コラム

 公開日: 2014-09-11  最終更新日: 2015-03-31

信託いろいろ ~活用多彩な信託銀行のサービスとは?

  どうも気象の変化は全国的に拡がってきましたね。
品川も本降りになってきました。

 さて、商売上の区切りでもある半期があと2週間余で終わろうとしていますね。 私も営業マンの時代は9月のこの時期は一層の緊張感を持って得意先を回っていたものです。

 お元気ですか?
「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、
気軽に活用出来る社会の実現を目指す」
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。

 少しフライングですが、上記は下期10月からの私のビジョンです。
「法律と貴方を繋ぐこと」をミッションとして今後も業務に邁進するつもりですので、宜しくお願い致します。

 前振りが長くなりました。 早速本題に入ろうと思います。

 皆さんは、これまで信託銀行とのお付き合いはありましたか? 「信託」というと、「投資信託」を私はイメージします。過ぎ去りしバブルの時代には「貸付信託」で話題の商品などがありました。 いい時代でした・・・(苦笑)

 一般的には信託銀行と言いますと、資産家の預金、有価証券、不動産等を預かり運用・管理する事を主業務としており、あまり一般庶民にはなじみのない金融機関でした。

 ですが、最近は相続や遺言に関するニュービジネスとして、いろいろなサービスを提唱しています。

 今回はその中から、生前に活用出来る 贈与関連のサービスについて紹介したいと思います。

暦年贈与信託


 暦年贈与はかなり認知度が上がっている言葉です。 生前贈与のうち、毎年110万円までは贈与税非課税となる。
要点はこれだけですが、贈与する側、される側に贈与の意思確認が出来ていないと、相続税対象と見做されたり、毎年誕生日に110万円を毎年贈与すると、これまた一括贈与の意思ありと判断されて相続税の対象にされる場合があります。

 これらのような素人がついうっかりしでかす失敗を避けるサービスが、これです。 手続きと簡単な流れを以下に書きます。

1)贈与する側(親)が信託銀行と契約をします。
2)原則年1回、銀行から契約者(親)へ書類が郵送されます。
3)そこに子供への贈与額(一人110万円以下)を記入して返送します。
4)贈与される側(子)への意思確認や実務や取引記録作成も全て銀行が行います。

 補足しますと子供に贈与する額は毎年変額しても構いませんし、兄弟の場合に兄弟格差をつけての贈与でも問題はありません。「今年1年顔を見せなかったから、今回は50万円でお灸をすえてやろう。」という事も可能です(!)

 また注意点もあります。 以下の点にはご注意下さい。

1)このサービスの対象となる贈与対象者は「3親等以内の親族」です。 
  3親等以内の親族とは本人、配偶者の甥や姪、その配偶者までが対象になります。  
  けっこう広範です。

2)未成年の子や孫にも可能ですが、その際には親権者が手続きをします。
  当人が成人後は本人管理に移行します。

3)贈与する人(子や孫)を途中から追加する事も可能です。(但し3親等以内の親族です)

4)現時点で孫に「教育資金贈与信託」を活用していてもこのサービスは併用できます。

5)信託期間、信託金額には制限があります。 
  ~期間は5年から30年、金額は500万円から3,300万円です。

※上記4)の「教育資金贈与信託」については明日紹介します。

 以上は、三菱UFJ信託銀行の新サービス 「おくるしあわせ」 を参考にしています。
正式な取引に関する詳細については、直接銀行にお問い合わせください。 

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
イメージ

週刊現代の2017年10月14・21日合併号で記事が掲載されました。 今や「負動産」ともいわれる使いみちのない土地の相続で頭を悩ます方が少なくありません。この状...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

 相続手続きのイロハ

 全く突然に父が急逝しました。 一人暮らしでしたが、元気...

I・W
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
高齢おひとり様の住宅事情 ~賃貸住宅を借りるには?

 【今日のポイント】  おひとり様にとって「死後に周囲に迷惑をかけないこと」は必ず考えるべき「終活」のひ...

[ おひとり様の終活 ]

いよいよ始まる基礎控除枠縮小後の相続税税務調査

 【今日のポイント】  国税庁が13日に発表した税務調査結果から見る申告漏れと追徴課税の実態とその傾向につ...

[ 終活~相続に関する問題 ]

 成年後見制度~親の後見人になる場合の注意点は?

 【今日のポイント】  認知症を始めとして、病気や事故で判断能力が著しく低下した場合、成年後見制度によっ...

[ 終活~後見制度を知ること ]

いま最も厳しい環境のサラリーマンは 40代半ば!!

 【今日のポイント】  最近の新聞や雑誌などでは50代で次の仕事を考え始めないと間に合わない等の記事が特集...

[ 起業・転職・再就職で必要な事 ]

「負動産」と化す所有者不明の「不動産」問題

 【今日のポイント】  全国にはどのくらいの所有者が分からない土地があるでしょうか?先日発表されたデ...

[ 終活~相続に関する問題 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ