コラム

 公開日: 2015-07-24 

仰天サービス 「送骨」とは?

 お元気ですか!
「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、
気軽に活用出来る社会の実現を目指す」
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。



 私が扱っている業務の中で最近は「改葬」関連の受任が目立ってきています。 本来業務の範囲は改葬許可証の取得代行なのですが、一連の業務の流れでお墓の解体から魂抜き、骨壺の運びだしに立ち会う事も多々あります。

 両親のお骨だけなら骨壺も2つで済みますが、これに祖父母や兄弟、先祖代々など多くのお骨を移送するとなるとその運搬には頭を悩ませます。  近郊のお墓であれば自家用車での移送や、タクシー利用も可能でしょうが、新幹線で半日とか航空機でなければ辿り着けない島嶼部にあった場合はお手上げですね。

 そんな中、「ゆうパックなら、一般の荷物と同様に全国どこにでも配達OK」と言う情報を得ました。

貴方はご存知でしたか?

 念の為ゆうパックのHPも確認しましたが、遺骨、骨壺は取扱NGではありませんでした。

ゆうパックの取り扱いの可否

 やや気になったのが「法令に基づき移動又は頒布を禁止された物」の箇所でしたが、ここも直接問い合わせしたところ遺骨も骨壺も対象外との事でした。

 無論、モノがモノですから、梱包には自己責任で完璧を期してほしい旨強く言われましたが、指定の梱包箱に収めて荷札に「遺骨、骨壺」を明記すれば窓口で通常の荷物と全く同じに取り扱ってくれます。

 先に挙げた島嶼部への移送も問題ないそうです。

 「送骨」という方法、その手段の良しあしは別にして、手に持って運べない程の遺骨がある場合には検討する価値はありそうですね。

 なお、今回の事例はあくまでも自宅へ送る場合です。 

 どうせ送るなら改葬先の新しいお寺へ直接送れば自宅から運ぶ手間も省ける! と考えてもおかしくはありませんが、事前に新しい墓を管理する責任者の承諾が必須ですから、可否の確認とその場合の手続きなどをしっかり把握しておかなくてはいけません。 一般的には埋葬許可証と遺骨は遺族の方が持参して、新しい墓地や納骨堂への安置を行います。 あまりにドライなやり方ではその後の関係にも影響を及ぼしかねません。

 全国では寺へ直接送ってもらう宅配システムを既に確立させている例もありました。 まだ馴染は無いようですが…


 余談ですが、万一輸送途中で天災や事故で「紛失」や「破損」が生じたらどうなるか?

 これも一般の荷物と同じで30万円以内で補償されます。 セキュリティサービス(370円別途必要)に加入すれば50万円までの補償となるようです。  まあ、この点についてはコメントは控えておきます。
 



  この件に関してのご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/


  事務所の連絡先は 以下の通りです。

 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3
  03-5157-5027(TEL) 平日は10:00~19:00
  03-5157-5012(FAX) 24時間対応

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 円満な相続のためには、正式な遺言書を遺すことは欠かせないことです。遺言書を作成しないまま相続発生となった場合に、トラブルになりやすい事例とは?仮に遺...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

後見と相続について

  入院中の90才になる父に最近認知症の兆候が出始めたよ...

K・T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
固定資産税の通知が 未だに来ません?!

  【今日のポイント】  数年前に相続した田舎の土地の固定資産税の通知が今に至るまで来ていません。 この...

[ 業務上の実例紹介 ]

喪主の役割、お分かりですか?

 【今日のポイント】  いざ葬儀の準備となった場合、真っ先に決めなくてはいけない事の一つに、喪主を誰が務...

[ 終活~葬儀とお墓に関する基礎知識 ]

ブログをリニューアルしました!

 【ブログリニューアルのお知らせ】  お元気ですか!「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に...

[ 新橋事務所日記 ]

新しいブログを開設しました ~相談やドットコムを宜しくお願いします!

 【今日のポイント】  本日10月3日から今までのブログ「先憂後楽」に加えて、新しいブログ「相談やドット...

[ 新橋事務所日記 ]

リクルート社の「アントレ」に掲載されました!
イメージ

 【今度は情報誌で記事が掲載されました!】  先日は講談社から発売の新書の中で対談記事が掲載されましたが...

[ 50歳からの人生 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ