コラム

 公開日: 2015-07-14 

分骨と手元供養

 今日も熱中症に注意して下さい! 早朝から「夏の陽」全開です!!

 お元気ですか!
「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、
気軽に活用出来る社会の実現を目指す」
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。


 昨日に引き続き、分骨についての第2弾で、始めから分骨する場合と、分骨した遺骨を「手元に置く」という場合について紹介していきます。


【火葬場で分骨】

 当初から自宅と菩提寺に納骨する、兄弟でそれぞれ供養するのでそれぞれの墓に分骨する、など等最初から分骨を決めている場合には、火葬場で火葬場の管理者に「火葬の事実を証明する書類」~火葬証明書の発行を請求します。

 前回紹介した「分骨証明書」と同様の書類で、「墓地、埋葬に関する法律施行規則:第5条」の第3項にその旨が記載されています。

 墓地、埋葬等に関する法律施行規則 
 
 意訳しますと、「火葬場の管理者は分骨の請求を受けた場合は、火葬の事実を証する書類を交付しなければならない。」のです。 

 この場合、火葬場からは、本骨を埋葬する為の「火葬許可証」が、分骨には「火葬証明書」が、それぞれ発行されます。
「許可証」と「証明書」 くれぐれも取り違えて使用しないようにして下さい!?

 仮に兄弟2人で自宅(の墓)に埋葬する場合は、どちらかが本骨、どちらかが分骨という事になりますから事前の取り決めも必要になってきます。 当然ですが、分骨用の骨箱も必要数分を事前に用意しておきます。

 

【手元供養】

 菩提寺は遠い郷里にあり、おいそれとは墓参に行けない。 とはいえ実家近くでは適当な墓地もなく、埋葬は出来ない、でも亡き両親を身近に感じたい。  

 こういった場合、遺骨の一部を自宅の仏壇へ安置したり、遺灰をペンダントなどに収納して身に着けておくと言った、「手元供養」という方法があります。 これも分骨のひとつなのです。

 この場合でも手続きや準備に関しては、前段で紹介した火葬場での分骨と同様のものとなります。 とはいえ、「火葬証明書」を発行されてどこに提出するのか? 新たな墓地や納骨堂へ埋葬するならば、提出する相手がいる訳ですが自宅で安置するのです。 渡す相手がいないことになります。

 これは「貴方が手元でしっかり保管しておく」のです。 万が一、何らかの事情で「分骨した遺骨や遺灰の事実を証明して下さい。」と求められた場合、唯一の証明になるからです。 これが無い場合、最悪なケースでは「墓荒らしをして、盗骨した。」と言われても反証できませんね。 


 ここからは、余談になりますが、

 かなり前のコラムで紹介していますが、「焼骨した後、必ずしも速やかに埋葬する」必要はなく、「骨壺に納めて自宅に安置する」ことは認められています。 芸能人などでも、親族の遺骨は自宅で安置しているといった話が出てきますが、埋葬にタイムリミットは設けられてはいないのです。

 ですが、ひとたび墓地へ埋葬(または納骨堂へ納骨)したら、そこから「遺骨全て」を移す場合は、「改葬」しか方法はありません。 一度埋葬した遺骨全てを手元供養する事は、出来ません。 

 
 ただでさえ、肉親の死という衝撃の中でお墓のことを冷静に決めていくのは、相当難しい事と思います。  言われるがままに遠い郷里のお墓に埋葬してしまい、その後いろいろな面で負担が重くなる事例は少なくありません。



 【エンディングノート、ライフプランノートの活用】

 貴方に郷里にお墓があり、貴方の家系が「本家」だった場合、誰が祭祀継承者になるのかは避けて通れない問題になります。 さらには奥さんから「貴方の墓には入らない!」と言われた場合、どうするのでしょう?

 この手の問題も、親子双方で健康で時間に余裕がある時期に話し合い、または自分の考えを相手に伝えておくべきなのです。 その為には、生前の想いを書き残せる「エンディングノートやライフプランノート」にお墓の問題についての考えを記録しておきましょう。 

 



  この件に関してのご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/


  事務所の連絡先は 以下の通りです。

 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3
  03-5157-5027(TEL) 平日は10:00~19:00
  03-5157-5012(FAX) 24時間対応

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
イメージ

サラリーマンの副業と確定申告 マイベストプロの専門家による情報サイト「JIJICO」に2月13日付で私の執筆した記事が掲載されました。タイミングよく、確定申告直...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

(50代の)男はツライヨ!? その時直面する3つの問題とその解決法を共に考えましょう!(1/3)

 新橋駅前で行政書士事務所を開業している寺田淳さんは、自分と同じシニア世代が置かれた立場や環境に対し、自身の経験から導いた指導やアドバイスを通じて3つの課題に関するサポート・サービス業務を専門としています。 特に最近顕著なものに、定年後...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

 相続手続きのイロハ

 全く突然に父が急逝しました。 一人暮らしでしたが、元気...

I・W
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
品川区のおひとり様高齢者向けサービスについて

 【今日のポイント】  いささか手前味噌かもしれませんが、私の暮らす品川区で始まるある住民向けのサービ...

[ 最近の話題から ]

公営の無料職業情報サイトが開設予定

 【今日のポイント】  起業にしても転職にしても、重要なことは正確な情報収集です。その為にはより多くの...

[ 起業・転職・再就職で必要な事 ]

 恒産なきもの 恒心なし

 【今日のポイント】  私が独立した時は60歳の定年を迎えた時にはある程度今後の人生における仕事をどうする...

[ 起業・転職・再就職で必要な事 ]

今やセカンドライフは20年計画で考える!?

 【今日のポイント】  2月1日付の日経新聞夕刊に、 「セカンドステージ:生涯現役、助走が肝心」という...

[ 起業・転職・再就職で必要な事 ]

2022年の生産緑地問題とは?

 【今日のポイント】  生産緑地、この言葉を聞いてピンとくる方は少ないかと思いますが、近い将来に大きな...

[ 最近の話題から ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ