コラム

 公開日: 2014-11-17  最終更新日: 2015-03-31

エンディングノートの活用のススメ

 お元気ですか?
「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、
気軽に活用出来る社会の実現を目指す」
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。


 さて、ここ迄遺言書の持つ意味とその重要性、書式等について簡単に紹介してきました。

 この結果でしょうか 「意味はわかりました、でもいざ書くとなると緊張して・・・」 「遺言と言うイメージがどうにも筆をとりにくくして」といった問い合わせがここ数日、続いています。

 重々しく自筆で、机に向かって書き始める。 公証役場に出向いて口頭で伝える。

 腰が引けるのもよく判ります。 

 では、遺言程肩ひじ張らずに作成出来る「エンディングノート」を試してみてはいかがでしょう?

 最近では大型書店ではこれだけで書棚がひとつ埋め尽くされるほどのガイドブックやノート型、バインダー型のノートが展示されているのを目にした方も多いのではないでしょうか?

 何と言ってもエンディングノートは、書き損じても構いませんし、鉛筆書きでも問題ありません。 まさに遺言の下書き、練習台の位置づけです。 法的効力はありませんが、遺言書を遺していなくてもこれががあれば、ある程度故人の想いを伝える事が可能です。 

 エンディングノートの活用で遺言書より優れているのは、「死後の扱い」を伝えることが出来る点です。 遺言は自筆の場合は検認を受けてからしか開封出来ませんし、公私性証書の場合でも一般的に遺族がその内容を知るのは49日過ぎてからが一般的です。 では、故人が望んでいた遺影の手配や葬儀の方式、葬儀に来て欲しかった友人や知人のリスト、連絡だけは出してほしかった遠方の友人や高齢の知人のリストなどは遺言書に書かれてあっても意味を成しません。

 この場合、エンディングノートにこの内容を記載しておけば、故人の意に叶った葬儀を執り行う事が出来ます。

 他にも、兄弟に生前与えていた「特別受益」の全貌を記録しておくことで骨肉の争いを防ぐ(兄には留学費用を出したが、妹には結婚費用を同程度出しているから、えこひいきはしていない等)事が出来ます。 また長年尽くしてくれた長男の嫁に対しての寄与分相当分を長男に相続させたいといった付言事項も遺せます。 無論、法的な拘束力はありませんが、故人の想いを踏まえての話し合いが可能になるのです。

 自分の遺志を伝え、遺族への想いも伝えることが出来るエンディングノートは、遺言以上に重い意味を持つのではないでしょうか?

 自分のライフログを書きこむ程度の、軽い気持ちで始めてみてはいかがでしょう?


参考までにエンディングノートに関する私のランディングページをリンクしておきます。
50才からの第二の人生:エンディングノート編



  この件に関してのご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/


  事務所の連絡先は 以下の通りです。

 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3
  03-5157-5027(TEL) 平日は10:00~19:00
  03-5157-5012(FAX) 24時間対応

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
イメージ

 12月3日(日)に前回のセミナーと同じ朝日新聞社本社内の読者ホールで50代からの起業をテーマにしたセミナーで講師として再登壇しました! 今回は二部構成とな...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

後見と相続について

  入院中の90才になる父に最近認知症の兆候が出始めたよ...

K・T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
相続税申告の要否、相続情報と税務署の関係について

  【今日のポイント】  相続に関する話題、中でも相続税の申告や納付に関する話題については尽きることがあ...

[ 終活~相続に関する問題 ]

知っておいて損は無い 相続税に関する最新情報あれこれ

 【今日のポイント】  今年も残り1ヶ月を切りましたね、毎年この時期になりますと「喪中連絡」が届きます。 ...

[ 終活~相続に関する問題 ]

シニア世代は今や消費の担い手に!?

 【今日のポイント】  最近はシニア世代をターゲットにした各種の案内が目立つようになってきました。大き...

[ 最近の話題から ]

親の実家を相続する50代世代は「土地は負動産化する」ことを知りましょう!

 【今日のポイント】  前回は賃貸暮らしに生じるリスクいついて紹介しましたが、今回は持ち家、それも親が持...

[ 終活~相続に関する問題 ]

高齢おひとり様の住宅事情 ~賃貸住宅を借りるには?

 【今日のポイント】  おひとり様にとって「死後に周囲に迷惑をかけないこと」は必ず考えるべき「終活」のひ...

[ おひとり様の終活 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ