コラム

 公開日: 2015-07-15 

最善は最適にあらず?!  

 もう梅雨は明けたのではと思う今週です、暑ければ暑いで苦労しますが、暑くないとこれもまた物足りないのは何故でしょう?


 お元気ですか!
「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、
気軽に活用出来る社会の実現を目指す」
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。



 おかげ様で業務相談から起業や転職相談などで、少しは社会のお役にたててきたのかと思うこの頃です。 とはいえ、文字通りのワンマン事務所、電話応対から実務まで一人でこなす中で、ある程度効率を考えるようになりました。

 基本相談依頼が来た場合は、予約制で時間の許す限り相談者の都合に合わせています。 

 例えば、サラリーマンの方は出勤前か終業後、まれに飲み会を抜け出して来所されるケースもありました。  ただ、一般の会社勤めの方ですと急な残業や会議の招集等で予約がドタキャンというケースが出たり、その逆に時間に余裕があるせいなのか延々と話し続けて要領を得ないままに21時過ぎまでかかったこともありました。 

 飲食関係に従事している方の場合は、この逆で午前とか昼過ぎに見えた場合、これまた仕事まで時間があるせいで、長話になりがちでした・・・  ドタキャンというか、無断キャンセルも少なくありません、たぶん夜半までの業務で「熟睡」だったのでしょう。 

 相談を受ける事には何の抵抗もないのですが(偽りなくです!) 時間効率の面からは「商売失格」です。

 そこで、終了時間を自らが意識する時間帯を進めるようにし始めたのです。

 一般の会社勤めの方ならば、可能な限り「朝方相談」ならご希望の日程に添えますと・・・ 要は始業時間という「絶対的要件」をバックにすれば相談時間はせいぜい1時間前後、事前に要点をまとめてこなければ完結しない時間ですから話の進捗は目覚ましいものがりました。 稀に「7時からでもいいですか?」という想定外の例もありましたが、始発で間に合う時間ならば受けるようにしました。

 そして、夕方からの時間帯には同じ理由で夜の飲食関係者の相談時間帯にしました。 こちらも開店準備という絶対的なリミットがあるので要領のいい質問にしておかなければ二度手間三度手間になります。

 私の事務所のあるニュー新橋ビルは四階までは喫茶店から和洋中の飲食店、ゲームセンター、マッサージから雀荘、碁会所、その他諸々な商売が競い合う商業ビルです。 早朝からいろいろな店舗が営業を開始しています。 万が一、会社の同僚や近所の知り合いにビルに入るところを見られていても、「喫茶店でモーニングしてた」等の言い訳には困らない立地なのです(ちなみに事務所のある階はオフィスフロアで、入り口はオートロックですからここでも安心感は保障できます。) 

 夕方になればそれこそ飲み屋さんの天下になりますから、「早飯に行っていた」「敵情視察してきた」とか「マッサージでリフレッシュしていた。」等、飲食店勤務の場合でも言い訳が容易に出来ます。 サラリーマンなら「旧友と一杯やっていた」など等、これまた言い訳のネタには苦労しません。

 我ながら、上手い交通整理が出来たと自画自賛していましたが、 ここにきて、なぜかサラリーマンの夕方希望が急増しています??

 理由は、「ゆう活」の実施でした!!

 サマータイム制とまではいかないまでも「残業禁止」「17時には全員退所」等というお達しで、その分を早朝出勤で補おうとなり、想定していたサラリーマンの相談時間帯が弾き出されました~!!

 さらに夕方に想定していた飲食業の方も「ゆう活商戦」対応で開店時間を早めたのです。 今や新橋では16時から至る所で怪気炎を上げるお客さんで溢れかえっています。 ~ゆう活にしても、早すぎじゃないかと思うのですが・・・

 この結果、時間に余裕の出来た夕方から一般サラリーマンの「長話付相談」が息を吹き返してきました。

 せっかくの自称「名案」も短命に終わったのです・・・

 まさに、最善策と思って打った手が、状況の変化によって最適では無くなったのでした。

 軍事マニアの方なら当然の常識に軍事研究家のリデル・ハート卿の名言「第三善を採用せよ」というのがあります。
「事を構える時に、誰もが認める最善の策は結局完成しない、次善の策は完成はするが間に合わない、ゆえに三番手の策で対処するのが最も成功する事になる。」という意味合いです。

 
 私も、ゆう活の話が出た時にこの事態を想定すべきでした。 自己満足の最善策は脆いものでした。

 なのでこれからは、応用が利く「第三善」を考えていきたいと思います。

 



  この件に関してのご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/


  事務所の連絡先は 以下の通りです。

 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3
  03-5157-5027(TEL) 平日は10:00~19:00
  03-5157-5012(FAX) 24時間対応

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
イメージ

週刊現代の2017年10月14・21日合併号で記事が掲載されました。 今や「負動産」ともいわれる使いみちのない土地の相続で頭を悩ます方が少なくありません。この状...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

親と話す相続

 90代の高齢の父親がなかなか相続について考えてくれません...

K・M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
高齢おひとり様の住宅事情 ~賃貸住宅を借りるには?

 【今日のポイント】  おひとり様にとって「死後に周囲に迷惑をかけないこと」は必ず考えるべき「終活」のひ...

[ おひとり様の終活 ]

いよいよ始まる基礎控除枠縮小後の相続税税務調査

 【今日のポイント】  国税庁が13日に発表した税務調査結果から見る申告漏れと追徴課税の実態とその傾向につ...

[ 終活~相続に関する問題 ]

 成年後見制度~親の後見人になる場合の注意点は?

 【今日のポイント】  認知症を始めとして、病気や事故で判断能力が著しく低下した場合、成年後見制度によっ...

[ 終活~後見制度を知ること ]

いま最も厳しい環境のサラリーマンは 40代半ば!!

 【今日のポイント】  最近の新聞や雑誌などでは50代で次の仕事を考え始めないと間に合わない等の記事が特集...

[ 起業・転職・再就職で必要な事 ]

「負動産」と化す所有者不明の「不動産」問題

 【今日のポイント】  全国にはどのくらいの所有者が分からない土地があるでしょうか?先日発表されたデ...

[ 終活~相続に関する問題 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ