コラム

 公開日: 2016-06-10  最終更新日: 2017-04-14

50才からの人生を考える ~勘違いし易いこと2つ

 久々のすっきりした朝です。 さらに、週末です。 長い一日になりそうですね(笑)


 お元気ですか!
「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、
気軽に活用出来る社会の実現を目指す」
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。


 今日はタイトルからもお判りの通り、いつものジャンルとは異なる話題を採り上げました。 

 とはいえ、ご存知の方も多いと思いますが、現在私はマイベストプロ東京でのコラムの他に、自分のブログ「先憂後楽」と、会員制のサイト「アトラ50」で記事を掲載しています。

 主にこのコラムでは行政書士の本業に関連する業務や、実際にあった事例紹介、業務に関連する社会・法律関係のニュースについてのコメントを主体としています。

 ブログ「先憂後楽」では50才からの第二の人生を応援しますというタイトルで自身の定年前に備えておくべき次の仕事に関する課題の提起を始め、高齢に達した両親に関する今後備えるべき課題、成人、又は社会人になった自分の子供に関連する課題への備えと問題の提起を中心としています。

 会員制サイト「アトラ50」では、ズバリ50代のシニア世代に向けての上記2つを織り交ぜた現実問題の提起や、今後検討すべき問題の認識や理解の拡大と言ったテーマを主体としています。

 このコラムでもその時々の事情で、これから起業や独立を目指す方向けの記事を掲載してきましたが、その際に私の口癖はコラムでもブログでも、決まって次のような言葉を挙げています。

 自分の、やりたい事、好きな事、得意な事、出来る事 この見極めを徹底して行う事で、勘違いした第二の人生を託す仕事選び~転職や起業の方向性~のリスクを最小限にする事が出来、 成功する確率は反比例して伸長する。

 私はこれを、勝手に「起業・転職前にクリアすべき4原則」と呼んでいます。

 ですが、 この言葉に今日から補足を入れたいと思います。


【得意な事、出来る事=強みの源は経歴?職歴?】


 例えば、「貴方の仕事をする上での強みは何ですか?」という問いかけに対して、「豊富な職歴」や「華麗な経歴」を持ち出すケースがままあります。

 強みと、経歴・職歴は 異なるものです。 

 営業部長として、長年予算達成100%を記録し続けたという「経歴・実績」があっても、今貴方は自分が営業に出て売上100%以上を連続達成出来るという意味ではありませんね。

 強みとは今現在の貴方自身に、給料を支払うだけの「価値」があるという意味です。 100%達成する営業マンを管理していたという「経歴・実績」は、もしかしたら成長市場への参加や、圧倒的な商品力やサービス力の存在、優秀な人材が、たまたま貴方が管理職の時に到来しただけ、と言う見方も出来るのです。


【もう一つの要因】


 では、吟味を重ねた結果、自分のやりたい事、出来る事、得意な事、好きな事に該当する、今後の人生を託すに値する仕事を見出したとしても、問題は残ります。

 その仕事、あるいはその仕事が属する市場が、「衰退産業」もしくは「成長は見込めない市場」であったなら、成功はかなり難しいという事です。

 目指す先の仕事や市場に、「ニーズはあるか」「ユーザーは存在するのか」、または、今はニーズが少ない、ユーザーも少ないものの、確実にこれからの成長、拡大が見込めること。

 先の4原則と、仕事と市場の将来性、 どちらを先に定めるかは人それぞれになりますが、 この両輪のバランスがとれていなければ、成功までに長期の苦労を強いられたり、早々の撤退を始める事になります。

 具体的には書けませんが、自分の学生時代の流行や憧れを今に再現する事を仕事にしたいという相談は少なくありません。 まさに「好きな事」で「得意な事」「やりたい事」ど真ん中といったプランになっていました。

 ですが、市場性については「自分が好きなんだから」 「同世代なら共感されるはず」 等と言った尺度でしか考えていないのです。 同世代でも最新の情報やトレンドを重視する層がいますし、同年代の流行といっても、一つとは限りません。 実は、自分が思う流行は、少数派ではないか?という検証が不十分なまま、または黙殺してのプランだったかもしれません。

 
 貴方は地球儀を全方位から観測してきたつもりでも、他人からは貴方と地球儀が同時に同じ方向に動いているだけで、実際は地球儀の同じ面しか見ていないと、映っているかもしれません。 
 
 第二の人生を決める決断、といった大仰なモノばかりでなく、相続や遺言、その他の家庭の問題と言った身近な問題についても、第三者の視点を持つ事は新しい道筋の発見に繋がるかもしれません。

 その節には、どうぞお気軽にご連絡下さいね(最後は、体のいい営業活動になってしまいました・・・)


  この件に関してのご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/


  事務所の連絡先は 以下の通りです。

 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3
  03-5157-5027(TEL) 平日は10:00~19:00
  03-5157-5012(FAX) 24時間対応

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 円満な相続のためには、正式な遺言書を遺すことは欠かせないことです。遺言書を作成しないまま相続発生となった場合に、トラブルになりやすい事例とは?仮に遺...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

後見と相続について

  入院中の90才になる父に最近認知症の兆候が出始めたよ...

K・T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
固定資産税の通知が 未だに来ません?!

  【今日のポイント】  数年前に相続した田舎の土地の固定資産税の通知が今に至るまで来ていません。 この...

[ 業務上の実例紹介 ]

喪主の役割、お分かりですか?

 【今日のポイント】  いざ葬儀の準備となった場合、真っ先に決めなくてはいけない事の一つに、喪主を誰が務...

[ 終活~葬儀とお墓に関する基礎知識 ]

ブログをリニューアルしました!

 【ブログリニューアルのお知らせ】  お元気ですか!「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に...

[ 新橋事務所日記 ]

新しいブログを開設しました ~相談やドットコムを宜しくお願いします!

 【今日のポイント】  本日10月3日から今までのブログ「先憂後楽」に加えて、新しいブログ「相談やドット...

[ 新橋事務所日記 ]

リクルート社の「アントレ」に掲載されました!
イメージ

 【今度は情報誌で記事が掲載されました!】  先日は講談社から発売の新書の中で対談記事が掲載されましたが...

[ 50歳からの人生 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ