コラム

 公開日: 2015-02-16  最終更新日: 2015-03-31

終活関連の話題あれこれ ~50代が直面する課題とは?

 
 いよいよ確定申告受付スタートですね。  皆さんは順調に準備出来ましたか?


 お元気ですか!
「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、
気軽に活用出来る社会の実現を目指す」
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。


 週の始めということもあり、50代の終活に絡んだ話題をあれこれ紹介したいと思います。


相続問題への関心は


 これは三菱UFJ信託銀行が500万円以上の金融資産を持つ30才以上の男女1,000人を対象にしたアンケートからの結果です。

 これによりますと「相続の準備を、そろそろ何か事前準備を始めるべき」と言う回答をした中で50代は50,8%でした。
これが40代になると37,7%で50代になると一気に13ポイント以上跳ね上がっています。

 さらに「相続経験時に、何かしらトラブルが生じたか」という設問には、50代では24,6%、約4分の1となっています。 そしてこの割合は全ての年代でトップだそうです。 ちょうどこの世代の親の年代は80代前後、相続発生が現実問題となってくる時期に符合していると言えますね。

 「また相続手続きについて、どういうものがあるか知っているか」に対しては、50代は約42%に留まり、先の準備を始めるべき割合が漸く50%だったことと合わせると、まだまだ50代での相続に関する知識習得は不十分であると言えます。


50代の保有金融資産は


 これはフィデリティ投信が調べた内容からです。 2014年春に20代から50代の男女約3万2千人を対象にした調査によりますと、「定年退職後の生活にいくら必要になるか」と言う設問に、50代男性は「約3,246万円」 同女性は「約2,791万円」と言う回答だったそうです。

 そこで「実際に準備出来ている金額は」の問いかけには、男性で約1,039万円、女性で約924万円でした。

 お互い、約3割の準備率、と言う訳です。 定年が60才とすると、目標達成は相当な困難が予想されますね。

 さらにさらに、50代男性の約32%、同女性の約29%は 「準備なし=預貯金ゼロ」回答yだったのです!

 50代の貴方は、この現実、どう受け止めますか?


保証人を頼める知り合いは


 特にこの問題は子供のいない老夫婦、私の様な「おひとり様」に大きな影を落とします。
多くの場合、夫婦で入居する老人ホームを始めとする高齢者向け施設では保証人を求めてきます。 唯一特別養護老人ホームは保証人がいない事で入居を断ることが出来ませんが、現状入居待ちの人数だけで50万人以上というデータもある程で、事実上入居自体が「狭き門」となっています。

 「成年後見センター・リーガルサポート」の行った調査では、約31%の施設が「保証人なし=入居お断り」だったそうです。
 
 高齢者施設が保証人に拘る理由としては、金銭面ではなく(入居時に相当額の保証金が必須で、これによって何らかの未払い金が発生しても清算は可能)死後の各種手続きの悩みだそうです。 連絡先の確認、葬儀、お墓の問題などで施設に負担がかかる事を敬遠するためだそうです。

 では、保証人と聞いて、誰が思い浮かぶでしょう?

 ある調査では1位は「子供」 2位が「兄弟姉妹」で共に60%以上がこう答えたそうです。 では子供のいない夫婦や一人っ子での「おひとり様」は誰に依頼するのでしょう?

 ある程度の年代までは「自分の親」がトップですが、次は「知人」になります。  ですが、賃貸物件の場合等では依頼者が「家賃踏み倒しで夜逃げ」等の背信行為によって保証人に多大の迷惑を強いる事例が少なくありません。 いくら長年の親友と言えど、躊躇するのが当たり前でしょう。 

 最近は保証人代行と言う形態の会社があり、そことの契約で保証人が成立し、賃貸物件に入居可能となる例も増えてきています。 ただ、適用しない不動産会社もあるので事前の確認が必要です。


 いかがですか? 50代の貴方、終活は上記3つだけではありません。 こまごました案件が次々に発生してきます。 それらの中で、この3項目は特に早めの手立てが必要となるものです。 

 行政書士としてお手伝い出来る事は、相続財産調査や相続人調査等で具体的に相続のイメージを具体化すること、
任意後見契約や死後事務委任契約等によって入居施設への負荷を軽減させることなど、個々の事情に合わせてサポートが可能です。  何か不明な事がありましたら、一度、ご相談してみて下さい。

 

 

  この件に関してのご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/


  事務所の連絡先は 以下の通りです。

 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3
  03-5157-5027(TEL) 平日は10:00~19:00
  03-5157-5012(FAX) 24時間対応

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
アントレ2016秋号にて

 今度はリクルート社が発行する情報誌「アントレ」2016秋号の特集記事、「今こそ開業!脱。先送り人生」で、私の起業に至るまでのインタビュー記事が採り上げられるこ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

 相続手続きのイロハ

 全く突然に父が急逝しました。 一人暮らしでしたが、元気...

I・W
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
特別縁故者に入所施設が認定されました。

 【今日のポイント】  新聞でも掲載されていた長年入所していた支援施設に身寄りのない入所者の遺産相続が認...

[ 最近の話題から ]

遺言では遅すぎること ~葬儀・墓・家

 【今日のポイント】  遺言に書かなくてはいけないことはいろいろありますが、遺言に遺しても意味がないも...

[ 終活~エンディングノート ]

マイナンバーで出来る事

 【今日のポイント】  2017年度の税制改正の内容が明らかになりました。その中で、確定申告の際の医療費控...

[ 最近の話題から ]

知っていますか? 固定資産税の仕組み

 【今日のポイント】  土地や建物を所有すればついて回るのが「固定資産税」です。今日は課税のポイント、...

[ 新橋事務所日記 ]

最近の相続トラブルについて

 【今日のポイント】 相続にまつわるトラブル、いろいろあります。法定相続分、遺留分、特別受益、寄与分な...

[ 終活~相続 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ