コラム

 公開日: 2014-10-20  最終更新日: 2015-03-31

遺産分割  ~「争続」の最新の実態とは

 10月も後半に入りましたね、本当に最近は時の流れが加速していきます。 あと2か月で師走だとは…!

 お元気ですか!
「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、
気軽に活用出来る社会の実現を目指す」
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。


 相続税の強化まであと2ケ月余、これから年末に向けてますます「相続」「遺産分割」「遺言」特集が、テレビや新聞・雑誌等を賑わす事でしょう。

 さて、相続というと付き物のように言われるのが、相続人同士の遺産争いからの「争続」からの「争族」の問題です。 実際のところ、「今の争続事情」はどうなっているのか? 今日はこのテーマを採り上げてみました。


 昨年2013年の遺産分割に絡む家裁での調停や審判の新規発生件数は1万5千件以上だそうです。 この件数だけでもかなりの数ですが、これは相続人同士での話し合いでは埒が明かずに家裁に申し立てた「表打沙汰になった件数」ですから、実際に発生した「争続」はどのくらいなのか? 私には想像もつきません。

  ここまでトラブルになるというのは、やはり莫大な遺産相続だから。 

  ではありませんでした!

 調停が成立した遺産分割の「争い」の中で「1億円を超える財産での争い」だったのはたった6%でした! 全ての案件数は8,951件だったので 件数で言えば537件です。

 では割合から見て上位だったのはいくらくらいの遺産金額での争いだったでしょうか?

 これが、何と1,000万円超5,000万円以下の金額での争いが 全体の約43%で堂々の(?)トップでした。 続いて1,000万円以下の「争い」が第2位で約32%! 件数でみると約2,860件余です。 即ち5,000万円以下の遺産での争いが、全体の75%を占めるのです!!  

 誤解を覚悟で言いますが、「わずか」5,000万円以下の財産で公の場に親族間の仁義なき争いを移すのです。 ちなみに5億円を超える遺産分割の争いはたった1%です。  

 金持ちケンカせずとは全く良く言ったものですね。

 当然ながらこういった争いを避けようと「遺言書」作成は年々増加しており、特に公証人を介して作成する「公正証書遺言」は10年前の1,5倍近い9万6,020件に達したそうです。

 5,000万円以下の遺産であれば、来年からの相続税強化でも課税対象にはならないケースが多いでしょう。 前のコラムで書きました「相続税対策」「相続税納付資金対策」は無関係であっても残る「相続対策」のもつれからより複雑な争いに発展しているとは、何とも皮肉な結果です。

 こういう実態からも、「親が元気な今のうちに、兄弟そろって相続財産を精査しておく。」事で問題の発生を最小限に食い止めるようにするのです。 今の躊躇が、後の禍根に繋がるのですから。

 


 この件に関してのご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/


  事務所の連絡先は 以下の通りです。

 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3
  03-5157-5027(TEL) 平日は10:00~19:00
  03-5157-5012(FAX) 24時間対応
  
 また土日祝日は予約対応とさせて頂きます。 

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
イメージ

週刊現代の2017年10月14・21日合併号で記事が掲載されました。 今や「負動産」ともいわれる使いみちのない土地の相続で頭を悩ます方が少なくありません。この状...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

 相続手続きのイロハ

 全く突然に父が急逝しました。 一人暮らしでしたが、元気...

I・W
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
高齢おひとり様の住宅事情 ~賃貸住宅を借りるには?

 【今日のポイント】  おひとり様にとって「死後に周囲に迷惑をかけないこと」は必ず考えるべき「終活」のひ...

[ おひとり様の終活 ]

いよいよ始まる基礎控除枠縮小後の相続税税務調査

 【今日のポイント】  国税庁が13日に発表した税務調査結果から見る申告漏れと追徴課税の実態とその傾向につ...

[ 終活~相続に関する問題 ]

 成年後見制度~親の後見人になる場合の注意点は?

 【今日のポイント】  認知症を始めとして、病気や事故で判断能力が著しく低下した場合、成年後見制度によっ...

[ 終活~後見制度を知ること ]

いま最も厳しい環境のサラリーマンは 40代半ば!!

 【今日のポイント】  最近の新聞や雑誌などでは50代で次の仕事を考え始めないと間に合わない等の記事が特集...

[ 起業・転職・再就職で必要な事 ]

「負動産」と化す所有者不明の「不動産」問題

 【今日のポイント】  全国にはどのくらいの所有者が分からない土地があるでしょうか?先日発表されたデ...

[ 終活~相続に関する問題 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ