コラム

 公開日: 2014-11-20  最終更新日: 2015-03-31

相続節税だけに拘ると?

 寒いですね~~!
東京は今年一番の冷え込みだそうです。 いよいよコートを引っ張り出すタイミングが来たようです。


 お元気ですか?
「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、
気軽に活用出来る社会の実現を目指す」
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。


 
 相続を考える場合、相続税は必ず考える重要項目です。 
やり方次第で納付額に差が出るとなれば、当然その方法に関心が向くことは仕方ない事ではあります。

 ですが、節税を意識し過ぎた結果、思わぬ兄弟間の亀裂に発展するケースもある。 

 今日はこういった事例を紹介したいと思います。


 例えば、母親が健在で長男が母親名義の土地付き家屋に同居しており、弟や妹はそれぞれ独立、別居していた状態で、この母親が亡くなったとします。

 さて、最近話題になってる節方法の一つに小規模住宅地の特例があります。 来年の基準で言いますと330㎡以下の家の土地の場合、母と同居していた長男がそのまま住み続けるのであれば自宅の評価額が8割減に出来るというものです。

 長男としては、「小規模住宅地の特例」を適用すれば大幅に相続税が節税出来る事を弟妹に伝え、不動産は自分名義とし、預貯金等の財産を3等分すれば相続財産は相続税課税の対象外になる。 誰も相続税を払わなくて済む=皆全て、丸く収まる。 と考えたのですが・・・

 弟妹から見れば、税金は払いたくはない、けれども家付きの土地が丸々兄の手に渡る事をすんなりとは受け入れません。
「家と土地を丸々相続するなら相応の金銭を払って当然!」「そんな蓄えはない、払おうとすると肝心の家と土地を手放す事になる! そんなことも分からないのか!!」  こうなると、もはや「理」の問題から「情」の争いに変貌します。

 さらに追い打ちをかけるのが、弟妹の配偶者の「強力な主張」であるケースも少なくありません。

 傍から見れば、弟妹思いの気配りの出来た兄と見えても、弟妹からは遺産独り占めの疑惑を持つ場合もあります。 実際、そういう腹づもりの不心得者の兄の場合もある訳で一概に弟妹ばかりを責めることは出来ません。

 こういった不毛の争いを避けるためにも財産調査と、評価は親が健在のうちに総意の相続人の下に行う事が望ましいのです。

 ・財産は、どういうものが、いくらあるのか?

 ・自宅(不動産)がある場合、誰がどう相続するのか?

 ・遺産の分配は公平であるか?

 補足)調査の結果、相続税課税となる場合に各自が納付する金額は? その「財源」は確保できているか? も検討しておく必要があります。



 この3点を基準に、兄弟間で事前に話し合いを重ねれば不毛な猜疑心や中傷は避けられます。

 結局人間は道理だけで行動したり生きていくのではなく、情の世界で活動し、生きている生き物なのです。




 この件に関してのご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/


  事務所の連絡先は 以下の通りです。

 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3
  03-5157-5027(TEL) 平日は10:00~19:00
  03-5157-5012(FAX) 24時間対応

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 先日発表されました高齢者の定義を従来の65歳以上から、75歳以上とし、65~74歳の世代には新たな呼称として「准高齢者」と定義する提唱について、当事者、雇用側の企...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

親と話す相続

 90代の高齢の父親がなかなか相続について考えてくれません...

K・M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
おひとり様個人事業主が常に考えておくべきこと

 【今日のポイント】  私のように、個人事務所や個人事業で日々働いているおひとり様。仕事に関する全責任...

[ おひとり様の終活 ]

今年の確定申告顛末記

 今日のコラムは、先月コラムで取り上げましたパソコンの不具合の続編?的なぼやきです。確定申告の時に直面し...

[ 新橋事務所日記 ]

「法定相続人でない家族の介護」は相続に反映されない!?

  【今日のポイント】  両親に対する長年の献身的な介護も、相続発生の時には多くの場合「特別寄与分」と認...

[ 終活~相続 ]

新しい形で自分情報を記録する
イメージ

 【今日のポイント】  万が一の備えとして、遺言の前段階にエンディングノートの作成を考える方が増えていま...

[ 終活~エンディングノート ]

これも相続税節税法? ~離婚

 【今日のポイント】  相続税の節税方法としては「番外編」になりますが、離婚することで財産を「非課税で...

[ 終活~相続 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ