コラム

 公開日: 2014-11-04  最終更新日: 2015-03-31

来るべき相続増税を控えて 

 
 連休明けは寒風は収まりましたが。気候自体が「冬モード」突入ですね。

 お元気ですか?
「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、
気軽に活用出来る社会の実現を目指す」
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。




 さて、今週から遺言書の話題に入るタイミングでしたが
4日付けの日経朝刊にまたも興味深い記事が出ていました。

 相続税対策についての記事でした。

 日本経済新聞社の調査に拠りますと「相続税対策を実施、又は検討していますか」という問いに対し、回答のあった919人の内訳は以下の通りだったそうです。

実施済みであるが4%
実施済みで今後も検討するが11%
今後検討するが38%となっており、計53%は何らかの形で相続税に対して備えを図っているという結果が出たそうです。

 これ以外の回答では、
したことも考えた事もないが11%
相続税はかからないが16%
わからないが20%となっていました。


 この記事では「今後検討する」までを「対策を実施した」の範疇にして、過半数超えと見ていますが、果たしてそうかな?と私は思いました。 実際に対策を実践しているのは未だ15%です。 これは6人に1人の割合ですね。 この比率ではまだまだ相続に関しての認識や備えは不十分ではないかと思うからです。

 「今後検討する」が38%と最大の割合で「考えた事もない」や「相続税はかからない」よりも大きいというのは、多分に実際の今の立ち位置は後者の2つなのではと勘ぐってしまいます。 課税対象以下と考えていてもそれは改正後の非課税枠での話なのでしょうか? 考えた事もないとは、相続財産の現状すら把握していないという意味にも取れますね。

 

 2012年の相続発生における相続税の課せられた比率は国税庁調べでは4,2%だったものの、来年からの非課税枠縮小によりこれが一気に17%に達する見込みだそうです。  約4倍の範囲にまで課税対象が拡がるのです!!

 相続税の対象外と思っている貴方、この点を織り込み済みでしょうか?

 今回の改訂で、最も気をつけなくてはいけない財産額の範囲は、5千万円から1億円未満のケースと私は考えています。
仮に相続人が配偶者と子供2人であれば、今まで相続税非課税枠になったっ場合でも来年以降には課税か非課税か?微妙なボーダーライン上の財産額になるからです。

  
 前回の争続問題と合わせて、相続税対策についてもあと2か月のうちに検討しておくべきではないでしょうか? 



 この件に関してのご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/


  事務所の連絡先は 以下の通りです。

 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3
  03-5157-5027(TEL) 平日は10:00~19:00
  03-5157-5012(FAX) 24時間対応

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
イメージ

週刊現代の2017年10月14・21日合併号で記事が掲載されました。 今や「負動産」ともいわれる使いみちのない土地の相続で頭を悩ます方が少なくありません。この状...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

親と話す相続

 90代の高齢の父親がなかなか相続について考えてくれません...

K・M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
高齢おひとり様の住宅事情 ~賃貸住宅を借りるには?

 【今日のポイント】  おひとり様にとって「死後に周囲に迷惑をかけないこと」は必ず考えるべき「終活」のひ...

[ おひとり様の終活 ]

いよいよ始まる基礎控除枠縮小後の相続税税務調査

 【今日のポイント】  国税庁が13日に発表した税務調査結果から見る申告漏れと追徴課税の実態とその傾向につ...

[ 終活~相続に関する問題 ]

 成年後見制度~親の後見人になる場合の注意点は?

 【今日のポイント】  認知症を始めとして、病気や事故で判断能力が著しく低下した場合、成年後見制度によっ...

[ 終活~後見制度を知ること ]

いま最も厳しい環境のサラリーマンは 40代半ば!!

 【今日のポイント】  最近の新聞や雑誌などでは50代で次の仕事を考え始めないと間に合わない等の記事が特集...

[ 起業・転職・再就職で必要な事 ]

「負動産」と化す所有者不明の「不動産」問題

 【今日のポイント】  全国にはどのくらいの所有者が分からない土地があるでしょうか?先日発表されたデ...

[ 終活~相続に関する問題 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ