コラム

 公開日: 2015-03-09  最終更新日: 2015-03-31

名前を変える・名前の読み方についての余話

 3月も早くも2週目、期末にやる事いろいろありますが、貴方は予定通りこなせていますか?

 お元気ですか!「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、
気軽に活用出来る社会の実現を目指す」
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。


 今週最初のコラムは、これまでのおひとり様の終活からうって変わって、実際に私が体験した事例を採り上げてみました。

 
 先日、ある相談者と用件が済んだ後の雑談の中で、自分の推定相続人の中に所謂「キラキラネーム」の孫がいる事を話され、将来必ず孫は親を恨むと思うので今からでも説得したいが、こういう理由で改名は可能かどうかという質問を受けました(何と言う読みでどういう漢字を用いたかは明かしてくれませんでした。)

 まず、改名には、改名が出来る要件が定められています。 

戸籍法の107条の2に ~「正当な事由によって」名を変更しようとする者は、「家裁の許可を得て」その旨を届け出なくてはならない~と規定されています。

改名の正当な事由とは?

 ① 営業上の目的から襲名する必要がある
 ② 神官や僧侶になる為に必要がある
 ③ 珍奇、難読の名や文字を用いた為社会生活上支障がある
 ④ 帰化した者で日本風の名前に改める
 ⑤ 長年にわたり通称名を使用し、社会的に通用している
 ⑥ 異性と紛らわしい名で社会生活上支障がある
 ⑦ 性同一障害で性別と名前に隔たりがある

 上記のような理由があれば、改名は可能と言われています。 個人的な趣味や一時の感情、信仰上の希望などでは認められることはあり得ません。


 ①の例としては、歌舞伎役者などのケースが思い浮かびますね。 何代目〇〇というように歌舞伎役者は襲名という形で「改名」を繰り返します。

 ⑤の例として、古い話ですが、西郷隆盛の弟、西郷従道の例があります。 もともと、弟の名前は「隆道」(隆興という説もある)でしたが、役所へ届け出た際に「りゅうどう」の発声が「じゅうどう」と聴こえた為(薩摩弁の発音だった)じゅうどう=従道とされてしまったのです。 なのに、弟さん、剛毅というかずぼらというか、気にせずそのまま「従道」を名乗るようになったのです。

 ⑥の場合、改名の申し出はしなかったものの、面白い事例がありました。 昭和のコメディアン「三木のり平」~江戸むらさきのCMにアニメで出ています~の本名は「田沼則子」といいます。 名前は 「のりこ」ではなく「ただし」と読むのです。 そしてこの名を改名しなかったおかげで(?) この人は戦地に赴くことを免れてます。 この方は1924年生まれ、ですから1945年で21歳の「兵隊適齢期」でしたが名前に用いた漢字の効果か、召集令状が来たのは終戦の5日前だったそうです。

 のり平さんの親はここまでを予見して名前を付けたのでしょうか?



改名の手続きは

 さて、今回の相談者の場合、該当しそうなのは③の理由でしょうが、判断は家裁に委ねられますから何とも言えません。
なんにせよ、「最近話題になった人物の名」に便乗する程度ならまだしも、好きなアニメの主人公や単に他人と違うからといった安易な理由での命名はこのように数年後には厄介な問題と化すケースが多いのです!

 では、改名の手続きはどういうものでしょう。 具体的に説明します。

 手続きの申立人は改名をしようとする本人が行います。15歳未満の場合は法定代理人が代理申立をします。

 1)裁判所のHPから申立書をダウンロードし、必要事項を記入します。
 2)申立人の「全部事項証明書」を用意します。
 3)改名の理由を証する資料(通称名でやりとりした郵便物、名簿など) 
   ~既に通称を用いている場合
 4) 1)から3)の資料をそろえ、家裁に提出します。

 これによって家裁の審理が始まります。 ここで面談があり改名する理由、今の名でどういった不都合があるのか、等を質されます。追加資料の提出を求められることもあるようです。

 この結果、「正当な事由」が認められれば、「審判書謄本」「戸籍謄本」等を揃えて市区町村役場に届出をします。

 

 これから新しい命が誕生する貴方、
今現在生まれたての子の名前を考えている最中の貴方、

 命名は簡単、改名は至難、 この点をよく肝に銘じて下さい。





  この件に関してのご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/


  事務所の連絡先は 以下の通りです。

 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3
  03-5157-5027(TEL) 平日は10:00~19:00
  03-5157-5012(FAX) 24時間対応

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
アントレ2016秋号にて

 今度はリクルート社が発行する情報誌「アントレ」2016秋号の特集記事、「今こそ開業!脱。先送り人生」で、私の起業に至るまでのインタビュー記事が採り上げられるこ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

後見と相続について

  入院中の90才になる父に最近認知症の兆候が出始めたよ...

K・T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
特別縁故者に入所施設が認定されました。

 【今日のポイント】  新聞でも掲載されていた長年入所していた支援施設に身寄りのない入所者の遺産相続が認...

[ 最近の話題から ]

遺言では遅すぎること ~葬儀・墓・家

 【今日のポイント】  遺言に書かなくてはいけないことはいろいろありますが、遺言に遺しても意味がないも...

[ 終活~エンディングノート ]

マイナンバーで出来る事

 【今日のポイント】  2017年度の税制改正の内容が明らかになりました。その中で、確定申告の際の医療費控...

[ 最近の話題から ]

知っていますか? 固定資産税の仕組み

 【今日のポイント】  土地や建物を所有すればついて回るのが「固定資産税」です。今日は課税のポイント、...

[ 新橋事務所日記 ]

最近の相続トラブルについて

 【今日のポイント】 相続にまつわるトラブル、いろいろあります。法定相続分、遺留分、特別受益、寄与分な...

[ 終活~相続 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ