コラム

 公開日: 2015-09-09 

貴方の家に税務調査!?

  台風の影響がピークになる中、研修受講で出かけなくては!!

 今日の話題はこの時期から発生する「もう一つの台風」について?紹介します。


 お元気ですか!
「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、
気軽に活用出来る社会の実現を目指す」
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。



 例年9月を過ぎますと、所轄の税務署から「税務調査」の電話が始まります。
何の調査? 既に忘れかけてきた(方もいる?)1年から2年前の「相続税の申告」内容の調査なのです。

 銀行を題材にしたドラマでは本店から支店への業務調査を「臨店」と言っていましたが、こちらは個人宅へ臨むので、「臨宅」と呼ばれるそうです。

 とはいえ、相続発生した家庭の全てに「臨宅」が入りはずもなく、それなりの目安はあるそうです。

 例えば土地や預貯金、貴金属などを合わせた遺産総額が3億円以上とか預貯金や有価証券等で1億円という具体的な基準から生前の暮らしぶり(豪奢な生活が有名だった)や企業幹部や創業者、個人大株主の様に年収がそれなり以上と見込まれる層等、一般家庭からは「乖離」した方々が主な対象だそうですが、中にはごく一般的な庶民の家庭への臨宅もありますから、油断は禁物です。

 事実、数年前でしたがある知人が当時で基礎控除額を僅かに超える程度の相続が発生して1年半後に「臨宅」の洗礼を受けていました。 当然ながら隠すほどのものもなく、早々に終了だったそうですが「指摘されるようなことは絶対ないと信じていたが、その時の緊張感は半端じゃなかった」と言っていました。

 なぜ忘れた頃にやってくるのか? 事前に臨宅する対象の生前の記録を調査しているからだそうで、概ね故人の保有資産や口座、相続人の口座等の入金履歴などは把握しておいてから、訪問するのでこの程度の時間がかかるようです。

 日々の生活費に充てていた毎月の引き出し額に不自然な動きが無かったか、ある時期から引出額が「高騰」していないか、転勤先でもなかった遠隔地の金融機関の口座を持っていないか、 子や孫名義の預金の有無など、多岐にわたっての動向調査は訪問時には「完了済み」と判断していいとの事でした。

 訪問時にはさりげなく玄関先や居間、トイレ、台所などに飾ってある「金融機関名の入った品」にチェックを入れます。 壁用のカレンダー、卓上カレンダー、ティッシュボックス、うちわ、など等、ついうっかりいつものままにしておくと、調査済みの金融機関に含まれていないところの品を見つけると、「この金融機関の通帳を出して下さい。」と、調査開始のゴングが鳴らされます!

 よく聞くのが 奥様名義の通帳を調べられ、「専業主婦なのに毎月の積立はどうやって?」と尋ねられて「へそくりです。」
「だから私のおカネでしょう?」と答えるケースです。 

 ヘソクリの源泉は「旦那さんの(故人の) 働きで得た給料や報酬」ですから、節約の賜とは言っても立派な相続財産です。 100%修正申告をする事になりますね。

 ほぼ終日かけての調査の結果、指摘された申告漏れ額は2013年度のデータでは平均で約2,600万円、追徴税額は約450万円だったそうです!

 申告漏れは、勘違いや計算ミスといった「過失」であれば「過少申告加算税」が課せられ、悪意あると見做されれば「重加算税」が追徴される事になります また申告期限からの日数から「延滞税」も課せられますから、申告の際には変な気は起こさずに正確な申告に徹した方が結局は「安上がり」になります。


 最後になりますが、もし顧問税理士や懇意にされている税理士がいるのでしたら、「書面添付制度」を活用する事をお奨めします。

 これは簡単に言いますと、臨宅で聞かれそうな案件を先回り?して、事実の説明等の当事者側の主張を税理士が文書にして申告書と共に提出するものです。

 詳細は省きますが、興味のある方は以下のリンク先をご覧下さい。
 
 書面添付制度

 


  この件に関してのご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/


  事務所の連絡先は 以下の通りです。

 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3
  03-5157-5027(TEL) 平日は10:00~19:00
  03-5157-5012(FAX) 24時間対応

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 円満な相続のためには、正式な遺言書を遺すことは欠かせないことです。遺言書を作成しないまま相続発生となった場合に、トラブルになりやすい事例とは?仮に遺...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

 相続手続きのイロハ

 全く突然に父が急逝しました。 一人暮らしでしたが、元気...

I・W
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
固定資産税の通知が 未だに来ません?!

  【今日のポイント】  数年前に相続した田舎の土地の固定資産税の通知が今に至るまで来ていません。 この...

[ 業務上の実例紹介 ]

喪主の役割、お分かりですか?

 【今日のポイント】  いざ葬儀の準備となった場合、真っ先に決めなくてはいけない事の一つに、喪主を誰が務...

[ 終活~葬儀とお墓に関する基礎知識 ]

ブログをリニューアルしました!

 【ブログリニューアルのお知らせ】  お元気ですか!「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に...

[ 新橋事務所日記 ]

新しいブログを開設しました ~相談やドットコムを宜しくお願いします!

 【今日のポイント】  本日10月3日から今までのブログ「先憂後楽」に加えて、新しいブログ「相談やドット...

[ 新橋事務所日記 ]

リクルート社の「アントレ」に掲載されました!
イメージ

 【今度は情報誌で記事が掲載されました!】  先日は講談社から発売の新書の中で対談記事が掲載されましたが...

[ 50歳からの人生 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ