コラム

 公開日: 2015-04-27 

遺言で出来る事 その2 ~認知、未成年後見等

 
 
 今日は夏日予報が出ている東京です。 上着は完全に春夏もので充分ですね。



 お元気ですか!
「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、
気軽に活用出来る社会の実現を目指す」
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。



 先週から引き続き、遺言で出来る事の第二弾です。
今日は「遺言認知」と「未成年後見人と未成年後見人監督人の指定」を紹介します。


【遺言認知】


 これは民法781条の2に規定されています。
「認知は遺言によっても、することができる。」とあります。

 認知とは、その子は間違いなく自分の子であることを「認めた」と言う事ですから、当然法定相続人になる訳です。 もう一般にも浸透していると思いますが、現在は非嫡出子であっても嫡出子と同等の相続分が認められています。 

 以前このコラムでも書いていますが、権利が同等になればそれこそ妻や夫婦間の子供達からの非難は倍増必至でしょう。 そうなると、卑劣な男性の場合、却って頑なに「認知を拒む」事で相続人から除外するのではと危惧してきました。

 自己責任120%の男性を擁護する気は毛頭ありませんが、非嫡出子に対し最後の最後に「遺言による認知」を遺す事で僅かながらの贖罪が叶うことになります。 ただ、妻と子には「青天の霹靂」の衝撃と苦痛を与える事になります。 どちらかを立てれば、必ずどちらかにしわ寄せは生じます。

 生前に認知が出来なかった理由は人それぞれでしょうが、個人的にはあまり活用する事はお勧めできません。



【未成年後見人・未成年後見人監督人の指定】


 民法839条に「未成年者に対して最後に親権を行う者は、遺言で、未成年後見人を指定する事ができる。」とあります。

 未成年の後見とは、例えば祖父母は既に亡く、両親のうちどちらかも亡くなっており、まさに親一人子一人の家庭で、もう片方の親にも最期が迫ってきた時に、まだ未成年の子供がいる場合に遺言によって後見人を指定出来るというものです。

 同様に、民法848条において、未成年後見人の行動を監督する未成年後見人監督人も合わせて指定する事が遺言で可能と言うものです。


  今回は「子供」に絡む遺言で出来る事に絞って紹介しました。


  この件に関してのご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/


  事務所の連絡先は 以下の通りです。

 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3
  03-5157-5027(TEL) 平日は10:00~19:00
  03-5157-5012(FAX) 24時間対応

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 円満な相続のためには、正式な遺言書を遺すことは欠かせないことです。遺言書を作成しないまま相続発生となった場合に、トラブルになりやすい事例とは?仮に遺...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

後見と相続について

  入院中の90才になる父に最近認知症の兆候が出始めたよ...

K・T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
生前贈与以外の贈与 ~死因贈与と遺贈について

 【今日のポイント】  贈与と言えば、イコール生前贈与と捉えている方が多いのですが、贈与には他にも「死...

[ 終活~贈与 ]

相談するということは意外に難しい?

 【今日のポイント】  第三者に自分の抱える問題や不満、悩みを相談する。特に私のような相談を業務とする...

[ 新橋事務所日記 ]

人を動かす、人を育てる

 【今日のポイント】  会社勤めの方から「部下を動かすにコツは何でしょうか?」「部下に育って欲しいので...

[ 新橋事務所日記 ]

最近の女性の終活から ~お墓について

 【今日の話題】  家の為に、家族の為に、という女性観を見直す時代になったのでしょうか?女性の終活の中...

[ 終活~葬儀とお墓関連 ]

ご存知ですか? 転出・転入届にマイナンバーは必須になっています!

 【今日のポイント】  就職や進学などで新しい土地で暮らす場合、まずは今までの土地からの「転出」」と新し...

[ マイナンバー制度 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ