コラム

 公開日: 2015-10-19 

マイナンバーに関するQ&Aあれこれ

 昨日に引き続き、心地よい気候の東京です。
 
 お元気ですか!
「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、
気軽に活用出来る社会の実現を目指す」
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。



 最近はマイナンバー絡みの記事が多く、他のコラムも用意しているのですが、タイミングの関係もあってなかなか軌道修正が出来ません。 今日もその流れのままにマイナンバーのコラムです(汗)


 まだマイナンバーの全てが分かっている訳でもなく、実際の運用開始時に今の予定通りなのかも確定はしていない様な中で、判っている範囲で最近届いた質問にお答えします。


【12ケタの番号が他人に知られたら】


 12ケタのマイナンバーが何らかの手違いで他人に漏れる。 もはや貴方の個人情報の全ては白日の下に晒される!!

ことはありません。 

 マイナンバーに記録された個人情報にたどり着くには、12ケタの番号の他に、貴方が任意で設定した「パスワード」が必要なのです。

 パソコンや携帯、スマホ、キャッシュカードの使用時にも、メールアドレスとパスワード、IDとパスワード、暗証番号とパスワード等、2段階でセキュリティが設定されています。 マイナンバーも当然ながらこの手の対応はしています。 パスワードが第三者に知られなければ情報が晒されたり、悪用はされません。 


【マイナンバーは個人だけではありません】


 企業に対しては「法人番号」が付与されます。 これは厚生年金の保険料の不払いを炙りだす役目があります。法人として登記されているにもかかわらず、厚生年金保険未加入の会社がこれによって一目瞭然になる訳です。

 厚生年金保険料は従業員と会社で折半で負担します。 この会社負担分が企業によっては重い負担になります。

 では、保険料負担を避けたい会社側としては、何か対応はあるのでしょうか?   ないことはありません。
あくまで「制度上は可能」という意味合いですが、厚生年金に加入する義務が無い「個人事業主」になるという「離れ業」があります。  法人を捨てるほどのメリットを感じるかどうかは、貴方次第です(苦笑)


 【勤め先に副業が露見しない手立てはないか?】


 前にも書いていますが、露見するのは住民税の税額の変化が勤め先に判ってしまいからです。  つまり正規の勤め先に届く住民税額が高くなった=別の収入がある=会社に隠れて他でも働いている。 ということが推測されるからです。

 副業に就いていること自体を何とか隠したい。 と言う場合ならば、いわゆる正攻法として、副業に関しては自分自身で「確定申告」をする事です。 詳細は省きますがこれによって勤め先に加算された住民税が通知される事はありません。

 要は会社と貴方個人で、住民税を払う方式になるのですが、これを「普通徴収」といい、一般的なサラリーマンのように給与天引きされる「特別徴収」とは別のやり方です。

 ただ、当然国もそれは織り込み済みのようで今後は全ての給料形式の会社に対しては特別徴収を徹底するような話になっていますから、副業先が給与制の場合は、この手が使えるのも時間の問題かと思われます。

 さらに、ある意味正直に確定申告するという事は、諸刃の剣です。 税務署と言う組織は、単純に「今年から副収入が発生した」とは考えません、「いつから始めていたのか?」と疑いの目を向けますから、要調査対象として目をつけられる場合があります。 過去何年も副業で稼いできたことが露見すれば容赦ない追徴課税が待っています!


 もう一つは、「開き直り」対応です。
先に書いたように、勤め先が分かるのは「どこかで別の収入先を持っているな」というところまでしか推測出来ません。
住民税額の変化だけでは、どういう会社のどういう職場で副業をしているか迄は判る筈がないのです。

 勤め先に住民税額から副業の存在がばれるのは想定内として、何をしているかまでは判明しない点を衝いて、「親の会社の名誉役員として」「親戚の会社の名前貸し代として」 あるいは「実はマンション経営していた」といった「探られても痛くはない」別腹を用意するというものです。 かなりの度胸と演技力が求められますが、これ以上の追及はまずされないはずです。 これまた、実施するかしないかは、自己責任を負える貴方次第です・・・


 【預貯金口座との紐付は】


  2018年、あと3年後には紐付が開始の予定です。 あくまでも任意ですが、まあこれも時間の問題でしょう。
最終的には、個人番号を登録しなければ「新規口座開設」が出来なくなると言われています。 さらには「既存の口座からの入出金」にも制約がかけられるようです。 

 となれば、任意とはいえ紐付される前に口座を開設しておけば、登録が義務化されるまでの数年間は、マイナンバーの記載は拒める訳です。

 NISAをそろそろ始めようかと思っている、近い将来会社を設立するのでその前に新たな取引口座を開設する。 と言ったように、具体的に新規口座開設を検討されているならば、義務付けされない年内に開設しておく方が賢明かと思います。


 【そもそも個人番号カードは絶対に必要か?】


 現在、運転免許証を返納した高齢者や取得したことが無い専業主婦等、写真付きの住基カードで身分証明をしている方は、今後住基カードの更新が廃止され、代替として個人番号カードが使われるので致し方ないでしょうが、それ以外の方、免許証やパスポート等を所持しているならば、絶対にカード発行が必要なモノではありません。

 通知カードと運転免許証やパスポート、 あるいは最近悪い意味で話題になった「マイナンバーが記載された住民票の写し」と身分証明書があれば個人番号カードの代用が可能なのです。

 持ち歩く際に1種類だけで済むが紛失や盗難時にはダメージが深い個人番号カードか、持ち歩くには不便ながら漏洩のリスクは低くなる分散策か?  これまた選択は貴方次第です。


 漸く通知カードの郵送が始まったばかりで立て続けの不祥事と不手際が発生し、「幸先の悪い」船出となったマイナンバー制ですが、過剰に不安視する事も、過大な期待も今の段階では無用の事と思います。 まずは確実に「通知カードの受領」だけを心がけて下さい。 特に単身赴任やおひとり様の様に簡易書留の受取に苦労される方は、今のうちに受取方法を決めておく方がいいでしょう。




  この件に関してのご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/


  事務所の連絡先は 以下の通りです。

 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3
  03-5157-5027(TEL) 平日は10:00~19:00
  03-5157-5012(FAX) 24時間対応

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 円満な相続のためには、正式な遺言書を遺すことは欠かせないことです。遺言書を作成しないまま相続発生となった場合に、トラブルになりやすい事例とは?仮に遺...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

遺言の効力

 夫婦で店をやってます。 自宅兼店舗で他にこれと言った財産...

T・W
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
平成30年1月1日から変わる「法定調書」の影響とは?

 【今日のポイント】  一般にはあまり馴染みのない「法定調書」ですが、実は案外身近な存在なのです。その...

[ 終活~相続に関する問題 ]

介護と育児が同時に!? ~最近の新聞から

  【最近の話題から】  今日は最近の新聞雑誌の中から、気になった内容の記事を紹介したいと思います。...

[ 最近の話題から ]

マイナンバーの利用範囲が「戸籍」にも!?

 【今日のポイント】  結婚の届け出やパスポートの申請、年金の申請手続き等に不可欠な戸籍謄本や抄本の提出...

[ マイナンバー制度の基礎知識 ]

生前整理の一環としての「自宅の片づけ」

 【今日のポイント】  生前整理の一環として大掛かりなものに、家庭にある不用品や無駄な品を片付けるという...

[ 終活~生前整理に関して ]

遺産分割から住居を除く? 法制審議会試案より

 【今日のポイント】  遺産分割の結果、泣く泣く亡き配偶者との思い出が詰まった実家を売却して遺産相続の為...

[ 終活~相続に関する問題 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ