コラム

 公開日: 2015-11-09 

マイナンバーQ&A その2

 数少ない研修の入っていない日曜でしたが、終日雨に祟られました・・・


 お元気ですか!
「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、
気軽に活用出来る社会の実現を目指す」
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。


 今回は、復活したマイナンバーネタから、「マイナンバーとおカネ」に絡む話について紹介していきます。

1:給与収入以外の場合 その1


  例えば、アフィリエイトやヤフオクでのオークションでの収入。 ニコニコ生放送でも、ユーチューバーでも、有料ならば収入となります、または自分で運営しているネット専用のショップでの収入はどうでしょうか?
 
 さすがに「どこで稼いだのか」までは現在のシステムでは把握はされませんが、そこでの収益を金融機関の口座に入金した時点で、「入金の事実」は金融機関の口座に紐付された(されている場合)マイナンバーから当局に把握されます。

 「何年何月何日のどこの口座への入金について」 税務署からのお知らせは、確実に届きます。

2:給与収入以外の場合 その2


 私も実施しています個人事業主としてのセミナー講師や、雑誌や専門誌への寄稿に拠る「報酬としての収入」の場合は、マイナンバーの提示義務はありませんから、講演会の招へい企業や、雑誌社などに自分のマイナンバーの提示を拒否出来ます。 尤もその後、お声がかかるかどうかの保障はありませんが。

 また、1:と同じく、入金用の口座に振込みがされた、振込みをした途端に、その事実が当局に発覚してしまうのです。



3:複数のパートを掛け持ちしている妻の収入は?


 配偶者控除の対象になりたければ、年収103万円以下、扶養家族として健康保険料や年金保険料を支払いたくなければ年収130万円以下のアルバイトやパートで副収入を得る事は出来ます。

 但し、1か所のバイト先で年収105万円なら一目瞭然になりますが、3つのバイトを掛け持ちしてそれぞれが年収で50万円だったら? トータルでは150万円でも今まではそこまで税務署で調査。追求する事は難しいものでした。 ですが、マイナンバーでの紐付が実施されれば、各バイト先の収入は名寄せされて一瞬にして総額が露見します。

 前回紹介したように、夫がサラリーマンであれば今年の年末から源泉徴収票に扶養家族のマイナンバーも記載する形式になります。 記載を拒否すればより税務署の関心を引く事になります・・・ 前後とも退路を塞がれることは避けられないようです。


4:生前贈与との関係は?


 最後に、相続や贈与に絡む話題です。
 暦年贈与では1年間に110万円までの生前贈与には贈与税は非課税です。 ここでも複数の口座を駆使して(中には遠隔地の地銀の口座等を絡めていたケースも)「分散贈与」して、非課税枠を超える贈与をしている場合には、今後は即把握されますし、その結果過去に遡っての厳しい追及が待ち受ける事になるでしょう。

 個人年金保険の契約で契約者と受取人が同一(妻や子)で保険料を支払うのが夫(父親)の場合は贈与税の対象ですし、マイナンバーによっておカネの流れを調べられれば即贈与と判明します。

 最近話題の「教育資金一括贈与」の場合も、「子育て支援贈与」の場合も、贈与そのものは合法ですが、おカネの使い道はしっかり把握されますから、疑わしい出金があると判断されれば、「税務署からのお尋ね」の連絡がやってきます。

 特に前記の贈与非課税の対象については教育資金の場合は当該の子供が30才になった時点で残高があればそこに贈与財が課税されますし、同様に子育て資金は50才までに使い切ってなければ贈与税の対象になります。

 残高までも入出金の履歴が明らかになる事で、しっかりと把握されるのです。



  この件に関してのご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/


  事務所の連絡先は 以下の通りです。

 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3
  03-5157-5027(TEL) 平日は10:00~19:00
  03-5157-5012(FAX) 24時間対応

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 3月29日付のJIJICOに 相続に関する記事が掲載されました。知らない間に借金を相続しない為に!親が亡くなったら確認すること 今回は知らずに親の借金...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

(50代の)男はツライヨ!? その時直面する3つの問題とその解決法を共に考えましょう!(1/3)

 新橋駅前で行政書士事務所を開業している寺田淳さんは、自分と同じシニア世代が置かれた立場や環境に対し、自身の経験から導いた指導やアドバイスを通じて3つの課題に関するサポート・サービス業務を専門としています。 特に最近顕著なものに、定年後...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

 相続手続きのイロハ

 全く突然に父が急逝しました。 一人暮らしでしたが、元気...

I・W
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
おひとり様の遺贈寄付

 【今日のポイント】  おひとり様でかつ一人っ子といった「後を継ぐ相続人がいない」人物の遺産相続について...

[ 終活~相続に関する問題 ]

ゴールデンウイーク中の営業について

   【ゴールデンウイークの期間中の対応について】  いつもお世話になっております。 さて今週末から...

[ 新橋事務所日記 ]

年金請求書の郵送時期について

 【今日のポイント】  今日は、身近で起きた実例を紹介したいと思います。還暦世代にとっては身近な「年...

[ 新橋事務所日記 ]

不動産の相続から売却まで 最新の節税事情とは?

 【今日のポイント】  さて、今回の内容は、前回のコラムの中で最後に簡単に紹介した不動産の相続に関しての...

[ 終活~相続に関する問題 ]

相続の発生前にすべきこと

 【今日のポイント】  今日は今更の感もありますが、相続の発生を考える時が来た時に最低限、最優先で検討す...

[ 終活~相続に関する問題 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ