は最初ここに連絡を取り、先に書いたようなマイナンバー記載の有無によって申告のやり直しがあるかどうかを質しました。

 ところが、「こちらは内閣府の管轄なので、国税庁が税務署にどういう通達を出しているかはわからない、直接当該の税務署のスタンスを聞いてもらうのが確実です。」との回答でした。

 マイナンバーに関しては届け出先の当該窓口にその都度確認を取るのが、最も確実かつ手っ取り早い手順と思った次第です。

 
 ちなみに、既に税務署窓口は確定申告用に臨戦態勢を整えていましたし、月曜午前の時点で窓口は長い順番待ちの人で溢れていました!
 


  この件に関してのご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/


  事務所の連絡先は 以下の通りです。

 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3
  03-5157-5027(TEL) 平日は10:00~19:00
  03-5157-5012(FAX) 24時間対応

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
イメージ

サラリーマンの副業と確定申告 マイベストプロの専門家による情報サイト「JIJICO」に2月13日付で私の執筆した記事が掲載されました。タイミングよく、確定申告直...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

(50代の)男はツライヨ!? その時直面する3つの問題とその解決法を共に考えましょう!(1/3)

 新橋駅前で行政書士事務所を開業している寺田淳さんは、自分と同じシニア世代が置かれた立場や環境に対し、自身の経験から導いた指導やアドバイスを通じて3つの課題に関するサポート・サービス業務を専門としています。 特に最近顕著なものに、定年後...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

親と話す相続

 90代の高齢の父親がなかなか相続について考えてくれません...

K・M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
2019年 相続法改正へ? 

 【今日のポイント】  この3年間審議が重ねられてきた相続法の改正ですが、順調に進めば来年2019年に施行され...

[ 終活~相続に関する問題 ]

品川区のおひとり様高齢者向けサービスについて

 【今日のポイント】  いささか手前味噌かもしれませんが、私の暮らす品川区で始まるある住民向けのサービ...

[ 最近の話題から ]

公営の無料職業情報サイトが開設予定

 【今日のポイント】  起業にしても転職にしても、重要なことは正確な情報収集です。その為にはより多くの...

[ 起業・転職・再就職で必要な事 ]

 恒産なきもの 恒心なし

 【今日のポイント】  私が独立した時は60歳の定年を迎えた時にはある程度今後の人生における仕事をどうする...

[ 起業・転職・再就職で必要な事 ]

今やセカンドライフは20年計画で考える!?

 【今日のポイント】  2月1日付の日経新聞夕刊に、 「セカンドステージ:生涯現役、助走が肝心」という...

[ 起業・転職・再就職で必要な事 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ