コラム

 公開日: 2014-09-24  最終更新日: 2015-03-31

私感的士族の営業とは?

 今朝の新橋は夕方から雨になるという予報が信じられないほどの快晴です。

 お元気ですか? 
「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、
気軽に活用出来る社会の実現を目指す」
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。


  このコラムでも何度か触れましたが、現在の私は、本来の行政書士業務と中高年からの第二の仕事探しから、第二の人生をどう迎えるかのアドバイザー的な業務を並行して行っています。

 第二の人生関連については、私のブログ「先憂後楽」で定期的に更新しています。 ビジネスの着眼点から在職中に準備すべき次の仕事選びなど、最近はどちらかと言うとこれらの相談の方が増加中です…

 では、本来の業務はどうなっているか? 今日はこの点について書いてみました。

仕事は、見つけるもの


 最初にお断りしておきます。
私は、まだ開業して3年弱の新参者です。 
その短い期間内での体験からだけの意見ですのでその点を事前にご了解頂きたく。

 行政書士に限らず、最近は独立開業の際にはホームページやブログ、フェイスブックの開設が必須と言われます。 かくいう私もそういう指導の結果、ここでコラムやブログを書いているのですが…

ですが、もともと知名度も実績も乏しい私ごときがいくらホームページやブログで自己PRや業務案内をしてもそう短期間に効果は期待出来ません。 それこそ星の数ほどいる先輩士族と同じ内容しか扱えないのですから当たり前ですね。

 さらに、私の場合ですと、ブログやコラムにはお問い合わせアドレスを掲載していますが、最初の問い合わせがメールから来たのは約1年後、その後も電話相談10回に対してメールは1回あればいいほうでした。

 受任した相談者の方に後になって伺いますと「メールだと痕跡が残るから、後からしつこく勧誘されると思って。」と「文章にするより直接話す方が手っ取り早いから。」という回答にで二分されていました。

 確かに、自分に置き換えて考えれば、ホームページで調子のいいことを謳っていても、良ければ良いで怪しむし、簡単すぎる内容だと信頼感に欠けると思います。 結局、顔が見える段階になって初めて行動に移す。 そういう結論に達しました。

 で、私がとった「営業方法」は今も昔も同じ、「待っていても仕事から足を運んではくれない。」「仕事は自分の足で探すもの、取って来るもの。」 といった地道な営業です。

自分を知ってもらう


 具体的には、私を知ってもらう事です。 その第一歩として地元で行動しました。
行きつけの理髪店やマッサージ店、スーパーやチェーン店ではない食料品店や、薬局などで常連となり店主やおかみさんと 世間話が出来る関係になり、話の途中に自己PRを挟み、関心を持ってくれたらすかさず名刺を「複数枚」渡してきました。

 なぜ、複数枚か、お分かりでしょうが、見込みのあるお客さん用です。

 上記のような商売の場合、常連さんが必ずいますし、世間話の中で いろいろ困ったことや、悩み事を愚痴るケースが意外に多かったのです。 なので、何かあれば、ウチの知り合いの寺田さん、そういう事を専門しているから一度聞いてみたら?大丈夫、ウチの常連だし、と、間接的なセールスマンになってくれました。  関心を持ってくれたら余分に用意した私の名刺を手渡してもらいました。 

 その結果、最後のダメ押しの証拠固めの一環でブログやコラムを読み、ある種の安心を得てから連絡を頂けるようになりました。 「〇○さんから伺って、名刺にあるURLからコラムを拝見して決めました。」といった流れです。

 この他、都市型霊園や寺社、高齢者専用の入居施設等、また別の切り口でアプローチして関係構築を成功させたりとか、とにかく「攻める」「出向く」を徹底しています。 そうやって初めて寺田淳と言う人となりを判ってもらっています。

 たぶん、ネットの使い方がまだまだ私は下手なんでしょうね。 スマートにネット集客出来ている云々の成功事例はよく書籍やネット上で見かけます。 ですから営業の方法も人それぞれ、向き不向きはあるでしょう。

 ですが、どういう形にせよ、自分を社会に知ってもらう努力=行動をしなくては、事務所で電話を待っているだけでは絶対に成り立たない事だけは断言します。 

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
イメージ

 12月3日(日)に前回のセミナーと同じ朝日新聞社本社内の読者ホールで50代からの起業をテーマにしたセミナーで講師として再登壇しました! 今回は二部構成とな...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

(50代の)男はツライヨ!? その時直面する3つの問題とその解決法を共に考えましょう!(1/3)

 新橋駅前で行政書士事務所を開業している寺田淳さんは、自分と同じシニア世代が置かれた立場や環境に対し、自身の経験から導いた指導やアドバイスを通じて3つの課題に関するサポート・サービス業務を専門としています。 特に最近顕著なものに、定年後...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

後見と相続について

  入院中の90才になる父に最近認知症の兆候が出始めたよ...

K・T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
銀行マン 受難の時代を実感しました。 

  【今日のポイント】  正月モードも完全に抜けた先週半ばに、立て続けに現在金融機関に籍を置く方2名から...

[ 新橋事務所日記 ]

無主の土地問題に一石? 相続登記の義務化を検討

 【今日のポイント】  所有者が分からない空き地や無人となった家屋、貴方の周囲にもあるのではないでしょう...

[ 終活~相続に関する問題 ]

消費税軽減税率、その対象の区分がややこしい!?

 【今日のポイント】  あけましておめでとうございます!今年もマイベストプロ東京を宜しくお願い致します...

[ 最近の話題から ]

 私も体験しました 勝ちに不思議の勝ちあり~(起業の成功にも不思議の成功?)

 【今日のポイント】  今年最後の投稿です。そこで起業・独立に関しての「不思議の勝ち」というものを採り...

[ 起業・転職・再就職で必要な事 ]

ドライブスルーで焼香 に思う

 【今日のポイント】   ニュースでも採り上げられていました、お焼香を車から降りないで行うという「ドライブ...

[ 最近の話題から ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ