コラム

 公開日: 2016-03-04 

金融機関での相続手続きの実際 その1

 3月最初の週末ですね、春本番も近しといったところでしょうか・・・


 お元気ですか!
「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、
気軽に活用出来る社会の実現を目指す」
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。


 これまで相続発生時に忘れてはいけない手続きについて、いろいろと紹介してきましたが、実際の手続きの流れについて、更にもう一歩深いところまで知りたいという相談者からの声が出て来ました。

 そこで、今回は「金融機関での相続手続き」について、実例を踏まえて紹介していきたいと思います。

 事例は複数の金融機関での対応を、共通項目を主体に編集したものです。 実際には個別の対応があると思いますので、取引先金融機関に詳しい手順などを確認される様お願い致します。

 今日は、「遺言書がある場合」に必要とされる書類について紹介します。

【用意しておくべき書類等 :遺言書がある場合】


①自筆証書遺言の場合
 ・遺言書の原本
 ・遺言検認調書謄本、または検認済証明書~共に家裁で発行されます。
 ・遺言執行者選任審判書(遺言書で遺言執行者が選任されていれば不要です)
  ~家裁で発行されます。
 ・印鑑証明書(遺言執行者と受遺者全員分です)
 ※相続関係届書(遺言執行者と受遺者全員分、署名、捺印したもの)

 但し、遺言執行者が決まっていない場合は
 ・遺言書の原本
 ・遺言検認調書謄本、または検認済証明書~共に家裁で発行されます。
 ・印鑑証明書(受遺者全員分です)
 ※相続関係届書(受遺者全員分、署名、捺印したもの)

②公正証書遺言の場合
 ・公正証書遺言の正本、または謄本
 ・遺言執行者選任審判書(遺言書で遺言執行者が選任されていれば不要です)
  ~家裁で発行されます。
 ・印鑑証明書(遺言執行者と受遺者全員分です)
 ・亡くなった方(口座名義人)の戸籍謄本(抄本)で死亡の事実が確認できるものを用意します。~最近は「戸籍謄本=全部事項証明書」と言う名称が使われています。
 ※相続関係届書(遺言執行者と受遺者全員分、署名、捺印したもの)

 但し、遺言執行者が決まっていない場合は
 ・公正証書遺言の正本、または謄本
 ・印鑑証明書(受遺者全員分です)
 ・亡くなった方(口座名義人)の戸籍謄本(抄本)で死亡の事実が確認できるものを用意します。~最近は「戸籍謄本=全部事項証明書」と言う名称が使われています。
 ※相続関係届書(受遺者全員分、署名、捺印したもの)


 ここで、※で書いた「相続関係届書」とは各金融機関で様式が定められている書類の事です。

 事前に用紙を入手して必要事項を記入し、上記の書類と併せて提出することになります。  概ね被相続人(亡くなった口座名義人)の氏名、死亡年月日相続手続き依頼人(相続人)の氏名、住所、連絡先、実印の押印が求められ、さらに取扱い項目(預金、投資信託などの取り扱い方法の記載や、相続人の口座への送金(入金)の依頼等を記載するようになっています。

 ちなみにこのコラムでよく採り上げている貸金庫もこの書類上で手続きがされます。 貸金庫は名義人の貸金庫を引き継ぐことが出来ません。 いったんは解約手続きをし、その後必要であれば新たな契約者が新規契約を結ぶことになります。

 上記の4パターン全てにおいて必要とされるので、金融機関に届け出の際には必ず入手するようにして下さい。


 また、遺言書の内容によっては、法定相続人が確定出来る戸籍謄本(全部事項証明書)や、法定相続人全員の印鑑証明書と、相続関係届書への署名、捺印が求められる場合もあります。 この点はケースバイケースですので一応参考にしておいて下さい。


  次回は、「遺言書が無かった場合」の手続きで必要とされる書類等について紹介していきます。


  この件に関してのご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/


  事務所の連絡先は 以下の通りです。

 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3
  03-5157-5027(TEL) 平日は10:00~19:00
  03-5157-5012(FAX) 24時間対応

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
イメージ

 12月3日(日)に前回のセミナーと同じ朝日新聞社本社内の読者ホールで50代からの起業をテーマにしたセミナーで講師として再登壇しました! 今回は二部構成とな...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

(50代の)男はツライヨ!? その時直面する3つの問題とその解決法を共に考えましょう!(1/3)

 新橋駅前で行政書士事務所を開業している寺田淳さんは、自分と同じシニア世代が置かれた立場や環境に対し、自身の経験から導いた指導やアドバイスを通じて3つの課題に関するサポート・サービス業務を専門としています。 特に最近顕著なものに、定年後...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

遺言の効力

 夫婦で店をやってます。 自宅兼店舗で他にこれと言った財産...

T・W
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
銀行マン 受難の時代を実感しました。 

  【今日のポイント】  正月モードも完全に抜けた先週半ばに、立て続けに現在金融機関に籍を置く方2名から...

[ 新橋事務所日記 ]

無主の土地問題に一石? 相続登記の義務化を検討

 【今日のポイント】  所有者が分からない空き地や無人となった家屋、貴方の周囲にもあるのではないでしょう...

[ 終活~相続に関する問題 ]

消費税軽減税率、その対象の区分がややこしい!?

 【今日のポイント】  あけましておめでとうございます!今年もマイベストプロ東京を宜しくお願い致します...

[ 最近の話題から ]

 私も体験しました 勝ちに不思議の勝ちあり~(起業の成功にも不思議の成功?)

 【今日のポイント】  今年最後の投稿です。そこで起業・独立に関しての「不思議の勝ち」というものを採り...

[ 起業・転職・再就職で必要な事 ]

ドライブスルーで焼香 に思う

 【今日のポイント】   ニュースでも採り上げられていました、お焼香を車から降りないで行うという「ドライブ...

[ 最近の話題から ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ