コラム

 公開日: 2016-01-04 

憂いと迷いの違いとは?

 
 明けましておめでとうございます。 今年も宜しくお願い致します!

 今年の正月は如何でしたでしょうか?
「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、
気軽に活用出来る社会の実現を目指す」
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。



 今年最初のコラムに、何を書こうか? 昨年末から継続している相続・贈与に関するテーマをそのまま紹介するのもメリハリに欠けるかと思いまして、単発のテーマを取り上げてみました。

 
 貴方にとって「憂い」と「迷い」の違いは何でしょうか?

 大きな括りでいえば、どちらも「悩み」です。

 その違いとは何でしょう?

 
 極端なたとえですが、外に打って出る場合(戦闘でも、新規事業開拓でも、販路拡大でも)に何より重要なことの一つに内部がまとまっていることが挙げられると思います。 
いわゆる「内憂」なく「後顧の憂いなく」全力で外に向かって突き進める体制作りが、成功の要因でしょう。


 では40代、50台にとっての憂い=内憂とは何でしょうか?

老境に至った親
シニアに達した兄弟姉妹
そろそろ社会人になる(なりたての)子供たち

このすべてに絡んでくるのが、「相続、贈与、遺言」なのです。

親が遺言や相続について無関心、そろそろ兄弟間でも考えないといけない時期では? でも誰が言い出しっぺになる?
同じ話は社会人になっている子供も思っているのではないか? でも自分たちはまだまだ50代、遺言はまだ時期尚早?

もしくは、すでに兄弟姉妹館で疑心暗鬼からの「争族化」が始まっている。
ニート、就職浪人の子供たちの行く末が心配。

既に配偶者とは「仮面夫婦」、今後どうしたらいいのか?

 このような主に家庭内、家族・親族間の悩みは、頭痛の種であり、「憂い」の元なのです。


そしてもうひとつの「迷い」という悩みには何が当てはまるでしょう?


 40歳を越えて、あるいは50代に達して、自分の人生の進路、どの羅針盤を信じて舵を切ればいいのか?

 この決断を下すのに「迷い」が生じるのです。

 果たして(転職・再就職先は)この会社で良かったのか?
 果たして(この時期、この場所、この店で)起業・開店して正解だったのか?
 
 
 憂うのは 自分の足元であり、迷うのは自分の先にある未踏の道。 この違いではないでしょうか?

 そして厄介なのは、この2つを混同し、あるいはよく見極めないままに相談されるケースが少なくないということです。
 
 どちらが重要、どちらが優先などという単純な比較は無意味ですが、貴方自身にとってどちらがより重く、解決をすべき「悩み」なのかは把握しておくべきなのです。

 この見極めを間違えていると、問題解決はかなりの時間と労力を無駄に費やすことになります。

 繰り返しになりますが、新たな人生を考えるときには、少なくとも「内憂」を正確に把握して、今、どちらに先に取り組むべき問題=悩みかを正しく選択すべきと私は考えます。 


 (内に)憂いを抱え、 (外に)迷いつつの相談は、 今の私には荷が重く、お役に立てるようなアドバイスが出来る自信がありません(苦笑)


 今日から仕事始めの方も多いことと思いますが、松の内の間にでも、貴方にとっての「迷いと憂い」を直視してみませんか? 



 この件に関してのご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/


  事務所の連絡先は 以下の通りです。

 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3
  03-5157-5027(TEL) 平日は10:00~19:00
  03-5157-5012(FAX) 24時間対応

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 先日発表されました高齢者の定義を従来の65歳以上から、75歳以上とし、65~74歳の世代には新たな呼称として「准高齢者」と定義する提唱について、当事者、雇用側の企...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

遺言の効力

 夫婦で店をやってます。 自宅兼店舗で他にこれと言った財産...

T・W
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
おひとり様個人事業主が常に考えておくべきこと

 【今日のポイント】  私のように、個人事務所や個人事業で日々働いているおひとり様。仕事に関する全責任...

[ おひとり様の終活 ]

今年の確定申告顛末記

 今日のコラムは、先月コラムで取り上げましたパソコンの不具合の続編?的なぼやきです。確定申告の時に直面し...

[ 新橋事務所日記 ]

「法定相続人でない家族の介護」は相続に反映されない!?

  【今日のポイント】  両親に対する長年の献身的な介護も、相続発生の時には多くの場合「特別寄与分」と認...

[ 終活~相続 ]

新しい形で自分情報を記録する
イメージ

 【今日のポイント】  万が一の備えとして、遺言の前段階にエンディングノートの作成を考える方が増えていま...

[ 終活~エンディングノート ]

これも相続税節税法? ~離婚

 【今日のポイント】  相続税の節税方法としては「番外編」になりますが、離婚することで財産を「非課税で...

[ 終活~相続 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ