コラム

 公開日: 2015-01-07  最終更新日: 2015-03-31

相続税の計算  ~まず相続税ありきとは?

 松の内も今日までです、いよいよ平常の仕事モード全開の日々の復活ですね!


 お元気ですか!
「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、
気軽に活用出来る社会の実現を目指す」
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。



 とうとう相続税、贈与税など税制改正がスタートしましたね。 相続税に関しては一説では東京駅を中心に東は千葉市、北はさいたま市、西南は茅ヶ崎エリアまでを含む円周内の主要駅近郊の不動産は全て課税対象になる!とありました。 皆さん、油断召されるな!?

 ところで、相続税改訂云々の前に、相続税自体の課税方式、計算式について意外に単純な勘違いをさtれているケースを見かけます。 ケースバイケースで、実際より多めに想定している場合もあれば、少なめの計算で満足している場合もありました。 最初の一歩から間違えては、どうにもしまらない話です。 原理原則ですが、簡単に紹介したいと思います。


 仮に遺産から基礎控除を差し引いた後に1億円の相続財産がある場合、税率は改訂前も後も変わりなく30%です。 
なので、1億円×30%=3,000万円が相続税額になる。 のではありません!?

 同様に仮に総額1億円の遺産から5%=500万円だけを相続すると言った場合、これも500万円の相続税率10%から50万円が相続税、となることもありません。

 まずは、法定相続人の人数が重要です。 簡単な説明の為に、配偶者と子供2人としますと、法定相続分では配偶者は1/2の5,000万円、子供はそれぞれ1/4で2,500万円づつですね。

 ここで初めて相続税の税率を当てはめます。 5,000万円ならば、税率は20%で 1,000万円。 2,500万円では15%なので375万円、これが2人分で750万円です。 合計は1,750万円となりますね、先の計算では3,000万円でしたから大幅に「減額」された訳です。

 逆に、子供のうちの一人が500万円の相続だけでいいと言った場合は、相続税は1750万円の相続税額の「5%」の計算となるので87万5千円となるのです。 ここでは甘く見積もった形になります。

  ~ なお、この例での遺産総額では税率に改正による変化はありません。 念のため付け加えておきます。

 このように相続税の計算は法定相続の場合の相続税を先に計算し、そこに実際の相続分に応じた割合で相続税を納付する事になるのです。

 この結果、法定相続で相続してもそれ以外の比率で相続しても、国に入る相続税額は変わりがない事になり、早期に税額が確定できるので、現行のように相続発生後10か月以内の申告・納付が運用される事にもなるのです。

 払う側からすれば、やや複雑な想いがするのではないでしょうか。



  改定後の相続税、贈与税、所得税等については、日を改めて紹介していく予定です。

 
 この件に関してのご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/


  事務所の連絡先は 以下の通りです。

 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3
  03-5157-5027(TEL) 平日は10:00~19:00
  03-5157-5012(FAX) 24時間対応

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
イメージ

 12月3日(日)に前回のセミナーと同じ朝日新聞社本社内の読者ホールで50代からの起業をテーマにしたセミナーで講師として再登壇しました! 今回は二部構成とな...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

(50代の)男はツライヨ!? その時直面する3つの問題とその解決法を共に考えましょう!(1/3)

 新橋駅前で行政書士事務所を開業している寺田淳さんは、自分と同じシニア世代が置かれた立場や環境に対し、自身の経験から導いた指導やアドバイスを通じて3つの課題に関するサポート・サービス業務を専門としています。 特に最近顕著なものに、定年後...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

親と話す相続

 90代の高齢の父親がなかなか相続について考えてくれません...

K・M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
民法改正 ~相続分野見直しへ

 【今日のポイント】  既にニュースで報じられていますが、法制審議会の民法部会は今月16日に相続分野におけ...

[ 終活~相続に関する問題 ]

銀行マン 受難の時代を実感しました。 

  【今日のポイント】  正月モードも完全に抜けた先週半ばに、立て続けに現在金融機関に籍を置く方2名から...

[ 新橋事務所日記 ]

無主の土地問題に一石? 相続登記の義務化を検討

 【今日のポイント】  所有者が分からない空き地や無人となった家屋、貴方の周囲にもあるのではないでしょう...

[ 終活~相続に関する問題 ]

消費税軽減税率、その対象の区分がややこしい!?

 【今日のポイント】  あけましておめでとうございます!今年もマイベストプロ東京を宜しくお願い致します...

[ 最近の話題から ]

 私も体験しました 勝ちに不思議の勝ちあり~(起業の成功にも不思議の成功?)

 【今日のポイント】  今年最後の投稿です。そこで起業・独立に関しての「不思議の勝ち」というものを採り...

[ 起業・転職・再就職で必要な事 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ