コラム

 公開日: 2014-12-08  最終更新日: 2015-03-31

遺言能力について ~認知症と遺言

 お元気ですか?
「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、
気軽に活用出来る社会の実現を目指す」
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。


 前回は緊急事態時における特別方式の遺言について紹介しました。 今回はもう少し身近な、そしてある意味最も直面する可能性の高い問題について紹介したいと思います。

 それは、遺言者が高齢となり、認知症等で自分の意思表示が困難になった場合です。

 自筆遺言の場合は、自分ですべてを書きあげなくてはいけませんから、内容に合理性があり理解可能なものであれば、有効とされます。  公正証書遺言の場合は、遺言者が口述し、公証人が文章化します。不備や不明な箇所があれば確認が入りますので、偽造や改ざんはほぼ不可能です。

 ですが、どちらの場合も、遺言作成時に既に認知症等を発症していたら? その遺言書は有効なのでしょうか?

 通常、判断能力に支障が出た場合、その程度によって成年後見では後見、保佐、補助、の3段階に分けて対応します。 保佐、補助の場合の被保佐人、被補助人はそれぞれ保佐人、補助人の同意が無くても単独で遺言が遺せます。
(民法第962条) 被後見人になると単独での遺言作成は出来なくなります。

 よく裁判で争われるのが、自筆の場合は認知症の親に同居中の子供が自分に有利な内容の遺言を書くよう「洗脳」し、遺言者に書かせるケースです。 この時、日付だけは空欄にしておき、認知症発症前の日付を子供が書きこみ、遺言の作成時期の正当性を証明する強者もいるようです。

 公正証書の場合も、本人の口述を公証人は書き記すわけで、これも事前に用意周到に「台詞」を暗記させられている場合もあるのです。 こちらのケースでは遠隔地にいた子供がこの日付の時には発症していたと主張し、同居の兄弟と争うケースがありました。


 遺言作成に関しての唯一最大の問題、それが遺言作成時の遺言者の意思能力、判断能力の判定なのです。


 公正証書遺言の場合、通常公証人は事前の遺言者との面談でその意思能力を確認し、通院中であれば担当医師から判断能力についての意見を聴く、または診断書を求めたりして遺言者の意思能力の有無を判断します。 参考までに認知症の検査のうち、一般的なものの内容の一部を紹介しておきます。

 ・年齢の確認。
 ・面談当日の年月日、曜日まで。
 ・面談場所の確認。
 ・3つの単語を覚えてもらい、時間を空けて確認。
 ・100から7を引く、これを延々と繰り返していく。
 ・3つの数字を聞かせ、逆順に言ってもらう。
 ・ここで先の3つの言葉を言ってもらう。
 ・5つの品物を一定時間見せて隠し、名前を言ってもらう。
 ・知っている限りの野菜名(果実など)を言ってもらう。

 以上で、忘れたり、答えに詰まった、間違った答え、等のレベルに応じて判断を下すのです。 平均で70%の正解率を下回ると「疑いあり」だそうです。

 認知症は高齢者だけの問題ではありません、最近は40代で発症する若年性認知症も珍しくなくなってきました。 五体満足な状態でも、肝心の判断能力に支障をきたせば遺言書そのものの有効性が疑われるのです。 心身健康なうちにこそ、後顧の憂いを失くす行動をしなくてはいけませんね。 

 少しでも懸念がある方は、「先憂後楽」の精神で この点を熟考して下さい。

 



 この件に関してのご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/


  事務所の連絡先は 以下の通りです。

 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3
  03-5157-5027(TEL) 平日は10:00~19:00
  03-5157-5012(FAX) 24時間対応

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 先日発表されました高齢者の定義を従来の65歳以上から、75歳以上とし、65~74歳の世代には新たな呼称として「准高齢者」と定義する提唱について、当事者、雇用側の企...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

 相続手続きのイロハ

 全く突然に父が急逝しました。 一人暮らしでしたが、元気...

I・W
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
おひとり様個人事業主が常に考えておくべきこと

 【今日のポイント】  私のように、個人事務所や個人事業で日々働いているおひとり様。仕事に関する全責任...

[ おひとり様の終活 ]

今年の確定申告顛末記

 今日のコラムは、先月コラムで取り上げましたパソコンの不具合の続編?的なぼやきです。確定申告の時に直面し...

[ 新橋事務所日記 ]

「法定相続人でない家族の介護」は相続に反映されない!?

  【今日のポイント】  両親に対する長年の献身的な介護も、相続発生の時には多くの場合「特別寄与分」と認...

[ 終活~相続 ]

新しい形で自分情報を記録する
イメージ

 【今日のポイント】  万が一の備えとして、遺言の前段階にエンディングノートの作成を考える方が増えていま...

[ 終活~エンディングノート ]

これも相続税節税法? ~離婚

 【今日のポイント】  相続税の節税方法としては「番外編」になりますが、離婚することで財産を「非課税で...

[ 終活~相続 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ