コラム

 公開日: 2014-11-27  最終更新日: 2015-03-31

遺言書に書けないこと ~遺されたペットの問題

 

 お元気ですか?
「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、
気軽に活用出来る社会の実現を目指す」
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。



 前回に引き続き、遺言書に書けない事について紹介したいと思います。

 今回は自分の死後、愛するペットの世話の問題です。 現在家族と同居しているならば、当面は問題にはなりません。 ですが、貴方が一人暮らしでペットだけが同居家族と言う場合、万が一の時の対処法を考えておきませんと大変な事態がペットに降りかかるのです。

 貴方にとっては家族、子供に等しい、またはそれ以上の存在であっても、残念ながらペットには財産を相続する権利はありません。 法律上ではペットは権利義務の主体にはなれませんから。

 では、この問題の現実的な解決手段としては、親戚や気の許せる友人知人に今後のペットの飼育を託するしかありません。  この場合も遺言書にその旨が書かれてあっても、開封される迄長期にわたる場合もあります。 例えば開封が49日以降であれば、その間のペットの生活はどうなるでしょう?


 この様な場合に、一定の効力を発揮するのが「死後事務契約」です。

 私も業務として何件かこの契約を締結し、依頼人の死後、葬儀までの間にすべき事務手続き等を委任された範囲で遂行する事になっています(幸いまだ、契約の発動に至った事例はありません。)

 実際、一人暮らしのある方から相談で愛犬の面倒も見て欲しい旨の申出がありましたが、あいにく私も一人暮らしですし、住いはペット禁止のマンションです。 丁重にこの件はお断りしたことがあります。

 ですから死後事務契約の範疇ではありますが、一般的には通常の内容とは別にして、新たな契約を結ぶことになると思います。 仮に契約書の表題を考えるならば、「死後におけるペット飼育義務の委任に関する契約」となるでしょうか?

 契約書に書くべき内容としては、

1) ペットの飼育を委任する事。 
2) 自宅で生涯面倒を見る等の飼育条件を明記する事。
3) 事務手続き等で発生する費用分を算出し、計上する事。 
4) 飼育を託す事への報酬を明記する事。

 概ね、この4項目を明記した内容であれば契約として成立します。


 ただ、実際のところ、最大の問題は委任出来るほどの知り合いがいないという事だそうです。 人付き合いよりもペットとの水入らずの時間ばかりを過ごしてくると、こういう結末を迎えるようです。

 ではどうすれば? 

 打算的ととられても仕方ないですが、やはり日頃から共通のペット仲間同士との繋がりを持つ事でしょう。 さらにこの手の話題(自分の死後のペットの問題)をさらりと口に出来るような関係を築く事が必要かと思います。

 犬をペットにされている場合は散歩やドッグラン等の施設で自然に出会いのきっかけは出来やすいのですが、猫や小鳥、または爬虫類系はそうもいきません、 第一その手のペットを飼育している事を外部に知らせているかの問題にもなってきます。

 個人的な考えですが、動物病院等でこの手の情報交換の場が出来れば、同じ悩みを持つ仲間を見つけやすいかと思いました。  何にしても行動を起こすことが肝要です。

 この問題に関しても「先憂後楽」の意識で取り組まないと、土壇場になって悩み、苦しむことになります。 ペットを飼うという事の責任は貴方の死後にも存在するという事を、よく認識して下さい。





 この件に関してのご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/


  事務所の連絡先は 以下の通りです。

 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3
  03-5157-5027(TEL) 平日は10:00~19:00
  03-5157-5012(FAX) 24時間対応

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
イメージ

週刊現代の2017年10月14・21日合併号で記事が掲載されました。 今や「負動産」ともいわれる使いみちのない土地の相続で頭を悩ます方が少なくありません。この状...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

 相続手続きのイロハ

 全く突然に父が急逝しました。 一人暮らしでしたが、元気...

I・W
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
高齢おひとり様の住宅事情 ~賃貸住宅を借りるには?

 【今日のポイント】  おひとり様にとって「死後に周囲に迷惑をかけないこと」は必ず考えるべき「終活」のひ...

[ おひとり様の終活 ]

いよいよ始まる基礎控除枠縮小後の相続税税務調査

 【今日のポイント】  国税庁が13日に発表した税務調査結果から見る申告漏れと追徴課税の実態とその傾向につ...

[ 終活~相続に関する問題 ]

 成年後見制度~親の後見人になる場合の注意点は?

 【今日のポイント】  認知症を始めとして、病気や事故で判断能力が著しく低下した場合、成年後見制度によっ...

[ 終活~後見制度を知ること ]

いま最も厳しい環境のサラリーマンは 40代半ば!!

 【今日のポイント】  最近の新聞や雑誌などでは50代で次の仕事を考え始めないと間に合わない等の記事が特集...

[ 起業・転職・再就職で必要な事 ]

「負動産」と化す所有者不明の「不動産」問題

 【今日のポイント】  全国にはどのくらいの所有者が分からない土地があるでしょうか?先日発表されたデ...

[ 終活~相続に関する問題 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ