コラム

 公開日: 2015-02-02  最終更新日: 2015-03-31

改葬許可証 ~不要なケースあれこれ

 今日から2月の仕事始めですね。

 さて、改葬に関する話題の3回目です。 書き始めると、いろいろ出てくるものですね。

 お元気ですか!
「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、
気軽に活用出来る社会の実現を目指す」
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。



 前回は改葬許可証が無ければ、改葬は出来ないと紹介しました。 ですが、例外は必ずあるもので、改葬許可証がなくても、新しいお墓を作れるケースはあるのです。

 まず、改葬の定義は「遺体・遺骨」を「他の墓地」に「移す」という事なのです。

 ですから「遺体・遺骨の移動を伴わない墓の移転」ならば、改葬にはならないのです。(墓地・埋葬等に関する法律第2条3項、5条)


 以下にその具体例を紹介していきます。


 分骨の場合 


 最愛の人の思い出を身近に置きたいという気持ちから、埋葬されている遺骨から一部を移すケースです。 分骨で最も有名な例としては、お釈迦様ですね、世界中に「仏舎利塔」がありますから。

 分骨は、お墓を移すのではなく、「増やす」訳ですから、改葬にはならないので許可証は不要です、但し現在のお墓の管理者に証明書の交付を受ける事は必要になります。


 既に骨が遺っていない場合


 東京都や大阪府では条例で禁止になっていますが、地方では未だ「土葬」が認められている地域があります。 遺体を土葬するだけでなく、遺骨を骨壺に納めずに墓の下に埋めるケースもあります。 最後の埋葬が相当の年月を遡るような場合、既に骨ではなく、土に還っている場合がありますが、この場合も、遺骨ではなくなっているので改葬許可は不要になるのです。 

 とはいえ、土に還っているかどうかは掘り返さないと確認は出来ません。 遺骨が完全に土に還る期間は気候や土壌などの環境によってかなり相違があるそうで、一概に何年経過したら許可証は不要、とは言えないのも事実です。

 出来れば、事前に許可証を用意しなくてはいけない場合もありますので、当該の市区町村役場に確認をとっておくようにしましょう。 最終的には管轄する市区町村の判断に委ねられます。


 自宅から墓地や納骨堂へ初めて移す場合


 葬儀を終えて火葬にした後、自宅に骨壺を安置するケースは珍しくありません。 著名人でも配偶者の遺骨を自宅の納骨堂等に安置したままという話を聞きます。 この場合、先の定義にある「他の墓に移す」のではないので、許可証は不要なのです。

 もし、亡くなった方の菩提寺はあるものの、かなりの遠隔地だった場合、慌ててその菩提寺に埋葬してしまうと、その後自宅近くの都市型霊園などに遺骨を移そうと思っても改葬に該当してしまい、改葬手続きを行わなくてはいけません。 別に骨壺に納めたら即刻埋葬、という決まりはないのです。 但し、自宅の庭に埋葬してはいけません。 土中に埋めていい場所はあくまでも、墓(納骨堂)だけなのです。 
 

 
 補足ですが、郷里の墓を廃止して、自宅に安置したい、というのも事実上不可能です。 私の知る限り、新たな墓を用意しなければ現在の墓の管理者は絶対に承諾はしません。 一度でも埋葬したら、(分骨以外)改葬手続きは必ず必要と考えて下さい。


 土葬した遺体を、その後火葬し、遺骨を元の墓に戻す場合


 滅多にないケースですが、これも遺骨もお墓も移動する訳ではないので、許可証は不要です。



 如何でしたか? 思い当たるケースはありましたでしょうか? なお、最終的には当該の市区町村役場へ事情を説明して、許可証の必要性の可否を確認して下さいますよう、宜しくお願い致します。



  この件に関してのご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/


  事務所の連絡先は 以下の通りです。

 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3
  03-5157-5027(TEL) 平日は10:00~19:00
  03-5157-5012(FAX) 24時間対応 

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 先日発表されました高齢者の定義を従来の65歳以上から、75歳以上とし、65~74歳の世代には新たな呼称として「准高齢者」と定義する提唱について、当事者、雇用側の企...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

後見と相続について

  入院中の90才になる父に最近認知症の兆候が出始めたよ...

K・T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
おひとり様個人事業主が常に考えておくべきこと

 【今日のポイント】  私のように、個人事務所や個人事業で日々働いているおひとり様。仕事に関する全責任...

[ おひとり様の終活 ]

今年の確定申告顛末記

 今日のコラムは、先月コラムで取り上げましたパソコンの不具合の続編?的なぼやきです。確定申告の時に直面し...

[ 新橋事務所日記 ]

「法定相続人でない家族の介護」は相続に反映されない!?

  【今日のポイント】  両親に対する長年の献身的な介護も、相続発生の時には多くの場合「特別寄与分」と認...

[ 終活~相続 ]

新しい形で自分情報を記録する
イメージ

 【今日のポイント】  万が一の備えとして、遺言の前段階にエンディングノートの作成を考える方が増えていま...

[ 終活~エンディングノート ]

これも相続税節税法? ~離婚

 【今日のポイント】  相続税の節税方法としては「番外編」になりますが、離婚することで財産を「非課税で...

[ 終活~相続 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ