コラム

 公開日: 2015-12-17 

生前贈与の落とし穴 ~親子間での不動産の賃借と売買

 週の後半からは忘年会の連戦です! ただ翌週は予定を入れていませんから、帳尻は合うはず??

 お元気ですか!
「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、
気軽に活用出来る社会の実現を目指す」
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。



 親子間で発生する生前贈与の問題についての第3弾となりますが、今回は、親の財産を子が「タダで」使う場合の注意点についてです。


【使用賃借と賃貸借契約】

 タイトルだけでは何のことやらわかりませんね? 似て非なる2つの形態について紹介しましょう。

 仮に親の名義の土地が、それなりに利便性の高い一角にあり、当面何も使用する目的が無い、ちょうど息子夫婦が地元に戻る事となり、いずれは息子のものになるのだからとその土地の上にマイホームを建てさせ、無償で土地を貸したというケース、 この様に親の土地を子が「無償で」使用する場合を「使用賃借」と言います。

 一瞬、親の財産を独占的に使用する訳ですから、「これは贈与だろう」と思われがちですが、贈与税の課税対象にはなりません。 

 これに対し、地代を課す、地代を支払うと言った契約を結んで土地を使用する事を「賃貸借契約」と言います。



【ふたつの相違点は?】

 定期的な地代の発生の有無という相違点は、上記でお判りでしょうが、他にもっと大きな意味を持つ違いがあります。

 それは「借地権」の有無です。 使用賃借の場合は借地権は認められません。 仮に地代は払っていないものの固定資産税はこの負担としているような場合でも基本的に「使用賃借」として扱われます。

 借地権が認められるのは、地代をとる「賃貸借契約」になります。 通常借地権はその土地によってその比率が決められますが、借地権がある事によってその土地が「貸宅地」となるのでその分だけ「相続税評価額が低くなります。」

 大雑把な例ですが、1億円の土地に借地権があり、その比率が70%としましょう、そうしますと1億円×70%=7,000万円が減算されて相続税評価額は3,000万円になるのです!

 さて、そうなりますと親子と言えどもキチンとした賃貸借契約を結び、実際に地代を支払う事で後の相続税を大幅に減らすことになりますね。 

 目先の出費を節約するか将来の相続税の節税か、選択肢としてはどちらが魅力的でしょうか?

 ですが、賃貸借契約にも注意点があります。

 これはその地域によって違いはありますが、借主は貸主に対して権利金(土地の借地権設定に対して)を支払う慣習がある場合、これもキチンと(親子と言えども)支払っておくことが求められます。

 親子だからそんなものは要らないよ、と無視していた場合、後になって「権利金に相当する額の生前贈与」と見做される事があります! これを「認定課税」と言いますが、地域事情をよく調べておきませんと税務調査の際に「摘発される」事にもなり兼ねません。

 別に宅地でなくとも、親名義の遊休地で子が物販やその他商売を始めたりしても同様の事です。 

 「タダほど怖いものはなし」 というのは 親子間の場合でもしっかり当てはまるのです。
覚えのある方は、やらずもがなの納税をする事態にならない様、ご注意下さいね。
 


【格安での売買で贈与税を免れる?】

 次に、親が所有する不動産、例えばマンション等を子に「格安で売却」したらどうでしょう?
「タダで渡すから贈与と見做される、ならば、売買の形式をとれば贈与にはならない。」

 一見、その通りなのですが、問題はその売却価格です。 

 親子だから通常の半値でいいよ、等と勝手に判断して市場価格で5,000万円前後の物件を子に2,000万円で売却したとしましょう。 通常の時価と比べ半値以下です、差額相当の3,000万円分はどういう扱いになるでしょうか?

 当然「3,000万円の贈与」と判断されます。 親族間、特に親子間での不動産売買には税務署も殊の外「熱心に」その内容を調べるそうですから、下手な隠し立ては却って墓穴を掘る事にも?

 また初めから「堂々と贈与」でこの物件を子に渡した場合、贈与税の課税基準はその不動産の相続税評価額となります。 多くの場合不動産の相続税評価額は時価を下回る為、場合によっては下手な売買での財産分与よりも「節税」になる事があります。

 実際はその物件の市場価格や売買価格によって課税額も変動しますので詳細については省きますが、下手な親子の情は却って税負担が増すだけにもなり兼ねません! この点も事前によく情報を収集してから判断するように心がけましょう。






  この件に関してのご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/


  事務所の連絡先は 以下の通りです。

 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3
  03-5157-5027(TEL) 平日は10:00~19:00
  03-5157-5012(FAX) 24時間対応

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
アントレ2016秋号にて

 今度はリクルート社が発行する情報誌「アントレ」2016秋号の特集記事、「今こそ開業!脱。先送り人生」で、私の起業に至るまでのインタビュー記事が採り上げられるこ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

親と話す相続

 90代の高齢の父親がなかなか相続について考えてくれません...

K・M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
特別縁故者に入所施設が認定されました。

 【今日のポイント】  新聞でも掲載されていた長年入所していた支援施設に身寄りのない入所者の遺産相続が認...

[ 最近の話題から ]

遺言では遅すぎること ~葬儀・墓・家

 【今日のポイント】  遺言に書かなくてはいけないことはいろいろありますが、遺言に遺しても意味がないも...

[ 終活~エンディングノート ]

マイナンバーで出来る事

 【今日のポイント】  2017年度の税制改正の内容が明らかになりました。その中で、確定申告の際の医療費控...

[ 最近の話題から ]

知っていますか? 固定資産税の仕組み

 【今日のポイント】  土地や建物を所有すればついて回るのが「固定資産税」です。今日は課税のポイント、...

[ 新橋事務所日記 ]

最近の相続トラブルについて

 【今日のポイント】 相続にまつわるトラブル、いろいろあります。法定相続分、遺留分、特別受益、寄与分な...

[ 終活~相続 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ